世の中のこと

ワクチン接種後死亡1571人はすべて因果関係なしと発表?証拠は残らない

こんにちは。

今回は、「ワクチン接種後死亡1571人はすべて因果関係なしと発表?証拠は残らない」というテーマについてです。

 

厚生労働省は2022年3月18日、専門部会にて新型コロナワクチンの接種と副反応との関連性を議論した際、予防接種が開始されて以来、380日間に計1571件の死亡が報告されたこと、またそれらすべては「現時点においては、3回目接種後の事例も含め、引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」としました。

つまりは、今までと変わらず因果関係なし又は不明という評価ということになります。

たしかに全部とは言いませんが、しかし接種会場で倒れてそのまま亡くなられた方や、その他短時間で亡くなられた方などもすべて因果関係なしや不明になるのは、さすがにいかがなものかと思いました。

とはいえ、ワクチンが原因とするにしても体内に確信的な証拠は残らないそうなので、因果関係を認めるのは現時点では難しいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

ワクチン接種後死亡1571人はすべて因果関係なしと発表?

厚労省は18日、新型コロナワクチンの接種と副反応との関連性を議論する専門部会を開催した。

同会に提出した資料によると、予防接種開始(2021年2月17日)から2022年2月20日までに新型コロナワクチン接種後の死亡として報告された事例は1513件(ファイザー社製1430件、モデルナ社製82件、アストラゼネカ社製1件)。

その後、3月4日までに58件(ファイザー社製41件、モデルナ社製17件)の報告があった。

つまり、予防接種開始以来、380日間に1571件(ファイザー社製1471件、モデルナ社製99件、アストラゼネカ社製1件)の死亡が報告されたことになる。1日当たりでは4.13人になる計算だ。

引用:ワクチン接種後死亡1571人すべて「因果関係なし」「不明」は変わらず 厚労省が報告(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

この記事もいずれ削除されちゃうのかな汗

上記の記事によれば、死亡が報告された人の症状の概要に記載された死因等は、ファイザー社製では

・虚血性心疾患142件

・心不全129件

・出血性脳卒中108件 など

モデルナ社製では、

・虚血性心疾患12件

・出血性脳卒中10件

・心筋炎関連事象7件 など

アストラゼネカ社製では、

・大動脈弁狭窄症1件

だったそうです。

なんか、心臓や血管系の疾患が多いですね、、。

さらに厚労省は、今回の会合でも死亡例の報告に関しては、

「現時点においては、3回目接種後の事例も含め、引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」

としています。

一体どんな状況になれば、重大な懸念があると言ってくれるのでしょうかね。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

「現時点においては、3回目接種後の事例も含め、引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」安心しました。これで4回目も「希望する人」にはしっかり接種できそうですね。以後、5回目も6回目も、「希望する人」にはどんどん接種して下さい。
ただ、「希望しない人」に税金を使って「打て打て」と喧伝するのは止めてくれませんか、それと職域接種とか同調圧力の温床をわざわざ作るのも。
お願いします。私は打たないので。

 

補償する気がないんですね。非常に失望しました。
「予防接種健康被害者救済制度」は、最悪の場合の頼みの綱だと考えていたのに。
訴訟するにしても、被害者側が莫大な費用と労力を使って因果関係を証明しないといけないし、一方の厚労省は税金を使って無限の裁判費用を使える。
とても勝ち目の薄い争いです。
「危険性はまだ証明されていない」だけで、「安全性が証明された」のではありません。
現状のウイルスの毒性を考えても、ベネフィットがリスクを上回る状況とは思えません。

どう考えても、これ以上接種を推進する必要は無いのに、まさかの4回目接種。
そして被害者救済の道は遮断されたも同然。
一体誰の為に、何を目的に国を運営しているのだろう。
こんな国家は絶対におかしい。

 

この論法が通るのなら、過労死はすべて認められないという企業と同じ発想。

ブラック企業と同レベルの考えの政府ということになる。

証拠がなくても(ワクチンは証拠が残らない)ワクチン以外考えられないと医者が報告している事例をすべて因果関係なしとして心は痛まないのか?

状況証拠をすべて認めない態度をおかしいと報道さえできない。
被害者の対場に立った報道ができない地上波。

ワクチンに関しては政府側に立った報道しかない。

ブラック企業のように規制された社会ということぐらい感じてほしい。

 

治験中のワクチンなんて、怖くて打てない。

ワクチン接種後に亡くなった方1571人、すべてが因果関係なしなんておかしいでしょ。

調べてもわからないだろうし、調べる事をしないだけ。

ワクチンが原因で亡くなったり、持病があってワクチンが最後のひと押しになって、亡くなった方もいるでしょう。

大切な人を守るためにとうまい事を言ったり、景品を付けて接種を促したり、年に何回も打つワクチン自体おかしいし、3回目そして今度は4回目を打たそうと必死になってて不信感しかない。

消費期限を変更したり、最初は交互接種は良くないと言ってたのが良くなったり、8ケ月あける感覚が短くなったり、買ったワクチンを無駄にしないように打たせようとしてるようにしか思えません。

しかも振動に弱く温度管理も難しいはずなのに、ワクチン輸送は4次下請けの会社が請け負ってるみたいで、最初と比べて扱いが雑になってるように感じる。

 

まったく中身のないポーズだけの専門部会だな
何も知らない国民に安心感を与え、被害者をさらに増やすつもりだろう
だが政府はこの先も、評価不能で押し通すだろう

4000万を補償するとぶち上げたにも関わらず、未知のワクチンであるが故に有害事象も未知であるという理論から、ハナから補償する気などさらさらなかったことは想像に難くない

同意書に署名した時点で、誰も助けてはくれないことを強く認識する必要がある
国が奨めてるから、周りが打ってるから、で接種すると取り返しのつかない事態になるかもしれないことを認識する必要がある

一部の専門家は、抗体価の減少を理由に定期接種を提案しているが、生活に支障が出るほどの副反応や不明確な中長期の影響と、コロナ感染による後遺症などそれぞれのリスクを考慮して決断したい

 

スポンサードリンク

2月下旬だったかスウェーデンの試験内実験の論文が出ました。ワクチン推進派は断言していました。「逆転写は絶対にあり得ない」ところが、その逆転写がわずか6時間で起きたそうです。
試験管内で起きたことは人体でも起きる可能性はあるのでしょうか?素人の私には分かりません。
いずれにせよ、接種後の短時間副反応でも後遺症も含めれば想定をはるかに上回る被害が出でいるわけです。中長期で何もないと言い切れるでしょうか?
逆転写が人体でも起こった人は自己免疫力が低下して癌などになりやすくなります。今後、数年〜十数年の間にワクチン薬害犠牲者が急増するかも知れないのです。この心配が見事にはずれることを祈るばかりです。

 

医師が副反応の記載項目に記載してもγ評価なら、評価に必要とする項目を増やせば良い。
患者さんも診ていない分科会や厚労省らが情報不足で評価できないとするだけで報告医師に確認も取らない。
こんな対応で安全性に問題無いとは言えない。

安全性が分からないなら接種には注意のメッセージが必要なのに接種を推奨し推進する国。
副反応や死亡転帰は接種を承諾した自己責任。

そして全て税金。

何もかもおかしいでしょう。

 

ワクチンが出始めの頃、期待半分不安半分でmRNAワクチンというものがどういうものか、素人なりに自分で調べた。

wikiでは「具体的な調合は製造業者によって秘密にされているため、詳細や機序はまだ第三者によって調査されていない」とあり、つまりは効果、効能、安全性などは製造者のいう事を鵜呑みにしているのでは、と感じた。
続いて厚労省のワクチンに関する公表されているレポートを見た。見事に黒塗りばかりの文書。

そして今「情報不足により因果関係不明」の嵐。
「具体的な調合は製造業者によって秘密にされている」なら確かに「これ(ここに入るべき部分が秘密)が原因でこんな症状が出た」とは言えないだろうな、と。
wikiの情報だから更新されてない/誤解がある可能性もあることは理解しているけれど、それを覆す状況は見えてこないし、「秘密」が前提なら最初から「因果関係不明」以外の答えはないことになる気がする。

 

ワクチンは人体に証拠を残さない

以前、名古屋のテレビ局がコロナワクチンの知られざる接種後の死亡について取り上げ、かなり切り込んだ放送をしてくれていました。

その放送のなかに、じつに興味深い内容がありました。

文字起こしをした一部をご紹介します(詳しくは参考記事をご覧ください)。

実際に1093人のうち1人を診た医師、この方監察医でもあるんですが、この方に話を聞きました。

ワクチンというのは、遺体に証拠を残さない。

これ毒物であればですね、証拠が残るので毒物で死んだということが分かるらしいんですが、しかしながらワクチンは、検視のしようがない。それは証拠が残っていないから。

なので、検視しても特定できないと語っておりました。

では厚生労働省はどのように公表しているのでしょうか。

まず、現場に駆け付けた医師、「これはワクチンと死亡関係あり」と報告した例が、ファイザーで59件。モデルナは0です。厚生労働省の最終的な判断は、こう下しています。

『評価不能』

つまり関係性は分からないとのことで、私厚生労働省に聞きました。なぜ評価がくつがえるのか?厚生労働省こう言いました。

『医師のワクチンが原因だという評価は、主観的な場合が多い』

医師(監察医)が言われるには、ワクチンは遺体に証拠を残さないんだとか。

だから、いくら因果関係を訴えて仮に調べてもらえたとしても断定することが出来ず、結局は泣き寝入りするしかないのではないか、、と思いました。

と同時に、じつに巧妙だなと感じました。

スポンサードリンク

おかしなことだらけの現状、いつかは終わるのか

 

 

人口動態統計速報(令和3年(2021)12月分)を公表します

【調査結果ポイント】(令和3年1月~12月速報の累計)
・死亡数は、1,452,289人で戦後最多 (同67,745人増加 4.9%)

どう考えても異常だと思うのですがね。

でも上記の内容も、メディアでは一切報道していないですよね。

だから知らない人も大勢いるのでは?

そもそも、メディアで一切言わないこと自体が謎です。私が知らないだけで、どこかの局は放送したかな?

おかしなことだらけの現状、いつかは終わる時が来るのでしょうか、、

では、今回はこのへんで。

 

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.