芸能 芸能人

三浦春馬氏はなぜ2018年から過密スケジュールに?豊島にヒントか

こんにちは。

今回は、「三浦春馬氏はなぜ2018年から過密スケジュールに?豊島にヒントか」というテーマについてです。

 

三浦春馬さんは幼いころから子役で活躍し、その後も俳優として大ブレイク、華々しい道を歩んでおられました。

しかしいつの頃からか地上波で見かける機会が少なくなり、一瞬干されたのかな?と思いきや、じつはものすごい量の過密スケジュールをこなしていたことが明らかになりました。

尋常ではない仕事量をこなしていたのにも関わらず、なぜ多くの人がそれを知らなかったのか。

それは、宣伝や告知をあまりしてもらえていなかったことにあるようです(ご自分でせっせと告知されておりました)。

また、若いころから大人気だった三浦春馬さんは、常に忙しい俳優生活を送っていたとは思いますが、2018年からさらに仕事量が過密になっており、2019年の際には「休みが1日もない」と漏らしていたほどです。

なぜ三浦春馬さんは、2018年から明らかに仕事量が激増していったのでしょうか。

そこには、「豊島」にヒントがありそうでしたので、今回はそのことについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

三浦春馬さんの尋常ではない仕事量について

まずはじめに、三浦春馬さんが実際にこなしていた2018年からの仕事スケジュールですが、ツイッターに載せてくださっている方がいました。

 

これだけでも尋常ではない仕事量だということが分かりますね。

しかも、その裏では役作りや肉体改造、ダンスレッスン、ボイストレーニング、大量のセリフ覚え、舞台稽古、日本製の取材などなど。

キンキーブーツの千秋楽(打ち上げあり)の次の日には、「Fight for your heart」のPV撮影だったとか。

なぜ休養期間が1日たりともないのか!?打ち上げだって、明日のことを考えず思いっきり楽しみたかっただろうに。

ちなみに、同世代で同じ事務所の佐藤健さんは、「自分は休ませてもらっているほう」と言っておられたそうです。

それでいて佐藤健さんは、毎回盛大に告知や宣伝をしてもらっていますよね。

なぜこんなにも、俳優によって仕事量や対応が違うのでしょうか。

考えれば考えるほど謎が深まります。

⇒三浦春馬さんのCMが少ないのはなぜ?地上波での露出が減ったワケ

 

豊島にヒントが隠されている!?

豊島(てしま)とは、香川県の瀬戸内海に浮かぶ島の1つです。

私は行ったことがないのですが、のどかで良い所のようですね。

もうすでに多くの方が知っているかとは思いますが、その豊島に三浦春馬さんの所属事務所が「保養所」を建設しました。

目的は芸能人の静養や研修等に使うためのもので敷地は2700坪、島の住民の話によれば

「とにかく超高級ホテルのような豪華さで、あれほど大きい建物なのに20名ほどしか泊まれないと言っていた。手前の建物が1階建てで奥が2階建て。両方の建物は長い廊下で繋がっているんです。タレントが練習するホールなどを含め、もう一棟建設するって言っていました。庭ではバーベキューもできるし、海までは歩いて数分。ロケーションもいい。しかも、シェフも常駐しているみたいですからね。本当にすごくてびっくりしました」

 

とのことです。

かなり豪華なんですね。

また、「芸能人も泊まりに来るので、他にはしゃべらないようにお願いされた」とも言われていたようです。

たしかに噂になると大変ですのでわかる気がします。

しかしこの保養所には、黒い噂がありますね。

事務所とは関係のない、あのキアヌ・リーヴスがなぜか招待されて訪れていたり、じつは地下もあって工事に携わった人の話では『地下の部屋は全面鏡張りだった』という情報も見ました。

なぜ鏡張りにする必要があるのでしょうか?これはつまり、「日本版エプスタイン島」なのではないかと言われています。

※エプスタイン島を知らない方は検索なさってみてくださいね。ここに書こうかとも思ったのですが、おぞましすぎるので控えさせていただきます。

 

そして私が注目したのは、建設の着手から完成までの期間です。

‘18年3月から工事がスタート。荒地だったところを伐採して、前から建っていたバンガローなどを解体。建設工事の基礎が10月から始まって、‘19年9月の半ばに出来たばかりです。

 

2018年3月から工事がスタートし、2019年9月半ばに完成とあります。

三浦春馬さんの仕事が明らかに過密になったのが2018年からですので、建設開始時期とほぼ同じですね。

 

三浦春馬さんはなぜ干されずに過密スケジュールになったのか?

三浦春馬さんは、知ってはならないことを知ってしまい、そしてそれを何とかして伝えようとしていたようです。

このことは、インスタやツイッターの画像や文章に様々なメッセージが散りばめています。

⇒赤いギター333(ゆらゆら帝国)の歌詞は?三浦春馬さんとの関係

⇒里芋と竹の子の煮物+赤いギターに込めた三浦春馬さんのメッセージは

 

ここで見て見ぬふりをしておけば良かったのかもしれませんが、正義感が強い三浦春馬さんはそれができなかった。

影響力が大きい三浦春馬さんがこれ以上動くことを恐れた組織は、「過密スケジュール」という方法で三浦春馬さんを拘束し、余計なことをしたり考える暇を与えないようしたのではないか?

これが私の考察です。

もしも仕事を干してしまったら、暇な時間ができてしまいますから余計に厄介なことになる、ならば逆に休みを与えないようにし、でも宣伝や告知はしないことで世間からの認知度や人気を徐々に下げて忘れさせよう、、、

そのように感じたのですが、皆さんはいかがですか?

また、三浦春馬さんが事務所有の監視カメラ付きマンションに引っ越しをしたのも2018年頃だと言われています。

まるで、四六時中行動を見張っているかのようですね。

ホッとできる時間はあったのかな。

 

2020年1月のツイートの意味

三浦春馬さんは2020年1月29日に、ツイッターにて

 

とツイートしています。

一瞬よく分からない。

「国力」「国民全員」などというワードを使っているので、はじめは反〇に侵食されている現状について訴えたのかなと思ったのですが。

たしかにその意味もあるかもしれませんが、保養所が完成してから数か月後のツイートであること。

また文章の最後にアイスマークを付けている(隠語で氷やアイスは暴〇団や不良外国人などの密売による「薬〇」の隠語に用いられる。また、iceには「不謹慎」「警察への口止め料」「koroす」「siなせる」「黙る」などの意味もある)。

いつもなら、文章の最後は馬の絵文字が多いのに。

これらのことから、もしかしたら豊島保養所のことに対してのツイートだったのではないかと思いました。

エプスタイン島では、自分はもちろん子供にもドラッグを飲ませて行為に及ぶようですから。

真実は闇の中です。

そうか~くらいに受け止めてくださればけっこうです。

しかし、いつもの文面や絵文字ではないので、三浦春馬さんが何かを訴えたかったことだけは確かですね。

スポンサードリンク

おわりに

瀬戸内海の離れ小島「豊島」の保養所、芸能人の方々がゆっくり休養できるのなら、自然豊かで絶好の環境かもしれませんね。

しかし、かなり交通の便が悪いとのこと。

離れ小島なので、船しか交通手段がないようです。

東京からも離れているし、日帰りでは無理そうですね。

いつからオープンなんですかね。もうオープンしてる?

その情報も引き続き見ていきたいと思います。

⇒豊島は興味深いスポットがたくさん!?楽しそうだから調べてみた

⇒天外者ドキュメントで思う。三浦春馬氏はいつから病的に痩せたのか?

スポンサードリンク

-芸能, 芸能人

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.