世の中のこと

厚労省コロナワクチンによる不正出血をコソッと修正?なぜテレビで言わない?

こんにちは。

今回は、「厚労省コロナワクチンによる不正出血をコソッと修正?なぜテレビで言わない?」というテーマについてです。

 

厚生労働省のサイトには、コロナワクチンについて注意が必要な誤情報をまとめた「Q&Aリスト」があり、国民からの質問に対して回答が載せられているのですが、一部がコッソリと修正されていることがわ分かり波紋を呼んでいます。

ニュース記事によりますと、書き換えられていたのはコロナワクチンによる「不正出血」に対する回答であり、2023年3月10日の時点では「ワクチンが直接的に不正性器出血(不正出血)や月経不順を起こすことはありません」と回答していました。

しかし9カ月後の2023年12月8日では、「ワクチンの接種後に一時的に月経不順等への僅かな影響があるとの報告もありますが、速やかに元に戻ることが知られています」と、僅かでも影響があると書き換えられていました。

ワクチン接種が始まって少し経ってから、不正出血や月経異常が起こったという声は多数見聞きしましたし、実際に海外の記事も読んだことがあったのですが、当初は「まったく関係ない」くらいの勢いでゴリ推ししていましたよね。

ですので、このニュース記事を見て「今更?」という気持ちの方が強かったです。

スポンサーリンク

厚労省コロナワクチンによる不正出血をコソッと修正?

厚生労働省が発表している、コロナワクチンについて注意が必要な誤情報をまとめたQ&Aリストの一部が、知らぬ間に変更されていることが、波紋を呼んでいる。

2023年3月10日に発表した、Q&Aリストに表記されている「ワクチン接種により不正性器出血(不正出血)や月経不順が起こる」という世間の情報に対し、厚生労働省は「ワクチンが直接的に不正性器出血(不正出血)や月経不順を起こすことはありません」と回答している。

しかし、その9カ月後の12月8日に公表されたQ&Aリストでは、同項目の回答が変更されているのだ。それによると、《ワクチンの接種後に一時的に月経不順等への僅かな影響があるとの報告もありますが、速やかに元に戻ることが知られています》と、一転してわずかな影響があることを認めた。

配信

引用:厚労省、コロナワクチン誤情報まとめを変更「こっそり書き換え」発信力不足に集まる批判(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

これに対し厚生労働省は、

 「12月に掲載した情報については、国内外の知見を踏まえて公表しました。正確な情報をお伝えしていくなかで、変更した件については、わずかに影響があるという報告はあるものの、月経への影響は最小限で、命に関わるなどの大きな問題等はないと報告を受けています。

影響については、ワクチンの副反応によるものも考えられるので、コロナワクチンが直接的につながるものではないこともあります。必要な情報については、注意喚起のために会見をおこなったり、厚生労働省のホームページにも掲載するなど今後も発信はしていきます

と回答しています。

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

元に戻るとは何を根拠にしているのでしょうか

コロナワクチンはその辺のワクチンとは違い「遺伝子」にアプローチした薬剤です

ワクチンとして一般利用されるのは「人類史上初めて」ですので元に戻るという根拠は「ない」です

数年先の事は試験したことが無いのですからどうなるのかなんて誰にもわからないのですよ

そもそも卵巣に影響が行っている時点で当初の「筋注で筋肉に留まって二週間で分解」という話と全く違っているわけです

私達は当初からほとんどが血流に乗って全身の臓器血管に影響を与える可能性を指摘していました

ですが国ぐるみで「デマ扱い」をしたのです

まずは騙し打ちした国民にしっかり謝罪をし接種開始当初と現在とで何が変更になっているのか全ての項目について明確に説明をしなさい

厚労省サイトには 「利用者に通知せず内容を変更や廃止して生じた損害について一切責任を負わない」要約

と書かれています

ご注意下さい

 

コロナワクチンと月経との関連は、日本でワクチン接種が始まった時には既に海外で研究が始まっていたはずなのに、デマとして扱われていた事にはずっと不信感を持っていました。

月経の異常が不妊につながるかどうかの証拠がないという事と、コロナワクチンで月経に変調が起きる事とは別なのに、一緒にデマ扱いしてしまっていた事には、問題があります。

感染症に関する国の情報を、今後は疑う人がさらに増えるでしょう。

本当に必要な時に、ワクチンなどの感染対策が遅れることになるかもしれません。

国が情報を隠蔽する事は、大罪です。

 

ワクチン接種後死亡で現在420名が救済認定されております。

これは紛れもない事実なのに、一切テレビでは取り上げられません。

申請後に審査待ちの方や、申請準備中の方は数しれず。

ケーキが崩れたていたなんていうことど、どっちが大事なことだと思いますか?

 

当時は打つ打たないではなく、様子見って判断でもいいと思ってたけど、メディアの情報が余りにも偏ってるので接種は見送りました。

厚労省が出している人口動態統計の超過死亡を見れば、ここ数年で戦争並みに亡くなっている人がいると分かります。

死産数が増えていることも気になりますが、

子宮にも影響があるのなら妊娠中の赤ちゃんや、母乳などへの影響もあるのではないでしょうか?

 

ワクチン接種する直前では厚労省が「ありません」と断言していた事が、実は『あった』。しかもそれをコッソリと修正。このようなことが次々と明らかになることが懸念されます

 

2億回接種して亡くなった方は1人もいないから安全だと断言した大臣、接種を推進し続けた厚労省、医師会、専門家、国の言いなりになる自治体。マスコミの目的も決して国民への情報提供ではなく、国民は情報統制された中で生きています。国は本当に信用できるのか?よくよく考えて、何事も自分から調べて判断しなければ命や健康は守れません。

 

職場の同僚30代が接種後、体調不良の中、ものすごい経血量の生理きたという話をしてて、こわくなった。

当時の厚労省のことは信用していませんでした。現場にいる人たちを実際に見て、接種しない選択をしてよかったと思う。

 

一体だれの指示で厚労省は動いてるんだろう。人の命を守るために役所や救急医療の方や施設の方は日々一生懸命頑張ってくれているのに厚労省にはその片鱗も見えない。

メディアも報じない。これも何か大きな力によりコントロールされているんだろう。

テレビからどんどん政治的なニュースが減っていると感じる。こわい。

 

卵巣にLNPが集積する論文は出てましたよね。不正出血や月経異常が起こり得ることは以前から分かっていたはずです。

「その時はそうだったんです」

「新しいワクチン・薬なので、新しい情報は出てきますから、その都度情報をアップデートしてください」

というのは信用できません。

だって、今言っていることも数ヶ月後には変わるかも知れませんよ?

なぜ修正したことをテレビで言わない?

厚生労働省のサイトやQ&Aリンクをチェックしている人って、はたしてどれくらいいるのでしょうか。

きっと、ほとんどいないのでは?

それなのに、コソッと修正するだけして大々的にお知らせしないのは何故なのか?!

やはり、地上波のテレビで発表するのが一番宣伝力があると思うので、こういう重大な修正はテレビを使って大きく放送して頂きたいと思いました。

女性にとって不正出血や月経異常って、たとえ命の危険がないとしても物凄く怖いし不安な症状ですよ。

それにしても、コロナワクチンが始まってしばらくしてから、不正出血や月経異常が起こったという声は多くあったのに、なぜ最近になってやっと修正されたのか。

やっと治験データが集まったということなんですかね。

でも仮にそうだとしたら、Q&Aにも「今は治験中なのでデータを集めている最中です」「情報収集中なので影響があるかは分かりません」などとお知らせしておくべきだったのでは!?

不正出血や月経異常を起こした人たちが、今は良くなっているといいのですが。

婦人科系に限らず、他の部分も分かったものではないと改めて感じましたよ。

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.