世の中のこと

国会議員はなぜ逮捕されない?裏金疑惑で逮捕は検察によるクーデター?

こんにちは。

今回は、「国会議員はなぜ逮捕されない?裏金疑惑で逮捕は検察によるクーデター?」というテーマについてです。

 

政治資金のパーティー券販売ノルマを超えた分を所属議員に還流(キックバック)していた裏金疑惑で、東京地検特捜部は2023年12月19日、安倍派(清和政策研究会)と二階派(志帥会)の関係先の強制捜査に踏み切りました。

安倍派に所属する議員の大半がキックバックを受け取っていたとみられており、その総額は最近の5年間だけで5億円超に上るとみられています。

二階派は収入の約1億円を収支報告書に記載していなかった疑いが持たれているとのことですが、金額も疑惑議員の数もどんどん膨れ上がっていきますね。

さてそんななか、自民党関係者が「議員が身柄をとられることはない。そんなことをすれば検察によるクーデターだよ」などと話していたといい、危機感がほとんどないといった記事を見つけました。

なぜ一般国民は悪いことをしたら即逮捕されるのに、国会議員は逮捕されないのでしょうか。

調べてみると、国会議員には「不逮捕特権」というものが認められていることが分かりました。

場合によっては逮捕されることもあるようですが、なんやかんやと有耶無耶になり逮捕されないのでは?と思ってしまいましたよ。

スポンサーリンク

国会議員はなぜ逮捕されない?

いよいよ東京地検特捜部が12月19日、自民党最大派閥の強制捜査に入った。政治資金パーティー券の販売ノルマを超えた分を所属議員にキックバック(還流)していた裏金疑惑で、特捜部は最大派閥「清和政策研究会」(安倍派)と志帥会(二階派)の関係先を家宅捜索するとともに疑惑議員や秘書らの聴取を重ねており、疑惑解明を急ぐ。

(中略)「安倍派と二階派へのガサ(家宅捜索)は12月14日に入る。事実関係を否認すれば、即逮捕もあり得る」。臨時国会が閉会する同13日の直前、政府・自民党内にはこうした情報が駆け巡った。11月半ばには政府・自民党の一部に「強制捜査やむなし」との捜査当局の意向が伝えられていたとされるが、この時点で危機感はほとんど見られなかった。「議員が身柄をとられることはない。そんなことをすれば検察によるクーデターだよ」といった声もあったほどだ。

(中略)正確な所得を把握するためのマイナンバーやインボイスが導入され、国民は1円単位での管理・提出が求められている。そうした中で法律をつくる側の国会議員が法を逸脱していたにもかかわらず、政治資金収支報告書を訂正すれば何ら問題ないと判断されるのであれば、もう国民はやっていられない気持ちになるのではないか。

配信

引用:自民党関係者「議員逮捕なんてしたら、検察によるクーデターだよ」危機感ゼロの安倍・二階派「認めさえすれば立件されない」見方広がる(みんかぶマガジン) - Yahoo!ニュース

国会議員が逮捕されないのは不逮捕特権があるから?

調べてみたところ、国会議員には憲法によって認められている3つの特権がありました。

①歳費特権(憲法第49条)

②不逮捕特権(憲法第50条)

③免責特権(憲法第51条)

 

このうち、②の不逮捕特権は

「両議院の議員は、法律の定める場合を除いては、国会の会期中逮捕されず、会期前に逮捕された議員は、その議院の要求があれば、会期中これを釈放しなければならない。」

というもので、国会議員は会期中には逮捕されないことが認められています。

ただし、現行犯逮捕などのように犯罪事実が明白に分かるような場合には逮捕されることもあるみたいですね。

不逮捕特権とは

この特権は、政府が議員の活動を妨害するために逮捕したという歴史的な背景があって、そのようなことが起こらないように設定されたものとされている。

憲法の条文にあるように、国会議員は会期中には逮捕されない。ただ、「法律の定める場合を除いては」とあり、これは国会法33条の「各議院の議員は、院外における現行犯罪の場合を除いては、会期中その院の許諾がなければ逮捕されない」を指し、現行犯逮捕や所属する院の許諾があれば、逮捕されることもある。

現行犯の逮捕は犯罪事実が明白な場合に行われるもので、国会議員であっても例外を認めにくい。

引用:国会議員が逮捕されない「不逮捕特権」とは|政治・選挙プラットフォーム【政治山】 (seijiyama.jp)

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

悪いことをしたのだから、罰せられるべき。罪の意識すらないのでしょうけれど。自分たちの活動が制約されるような事案には真剣に取り組まないでしょうから、自浄なんて永遠に無理でしょうね。政治腐敗が日本を腐られていく。次の選挙で皆さんの英断を期待します。

 

これで立件見送りともなれば検察の信用は失墜、権力に屈したと批判ばかりか、今後の捜査への影響や裁判においても弁護側から格好のネタにされるのが目に見える。

検察が見直されるか、それとも国民から見放されるかこの捜査に掛かっているだけに頑張って欲しい。

 

今回、立件せずに終わるようであれば、議員と警察検察がズブズブの関係だということでしょう。

法治国家ではないということを世界に発信する事になる。

自民党には下野してもらって、しばらく猛省させましょう。それが出来るのは我々国民です。

次の選挙でもし自民党が勝つようであれば、いよいよ日本もお終いです。

 

法治国家の日本に、法の抜け道を作り、自らは決して罰せられないような不公平と不公正の仕組みを作った自民党政権は、国民と日本を裏切っているのに…

それを正そうとする検察が、なぜクーデター?むしろ大歓迎なんですけど

どんどん明るみに晒して、歪んだ忖度や汚職のない政治と行政になることを願います

この事件の行く末に注目して、次の国政選挙に備えます

 

議員さんともなれば逮捕もされないと

ここに来てずいぶんと余裕がありますね。

勘違いしてるようですが、選民ではありますが特権階級ではありません。

不逮捕特権なんて言いますが、国会の運営を妨げないようにと配慮しているだけに過ぎず、国会中に居眠りばかりしている議員には不要だと思います。

 

>「議員が身柄をとられることはない。そんなことを

>すれば検察によるクーデターだよ」

ロッキード事件で田中角栄元首相は逮捕されました。汚職で金丸信元自民党議員も逮捕されました。

問題は第二次安倍政権以降、「忖度」という名で弱体化・骨抜きにされた検察・警察の「やる気」でしょう。

国民は、政治家の裏金作りだけでなく、検察・警察の「真剣さ」にも注目していることをお忘れなく。

 

悪質な議員はすべて逮捕し事情聴取、証拠をかき集め起訴をしなければ国民は納得するわけがない。議員は上級国民でもなければ偉くもない。常に国民の下にいる存在である。何を勘違いして自分勝手なことを繰り返すのか、やりたい放題の閣議決定をするのか。国民と日本国のために検察には頑張ってもらいたい。

 

クーデターではない。

外国は容赦なく逮捕されてる。

悪い事したら仕置されなきゃならないのは当然。

庶民はパン1個で逮捕される、議員は何千万誤魔化してもお構い無し。この国のシステムは絶対におかしい。

そのためにも東京地検特捜部には是非とも頑張っていただきたい!全力で応援しています!

裏金疑惑で逮捕は検察によるクーデター?

不逮捕特権によれば、国会議員は会期中には逮捕されないとありましたが、悪いことをしたことが事実と分かったのならそんなの関係なく逮捕されるべきだと思いました。

この特権が認められた理由は、

政府が議員の活動を妨害するために逮捕したという歴史的な背景があって、そのようなことが起こらないように設定された

そうですが、居眠りをしているような議員の何を守るのか!?

一般国民は悪いことをしたら、その人が今どんな状況であろうと即逮捕されるのに。

議員逮捕は「検察によるクーデター」なんて言う関係者もいるし、、

100歩譲って会期中は逮捕されないにしても、今回の裏金疑惑が事実だったのならば会期外に逮捕されるのが当然だと思うのですが、さてどうなるでしょうね。

今後も注目していきたいと思います。

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.