世の中のこと

ワクチン接種後から咳が出るのはなぜ?アナフィラキシー症状の一種か

こんにちは。

今回は、「ワクチン接種後から咳が出るのはなぜ?アナフィラキシー症状の一種か」というテーマについてです。

 

コロナワクチンの接種が開始になってから、様々な副反応の症状を見聞きするようになりました。

従来のワクチンによくある穿刺部位の痛みや腫脹、発赤や倦怠感、発熱などに加え、眩暈や浮遊感、酷い頭痛や脱毛、生理不順、胸部不快や歩行困難、息切れや血圧上昇などなど、今まで聞いたことがないような症状も見られるようですね。

さてそんななか、ワクチン接種後に「咳が治まらない」「咳がすっと出ている」という声をけっこう目にするようになりました。

ちなみに厚労省のホームページには、咳はワクチン副反応の症状として挙げられてはいませんでした。

でもけっこう多くの声がありましたのでご紹介しますね。

スポンサーリンク

ワクチン接種後から咳が出るという実際の声

でははじめに、一部ではありますが「ワクチン接種後から咳が出る」という実際の声をご紹介します。

コロナ、大変でしたね 私の母はコロナワクチン接種後、副反応で咳が長く続き咳喘息と診断されました。咳は咳止めで止めるのはあまり良くないので(ウイルス排出してるため)ステロイドの吸引薬など医師の判断の元、「治療」をお勧めします。咳はお辛いですよね。早く良くなりますように

 

先週土曜日のワクチン接種後、日曜日の夕方から咳や痰が出始めた

今日も咳や痰が酷くて、思わず、何かあれば連絡を…の所に問い合わせたら、案の定、副作用の一種だと…

市のホームページには、発熱等は、あるけど、咳や痰が出る事書いてない…

何の為のホームページなんだ‼︎

 

母が3回目ワクチン接種後咳が酷くなって、その後食事が喉通らなくなって病院へ行ったら、ありえないほど大きい腫瘍が食道を押さえ込んでた。

医者もこれは初めてのケースと驚いたが、ワクチンは関係ないと一点張りでした。

何が起こるか分からないから私は絶対に打ちません。

 

コロナワクチン3回目を昨日打ちました。副反応は、倦怠感、筋肉痛、あとは咳。でも『コロナワクチン副反応 咳』で調べても咳は副反応ではないらしい。心筋炎?

喉は痛くなくて、肺なのか心臓なのか胸のほうから何か込み上げてきて咳が出る感じ。2回目のワクチン後にも同じように咳がよくでたんだよなー

 

コロナワクチン副反応?2日目突破

咳止まらず熱も微熱

とりあえず病院やね

 

熱下がった

と言っても、平熱の35度台には戻らず、36度台後半

変な咳出るし、やたらとお腹が痛い

吐き気もある 朝は寒気がひどくて、毛布にくるまってた

ロキソは飲みたくなかったので、温かい汁物を飲んで発汗 すこしマシになったよ

#コロナワクチン副反応

 

コロワクの副反応で注射した腕が痛いのはいつもの事だけど、今は身体の節々の痛みとめちゃくちゃ喉が渇くのと微熱(37.5℃)と咳がでてます

 

コロナワクチン、2回目接種後の副反応ヤバすぎる。

熱、倦怠感、頭痛、吐き気、全身の痛み、喉痛、咳。

若いのに重い方だと思う。

 

4月3日に3回目のワクチン接種したんだけど副反応なのかワクチン接種後から今も尚ずっと咳が続いてる 咳止めのんでも全然治まらず やだなぁ

 

コロナワクチン副反応で苦しんでても病院行っても原因が分からないが心臓や肺機能が謎の低下はしてるという。毎日咳がしんどくてもう咳嫌だ(´;ω;`)

薬も効かなくなってきてるし

 

コロナワクチン3回目うって死にそう

発熱関節痛、倦怠感、頭痛、謎の咳

もう絶対やらない

 

熱は…無い。

頭痛は…ある。しかも咳する時が1番頭にひびく。

腕はあんまし痛くないけど、グッパするとちょっと痺れる。

ちゃんと寝たのに寝た気がしないんだよね…

咳も前より酷くなってる。

いつになったら治んの? 

#コロナワクチン副反応

#3回目

スポンサーリンク

ワクチン接種後から咳が出るのはなぜ?アナフィラキシー症状の一種か

ワクチン接種後から咳が出るとは、一体どういうことなんでしょう。

厚生労働省のホームページには、ワクチンの副反応に「咳」はありませんでした。

新型コロナワクチン接種後、体内で新型コロナウイルスに対する免疫ができる過程で、様々な症状(注射した部分の痛み、発熱、倦怠感、頭痛、筋肉や関節の痛み、寒気、下痢等)が現れることがあります。こうした症状の大部分は、接種の翌日をピークに発現することが多いですが、数日以内に回復していきます。

引用:新型コロナワクチンの副反応について|厚生労働省 

しかし、例えば下記の事例はワクチン接種後から咳が出始め、呼吸の苦しさや喉の閉塞感も出現し「アナフィラキシー」と診断されたそうです。

(前略)自身が勤務する病院内の会場において、新型コロナワクチンを接種したところ直後から咳が出始めた。そのまま30分間の経過観察の後、接種会場から出て仕事に戻ったが、呼吸の苦しさやのどの閉そく感が現れるとともに、咳もひどくなったため、接種会場に戻り病状を訴えたところ、対応にあたった医師によりアナフィラキシーと判断され、経過観察目的のため入院した。翌日(3月24日)、呼吸困難等の症状もなく経過良好と判断され退院した。

引用:新型コロナウイルスワクチン接種後のアナフィラキシーの発生について(3例目) - 【公式】みえ新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト

ということは、アナフィラキシー症状の一つに「咳」があるということなのか。

調べたところ、やはりありました。

アナフィラキシーショックを起こすと、全身各所にさまざまな症状が現れます。全身にじんましんが生じたり、咳や喘鳴ぜんめいが生じたりします。喉頭粘膜が腫れ空気の通りが悪くなることから、呼吸困難による窒息が生じることもあります。消化器症状として、吐き気や嘔吐、下痢、腹痛が生じることもあります。

さらに、全身の血圧や意識状態も低下し、短時間のうちに死に至ることもあります。

引用:アナフィラキシーショックについて | メディカルノート

つまり、ツイートで「咳が治りません」という人たちは、皆アナフィラキシーの症状が出ているということなんですかね。

私が知っているアナフィラキシーの症状は、何日もずっと長引くことはないと思っていたのですが。

しかしどちらにせよ、いくら『体内でコロナウイルスに対する免疫ができる過程で様々な症状が起こる』と言われても、こうも長引いていたらさすがに心配ですし苦痛ですよね。

咳が今も治らない方は、一日も早く治って楽になりますように。

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.