七夕

七夕伝説にカササギはなぜ登場?白鳥座との関係や特徴についても!

こんにちは!

今回は、「七夕伝説にカササギはなぜ登場?白鳥座との関係や特徴についても!」というテーマです。

 

突然ですが、カササギという鳥をご存知ですか?

私はこの年まで生きてきて、全然知りませんでした^^;

なんでも、中国から伝わった七夕伝説に登場する鳥で、中国では鳴き声が縁起が良いとされているんだそうですよ。

日本では珍しい鳥で、一部にしか生息していないんですって。

しかし、七夕伝説にカササギが出てくるなんて、小さい頃に聞かされた話の中にはなかったような・・・

知らないって、怖いですね^^;

そもそも、カササギは七夕になぜ登場するのでしょうか!?

はたまた、白鳥座との関係は!?

そこで今回は、七夕伝説のカササギについて、詳しくお伝えしますね。

 

スポンサードリンク

【七夕伝説にカササギはなぜ登場するのか?言い伝えについて】

日本では年に一度、7月7日の七夕の夜に織姫と彦星が会えるといわれていますよね。

これはほとんどの方が知っている有名な話だと思います。

そのお話の中に、カササギが登場することはご存知でしたか?

なんでも、この七夕伝説は中国から伝わったとされています。

七夕の夜、雨が降って悲しんでいる織姫のもとに、どこからともなくカササギの群れが現れ、羽根を広げて橋を作り2人を会わせてあげたというものです。

しかしこれには諸説あり、晴れの日にしかカササギは橋を作れないなど、ほかにも色々な言い伝えがあります。

この伝説が、のちに日本に伝わりカササギの存在が知られるようになったんですよ。

また、カササギは一生同じ相手の「つがい」と過ごすという特徴もありますから、そういった意味でも七夕伝説の架け橋を担った鳥としてピッタリなのかもしれませんね。

さらに、日本ではイザナギ・イザナミ伝説の原型とも考えられており、織姫が「イザナミ」、彦星が「イザナギ」、そして天の川が三途の川(あの世とこの世の境にある川)だともいわれています。

七夕の日は、あの世とこの世が1日だけつながる日だったのではないかと。

ちなみにアジアでは、鳥は「生と死をつなぐ存在」だともいわれているんですよ。

七夕の日は、カササギが彦星の魂を乗せて川を渡った・・・そう考えても不思議ではないですね。

 

カササギと白鳥座の関係について

カササギと白鳥座の関係についてですが、「白鳥座」はギリシャ神話にまつわるもの、そしてカササギの七夕伝説は中国から伝わったものですので、一見ややこしいですが、白鳥は七夕とはなんの関係もありません。

おそらく、どちらも「鳥」という共通点があることから、いつしかカササギと白鳥がごちゃ混ぜ=同じ!?みたいな感覚になってしまったんだと思われます。

 

【カササギとはどんな鳥?】

そもそもカササギとは、どんな特徴を持った鳥なんでしょうか?

カササギは、漢字では「鵲」と書きます。

では、項目ごとに特徴を見てみましょう。

カササギの外見

カササギは、体長約45cm、体重180gほどの大きさの「カラス科」の鳥で、お腹のあたりと羽根の一部が白く、そのほかは黒いのが特徴です。

また、長い尾っぽも特徴です。

 

 

カササギの生息地域

カササギはあまり長距離を飛ぶことはなく、決まった場所で年中暮らすという特徴があります。

そのため、生息している地域は日本でも限られており、現在は主に佐賀県福岡県の有明海を囲む平野部を中心に生息しており、合計9県で生息が確認されているそうです。

もともとは、カササギは日本に存在しておらず、外国から持ち込まれた可能性が高いようですよ。

長距離飛行はしませんからね、自分たちで海を渡って日本に来たとは考えにくいですもんね。

カササギの主な食べ物

カササギは雑食性で、果実や昆虫、穀物や魚類など色々なものを食べます。

カササギは頭が良い

カササギは、サギの仲間ではなくカラスの仲間になります。

カラスの仲間というだけあって非常に頭の良い鳥で、例えば鏡に映った姿を自分だと認識できるほどだと言われています。

さすがのカラスでさえも認識はできないみたいですから、カササギがどれほど頭が良いかが分かりますね。

カササギの鳴き声

カササギの鳴き声は「カチカチ」ということから、『勝烏(かちがらす)』『烏鵲(うじゃく)』『喜鵲(きじゃく)』とも呼ばれています。

カラスみたいな「かあ~、かあ~」ではないんですね^^

また、中国では『鵲喜(じゃっき)』(良いことが起こる前兆)という言葉があり、カササギの鳴き声は良いことの前兆だとされているそうですよ。

朝鮮半島でも『瑞兆(ずいちょう)』(良いことが起こる前兆)といわれており、王宮跡に生息することから国鳥に近い地位を与えられているそうです。

なんだかとっても縁起の良い、格式高い鳥なんですね!

こちらの動画は、カササギの鳴き声も入ってますし、頭が良いところも分かりますので、良かったらご覧ください。

 

スポンサードリンク

 

【おわりに】

カササギはなかなか見られない鳥ということもあって、余計に神秘的で謎に包まれており、伝説に登場する鳥としてピッタリなのかもしれませんね。

スズメやカラスだったら、伝説の神秘性も半減しそうです。

あ、そんなことを言ってはいけませんね。ごめんなさい^^;

愛鳥家の私としてはどんな鳥でも嬉しいですけど、やはりカササギは縁起が良くて高貴な鳥のようですから、七夕伝説に登場しても違和感ないですね。

死ぬまでに一度はお目にかかりたいものです。

YouTubeで鳴き声聞いても縁起が良くなるのかな!?^^

今年の七夕は、一味違った思いを馳せそうです。

⇒七夕の短冊は終わったら燃やす?処分の仕方や正しい由来について

⇒吹き流しの作り方は?簡単にできる可愛いアレンジ方法もご紹介!

スポンサードリンク

-七夕

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.