心理

腕を組む人の心理は?男性女性の違いや左右の違いについても

こんにちは!

今回は、「腕を組む人の心理は?男性女性の違いや左右の違いについても」というテーマについてです。

 

人と会話しているときや人の話を聞いているときに、よく腕を組んでいる人を見かけることがあります。

男性が多いように感じますが、女性でもなかにはいるようですね。

腕を組んでいるときというのは、人はどのような心理状態になっているのでしょうか?

それが分かれば、コミュニケーションの取り方にも参考に出来そうですよね。

そこで今回は、腕を組む人の心理や男女の違い、左右どちらの腕が上になるかの違いなどについてご紹介したいと思います。

腕を組む人の心理は?

腕を組んでいる人というのは、どのような心理を表しているのでしょうか?

それは、主に以下のことになります。

警戒心を表している

初対面の相手や、まだ心を開ききっていない相手に対しては警戒心が働きますので、そのようなときには保身のために無意識に腕を組むことがあります。

相手に対して心を開いたり、信頼することができると分かったときには腕組みをしなくなるでしょう。

これは、ガードが固く慎重なタイプや、不安を感じやすい人に多いとされています。

相手の意見に賛成できない

相手の意見に賛成できないときや拒絶しているときには、話をこれ以上聞きたくないという意味で腕を組むことがあります。

腕を組む行為は、拒絶反応を表しているときもあるのです。

考え事をしている

頭の中で考え事をしているときにも、無意識に腕を組むことがあります。

腕を組むと体が安定し、自分の世界にも入りやすくなって集中することができますから、もしも誰かから相談されたときに腕組みをしている場合は、相手の相談内容を真剣に考えているという表れです。

隠し事をしている

相手に対して隠し事があるときにも、腕を組むことがあります。

隠し事が相手にバレないよう、必死に冷静を装っていることが考えられます。

バレたくない気持ちが強いときほど、かたくなに腕組みをするでしょう。

怒っている、機嫌が悪い

怒っているときや機嫌が悪くイライラしているときにも、腕を組むことがあります。

とくに、ギュッと力を入れて腕組みをしていたり、手をこぶしにしている場合には、相手に敵意を持っている可能性も考えられます。

怒っていることや機嫌が悪いことを相手に分からせるために、わざと腕を組んでアピールしている場合もあれば、怒りのコントロールができずに、それを何とか抑え込もうとして無意識に腕を組んでいる人もいます。

⇒まばたきが多い人の心理は?男性と女性の違いや緩和方法についても

 

腕を組む心理は男性女性で違いはあるのか?

腕を組む場合行為は、男性と女性で何か違いはあるのでしょうか?

これは、上記で述べた心理のほかにも、男女では多少の違いがあるといわれています。

男性が腕を組むときは?

男性が腕を組むときは、

・自分をカッコよく見せたい

・男らしく大きく見せたい

などと思うときに腕を組むことがあります。

しかし、普段から腕組みばかりしていますと、威圧感を与えてしまったり怖い人だと思われてしまいますので、逆効果にならないよう注意しましょう。

女性が腕を組むときは?

女性が腕を組むときは、

・腕の太さを隠して華奢に見せるため

・胸を強調させたい

・指先のネイルをアピールしたい

・仕事ができるカッコいい女性に見られたい

などと思うときに腕を組むことがあります。

しかし女性の場合も、いつも腕を組んでいますと、近寄りがたい雰囲気を作ってしまったり、自信過剰に見えたりしてしまいますので注意した方が良いでしょう。

 

腕を組む位置や姿勢で心理の違いはある?

一言に「腕組み」と言っても、腕を組む位置や姿勢もチェックした方が良いでしょう。

高い位置で腕を組むときは?

高い位置で腕を組んでいるときは、

・相手より優位に立ちたい

・相手を威圧したい

・怒っている

・相手の意見を尊重していない

・自分が優れている人間だということを分からせたい

このような心理状態にあるといえます。

低い位置で腕を組むときは?

低い位置で腕を組んでいるときは、

・集中している

・一生懸命考えている

・自分の世界に入っている

このような心理状態にあるといえます。

前かがみで腕を組むときは?

前かがみのような猫背の状態で腕を組んでいるときには、

・動揺、焦っている

・悩みがある

・精神状態が不安定になっている

・防衛本能が働いている

このような心理状態にあるといえます。

これは、悩みを一人で抱え込む人に多いといわれています。

⇒目がキョロキョロ泳ぐ時の心理は?改善方法やその他の原因についても

 

左右どちらの腕を上にして腕組みをするか?

腕組みをするとき、あなたはどちらの腕を上にして組みますか?

ちなみに私は右です。

右腕を上にして腕を組む

腕を組んだときに右腕が上になる場合は、左脳で情報のアウトプットを行っている人が多い傾向にあります。

左脳タイプの人は、順序を立てながら物事を分析・計算し、論理的に考えて進めていくことに優れています。

また、表現方法も左脳タイプはズバッと核心的な表現をするでしょう。

左腕を上にして腕を組む

腕を組んだときに左腕が上になる場合は、右脳で情報のアウトプットを行っている人が多い傾向にあります。

右脳タイプの人は、感覚やイメージを捉えることが得意ですので、想像力を働かせてアイデアを考えたりすることに長けています。

そのため、右脳タイプの人は抽象的な表現をすることが多いでしょう。

 

スポンサードリンク

 

おわりに

腕を組む行為は、相手に対して警戒心があったり、何かしら隔たりがある状態であることが分かりました。

自分の目の前で腕を組まれたら、正直良い気持ちにはなりませんが^^;

しかし、こういった心理を読み取ることができると、相手を理解することにもつながりますから、結果より良い人間関係を築けるかもしれませんね。

では、今回はこのへんで。

⇒首をさわる癖が持つ意味や心理は?仕事中に起こる原因についても

⇒下唇を噛む深層心理は?物理的要因や改善方法についても

スポンサードリンク

-心理

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.