世の中のこと

改正感染症法成立で医師看護師以外もワクチン打てるように?他もヤバすぎ

こんにちは。

今回は、「改正感染症法成立で医師看護師以外もワクチン打てるように?他もヤバすぎ」というテーマについてです。

 

日本がサッカーワールドカップで熱気に包まれていた2022年12月2日、新たな感染症危機に備え改正感染症法などが参院本会議で可決、成立されました。

これにより、日本はかなりヤバい状況へと突き進むことが予想されます。

そのヤバいことの一つに、「厚生労働大臣が協力を要請した時に限って、歯科医師、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、救急救命士もワクチンの打ち手に認める」というのがありました。

現在は特例として歯科医師も打ち手になっているようですが、そこに加えて放射線技師や救急救命士も打ち手に認めるだって??

ほかの成立内容もヤバいものばかりでした。

大がかりなスピン報道、気が付いた時にはもう遅いとは、まさにこのことですね。

スポンサーリンク

改正感染症法成立で医師看護師以外もワクチン打てるように?

地域の医療提供体制の強化策を盛り込んだ改正感染症法などが、参議院本会議で賛成多数で可決・成立しました。

(中略)ワクチンの接種は原則、医師と看護師以外行うことができませんが、新型コロナ対応で打ち手が不足したため、現在は、特例として、歯科医師などにも認められています。

こうした特例措置を裏付けるのが改正新型インフルエンザ等対策特別措置法です。

厚生労働大臣が協力を要請した時に限って、▽歯科医師、▽診療放射線技師、▽臨床検査技師、▽臨床工学技士、▽救急救命士に認めることになります。

※2022年12月2日 19時45分配信記事

引用:地域の医療提供体制強化 改正感染症法など成立 参院本会議 | NHK | 医療・健康

 

 

厚労相の協力要請時に限っては 医師、看護師以外の者による ワクチン接種も可能となる、だと?

堪ったもんじゃない!?

 

ついこの間までアナフィラキシーに対応できない医師がいるのがナンセンス、みたいなことを言っていたのに…

これは本当にびっくりですね。

検査技師さんや工学技士さんは、職場によっては注射の経験があるかもしれませんが(検査技師さんは採血、工学技士さんは透析室でシャント穿刺をすることがある)、放射線技師さんなどはまったく畑違いなのではないかと。

もちろん研修を行ってから臨むんでしょうけど、筋肉注射だからといってそんな簡単なことではないような気がします。

たしかに静脈注射よりはプレッシャーは少ないし簡単ですが、でも筋肉注射だって穿刺部位を間違えれば神経を傷つけてしまう場合がありますから要注意です。

元看護師としてはそう思いました。

他もヤバすぎ。終わりの始まりか

そのほかにも、成立内容は驚愕するものばかりでした。

感染疑いだけで自宅待機などの指示が可能で、拒否すれば懲役刑または罰金!!!???

コロナはもはや5類に引き下げが検討されているくらい弱毒化しているのに、なぜこんなことを?

経済回らなくなって日本終わりますよ。

しかも、都道府県知事の権限強化なんてされたら、ヤバい知事たちがもっと暴走してしまうじゃないですか。

子供たちの自由も今以上になくなってしまいそうです、、

マイナンバーもほぼほぼ義務化のようになりそうですから、管理社会の出来上がりですね。

スポンサーリンク

ツイッターの反応は?

ツイッターでも多くの方が反対の声をあげていましたよ。

一部ご紹介します。

本日国会において感染症法の改正案が可決・成立したという衝撃的な報道。

ワールドカップなどの一大イベントは、常に審議の隠れ蓑として利用されていることに国民は肝に銘じておくべきですね。

 

これから 日本民族は粛清の一途をたどる。

 

サッカーワールドカップ勝利で浮かれてるどさくさに、悪法が国会議員の賛成多数で簡単に成立していく怖さを痛感する。国民はこんなこと全然望んでないのに・・・。国政選挙で自公民与党を簡単に勝たせて後悔しても後の祭り。

 

W杯に隠れて国がやりたかったのはこれか…。最悪だ。

生きづらい世の中作って何が楽しいんだ?

いくらサッカーで強国に勝っても、このままじゃ日本は自国に負ける。

 

国会で 改正感染症法が賛成多数により可決成立。

都道府県知事の権限が強まります。

お願いから義務へ!!

政府に協力する者はお金の面などでも優遇、反発する者 従わない者には罰則を!!

感染を疑われただけで即 自宅待機などの「指示」が可能、拒めば懲役刑もしくは罰金

まさに緊急事態条項の前段階

 

病院が国の奴隷になる

その先にいるのは国民

自宅待機命令が出来て、違反すれば罰則ってどんどん権利は失われていく

緊急事態条項ができなくても、既に蝕まれている

 

『成立した改正法は一部を除いて、再来年・令和6年4月に施行されることになっています。』

2024年は本格的な終末期の始まりってことでしょうか。

 

サッカーで浮かれている隙に、まんまと水面下で決まってしまいました。

いつもやり方が卑怯です。

本当に大事なことは、絶対にテレビでは流してくれない。

3S政策で骨抜きにされてしまった国民の末路とでも言うべきでしょうか。

せっかく日本が1位通過で嬉しかったのに、喜びが半減してしまいましたよ。

ただ、感染症医療の提供を公的医療機関などに義務づけるなどの主な規定は2024年4月に施行されるようなので、まだ時間があるといえばありますね。

その前に憲法改正されなければいいのですが、、出来る限りのことはしていきたいものです。

小さなアリも、数千数万と集まればゾウを倒すことができる。それを信じたい。

では今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.