世の中のこと

ワクチン接種後にリンパが腫れたのは自然に治る?対処法は

こんにちは。

今回は、「ワクチン接種後にリンパが腫れたのは自然に治る?対処法は」というテーマについてです。

 

コロナワクチンを接種したあとに、ツイッターなどで「抜け毛が酷くなった」とか「帯状疱疹ができた」などという声を聞くのですが、「脇のリンパが腫れた」というツイートも日を追うごとに目にする機会が多くなったように感じます。

なぜワクチンを接種してリンパが腫れるのでしょうか?

たくさんの種類のワクチンがありますが、「リンパが腫れる」というのは聞いたことがないように思います。

そんななか、気になる記事を見つけましたのでご紹介するとともに、ワクチン接種でリンパが腫れたときの対処法も調べてみました。

スポンサードリンク

ワクチン接種後にリンパが腫れる?

私が気になったのは以下のものになります。

 

新型コロナウイルスワクチンを接種した女性の4割に、わきの下のリンパ節が腫れる副反応が2か月続いていたとする調査結果を、聖路加国際病院の研究チームがまとめた。わきの下のリンパ節の腫れは乳がん転移の際にもみられるため、チームは接種後に検診を受ける人に注意を呼びかけている。

【独自】ワクチン接種女性、4割に「わきの下の腫れ」…乳がん検診にも影響 | ヨミドクター(読売新聞)

 

ワクチン接種をした女性の「4割」って、けっこう多くないですかΣ(゚Д゚)

そんなにたくさんの人に腫脹が見られていたのですね。

もちろん、男性でリンパが腫れた!という人もいるようです。

それに、その症状が長い人で2か月も続いていたとか。相当長いですよね。

痛みもあるでしょうし、2か月も長引くなんてかなり辛いと思います。

実際、脇の下のリンパが腫れたという声はSNS上でかなり多く見られました。

おはようござます
昨日に比べて体調は良くなりましたが、なぜか脇の下のリンパがパンパンに腫れて痛い...
ワクチン怖し

 

コロナワクチン打ったら打った方のリンパが腫れまくってて腕に力入れると痛いんだけど副反応らしい。えぐいよ泣いちゃう。。。

 

コロナワクチン副反応から1カ月経ちました。脇のリンパが腫れています。
内科もお手上げ。血液検査も異常なし。ロキソニンでなんとかしのいでと。そうこうしてるうちに2回目接種始まります。厚生労働省に相談してなんとかなるのかな...不安でしかない。

 

7日に2回目のワクチン終わったけど。
ファイザー死んだ。
38.5の発熱 悪寒 吐き気 めまい 脇のリンパ腫れた
まじで2日休んだ。
3回目が怖くて仕方ない

 

ワクチン打ってから、もうすぐ1週間やのに、胸痛いし、脇のリンパ腫れたままやし、迂闊に運動出来やん状況

 

ワクチン接種した側の脇の下のリンパ腫れた人いますか~!?
脇パンパンなんやけど

皆さん、辛そうです。

ビックリしたのが、これだけ辛い思いをしているのに「3回目が怖い」とか「2回目接種が始まります」と言っている方々がいたことです。

「2回目は中止する」「もう打たない」という選択肢はないのかな?!と単純に思いましたよ。

私がもしも同じ状況になったとしたら、とても怖くて再度ワクチンを打つなんてできないからです。

 

ワクチン接種でリンパが腫れたときの対処法は?

ワクチン接種でリンパが腫れたときの対処法をしらべたところ、まず厚生労働省のホームページには以下のように記載されていました。

Q.ワクチン接種後に脇のリンパ節が腫れました。注意すべきことはありますか。

A.ワクチン接種後に、接種した側の脇や首などのリンパ節が腫れることがありますが、時間の経過とともに自然に治ります。乳がん検診は、ワクチン接種前に受けるか、ワクチン接種後に受ける場合は、リンパ節が腫れている原因について誤った判定がなされないよう、検診医にワクチン接種を受けたことを伝えると良いでしょう。

 

また、ほかにも調べたところ

新型コロナウイルスのファイザー社、モデルナ社のmRNAワクチン接種で、接種部位の近く、脇の下や、首のリンパ節が腫れることが知られています。

――よくなりますか?

このリンパ節の腫れは時間の経過とともに、自然にひいていきます。しかし、ワクチン接種後、数週間続くこともあります。少し長くなることもあると前もって知っておくと安心でしょう。

――痛い時は我慢した方がよいですか?

痛みや腫れが強い場合は、痛み止めのアセトアミノフェン等を使ってもかまいません。強い痛みが続く場合などは医療機関の受診も検討してください。

ーー2回目の接種に影響は?

2回目の接種に影響はありません。腫れが残っているようならば反対側に接種してもよいですが、こうした対応につき特に統一見解のようなものはありません。

引用:新型コロナワクチン接種後の脇の下や首のリンパ節の腫れ 医師「自然にひいていきます」(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース

新型コロナの診療に従事しているという、千葉大学病院次世代医療構想センター岡田玲緒奈特任助教によれば、ワクチン接種後にリンパが腫れても自然に治る、酷い場合は医療機関に受診をと言われていました。

また、痛みが強い時にはアセトアミノフェン系の鎮痛剤を使用しても良いとも。

さらには、2回目の接種には影響がないとのことでした。

う~ん、まあたしかにいつかは引くのでしょうけどね。

でも「2回目接種には影響がない」とありましたが、リンパの腫れってそんなに軽視していいことなのかな。

脇が腫れて2回目が心配なら、反対の腕に打てばいい??
その治験はどこでやってるんですかね?安全性は?
こんな無責任な事を言う医師がいる事に驚愕する。

 

たしかに、安全性は確固たるものなのか、果たして反対側の腕に打つことで解決できる問題なのか??

普通だったら、ワクチン接種後にリンパが腫れるなんて異常な副反応ですから(しかも長期間続く人もいる)、2回目の接種は大事を取って中止したほうが、、、という意見になると思うのですが。

安全が立証されているならともかく、人類史上成功例のないmRNAワクチンの副反応のことを、誰が完璧に分かるというのでしょう(まだ治験途中だし)。

とても優秀なお医者様でも難しいのでは?

何はともあれ、痛みが酷い時には鎮痛剤を使ってしのぎ、自然に治るのを待つ、または悪化したり気になるようなら医療機関に受診するようにとのことでした(当たり前のことばかりですね^^;)。

スポンサードリンク

次から次へと新しい副反応が出てくる

私達が知っているワクチン接種後の一般的な副反応といえば、主に発熱や蕁麻疹、穿刺部位の痛み・腫脹・熱感、酷い場合はアナフィラキシーショックなどだと思いますが、コロナワクチンの接種が始まってからは、今まで聞いたことがないような副反応を聞きます。

例えば、

・不正出血

・生理周期の乱れ

・帯状疱疹

・脱毛

・リンパの腫れ

・胸痛

・動悸

・頻脈

・動作時の息切れ

・手足の痺れ

・長引く頭痛

・めまい

・耳鳴り

・血小板の減少

 

などが聞かれ、なかにはそれらの症状が何週間~何カ月も治らない人もいるようです。

比較しやすいもので言えば、インフルエンザワクチンの接種で、上記のような副反応が出た人が多数いるというのは聞いたことがありません。

千葉大学病院次世代医療構想センター岡田玲緒奈特任助教は、記事内で

ワクチン接種後、数週間続くこともあります。少し長くなることもあると前もって知っておくと安心でしょう。

と言われていましたが、ワクチンを接種する前にこのことを知っている人は誰もいなかったと思いますよ。

だって、テレビではメリットしか言いませんでしたし、どの専門家も医師も「ワクチン接種後にリンパ腫脹が数週間続くこともあります」なんて言ってなかったじゃないですか。

あとになってこんなこと言うのもどうかと思いました。

『未知のワクチンだから副反応だって分からないこともある』

もしもそう言うのなら、無責任に「打て打てどんどん」言わないでいただきたい。

副反応の痛みや不快感に耐えている方は、さぞかしお辛い状況だろうなと感じています。

早く良くなりますように。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.