世の中のこと

女装して女性用浴場に侵入も私は女だと?LGBT法案成立後の世の中が怖い

こんにちは。

今回は、「女装して女性用浴場に侵入も私は女だと?LGBT法案成立後の世の中が怖い」というテーマについてです。

 

ツイッターを覗いておりましたら、「女性用浴場侵入」というワードがトレンド入りしていました。

嫌な予感がしながらも見てみたところ、案の定女装をして女性用浴場に侵入したとして、職業不詳の男が現行犯逮捕されたというニュース記事を見つけました。

これは本当に序の口で、昨日LGBT法案の修正案が可決されてしまいましたが、成立ということになってしまいますといよいよ世の中がとんでもないことになってしまうのは容易に想像できます。

何という法案を可決させてしまったのか。

スポンサーリンク

女装して女性用浴場に侵入も私は女だと?

【津】女装して女性用浴場に侵入したとして、津署は8日、建造物侵入の疑いで、津市の職業不詳男(54)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後9時20分ごろ、津市白塚町の公衆浴場の女性用浴場に正当な理由なく侵入した疑い。

同署によると、湯船に漬かっているのを別の女性客が気付いて店員を通じて通報。駆けつけた署員がその場で逮捕した。男はスカートなどを身につけて侵入したとみられ、「私は女だ」と容疑を否認している。

配信

引用:女装して女性用浴場侵入 津、容疑の男「私は女だ」と否認 三重(伊勢新聞) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

法案通ったらこんな奴が増えるんやで!!

自分が遭遇したり、愛する人が遭遇したり、自分の可愛い子供が遭遇したらどう感じるんだろうな?!

誰得なんだろうな?!

 

他の客からしたら心の中までは分からないし知る必要もないんだから風呂に関しては表面的な身体の造りで分けたらいいんよ

 

100歩譲ったとしても、

だれにも気づかれないくらい

完璧にリフォーム完了してから

行って下さい。

覗き目的、変態は論外!

 

「ジェンダー」って言葉が栄誉や自慢かのような世の中にしてきましたから、反面、悪意であろうと悪意でなかろうとこんなことは普通に起きるでしょう。自分たちが推し進めてきた社会の一面の現れです。

 

LGBT理解増進法で「T」トランスジェンダーが現在国会で認められると本人の性自認によって男女が決められ、この場合女装しなくても法的に女性風呂に入ってこれるようになり、非難しようものなら差別だと逆に訴えられます。

外国では日本で報じられてない訴訟問題が起きているとのことです。

公衆浴場のみならず、温泉施設を持つ町やホテルにおいてもよくよく考えなければならない内容です。

 

"湯船に漬かっているのを別の女性客が気付いて店員を通じて通報"

既に湯船にまで到達しているところがコワイ。

男が私は女よ、と簡単に言う時代が来ると、女性は銭湯に行きたくても利用し辛くなりますね。

 

例え本当に性同一性障害だったとしても銭湯に入りたいなら、自分の体に合った方に入ればいいと思う。体が男なら男湯。

中身が女だからって男湯に浸かっても別に支障はないと思いますよ。言わなきゃわからないわけですし。

それが嫌なら残念だけど銭湯には行かない。もしくは個室で入れるようなところに行くとかですかね。

 

LGBT法案が通れば逮捕した警察官と浴場施設が訴えられるんですよね?差別だと

 

やっぱり危惧されてたことが起きましたね女性用に入って心は女だとジェンダー問題を悪用するやつが出てくるのは目に見えていたことです警察もその辺の対応はしっかり考えておくべきだと思う

 

ジェンダーに関する事件かは分からないけど。

既存の性に囚われてはいけないのに、既存のお手洗いやお風呂に当てはめてるからジェンダーの事件が起こる。

ジェンダーの方々も何故お手洗いやお風呂の設備の改善を主張しないのか?

解決策は男、女、ジェンダーのお手洗いやお風呂を設けるしか無いだろう。 それが出来ないなら、ジェンダーは無しで。

 

だから、こういうことが、次々出てくるのでしょう。

LGBTに積極的な無能な輩達、キチンと責任をとりなさい。

LGBT法案成立後の世の中が怖い

LGBTの人たちへの理解増進に向けた法案、いわゆる「LGBT法案」は、自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党の4党が合意した"与党案の修正案"が2023年6月9日、衆議院内閣委員会にて可決されました。

LGBTの人たちへの理解増進に向けた法案は、自民・公明両党と日本維新の会、国民民主党の4党が合意した与党案の修正案が衆議院内閣委員会で可決されました。修正案は来週にも衆議院を通過する見通しです。

※2023年6月9日 19時40分

引用:LGBT法案 衆院内閣委で与党案の修正案可決 来週にも衆院通過へ | NHK | LGBTQ

以前、タレントの楽しんごさんも「絶対に(法案を通しては)ダメ!!」と訴えておられましたが、この法案が成立してしまったら、いよいよ世の中がとんでもない事態になってしまう事は十分に予想できます。

今回の事件も、例えば法案成立後に起こっていたとしたら、女性用浴場に侵入した男性が「心は女です」と言えば容認せざるを得ないということになります。

本当に「心が女」かどうかなんて確かめようがないし、本人がそう言えば認めなくてはならず捕まりもしないだなんて、、、犯罪がどんどん加速する気がして恐ろしいです。

女性の立場から言わせていただくと、いくら「心は女」と言われたからって「体が男性」の人と裸で同じ空間で過ごすのは、どう考えても無理ですし公衆トイレに入って来られただけでも抵抗があります。

LGBT法案の修正案は、来週にも衆議院を通過する見通しだと勝手に進めて行っていますが、これはマイナンバーカードと同じくらい?とんでもないことだと感じました。

温泉や銭湯、プールやジムなどの施設も、女性客の足が遠のいて経営に大打撃を受けそうですね。

ほんと次から次へと、、、汗

今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.