世の中のこと

米最高裁が企業のワクチン接種義務化認めず?バイデンは失望したと声明

こんにちは。

今回は「米最高裁が企業のワクチン接種義務化認めず?バイデンは失望したと声明」というテーマについてです。

 

2022年1月13日、アメリカ連邦最高裁はバイデン政権が打ち立てていた「企業へのコロナワクチン接種義務化」の措置について、差し止めを命じる判断を下しました。

『治験中のワクチン』を打たなければ解雇されたり働きにくくなるだなんて、おかしな話ですもんね。

棄却されて本当に良かったですね。

スポンサードリンク

米最高裁が企業のワクチン接種義務化認めず?

米連邦最高裁は13日、バイデン政権が導入した企業へのワクチン接種義務化の措置について、施行差し止めを命じる判断を下した。

引用:米最高裁、企業へのワクチン接種義務化認めず 政権に痛手(ロイター) - Yahoo!ニュース

 

上記の記事によりますと、バイデン政権は従業員100人以上の企業に対して、従業員にコロナワクチン接種か週1回の検査を義務付けるといった措置でした。

週に1回の検査でもいいのですね。

そうは言っても、毎週鼻の中をグリグリされて検査結果を提出せよとは、なかなかのストレスだと思われます。

自分だったら絶対に嫌ですもん。

なお、この措置は8000万人以上に適用される予定でした。

今回の差し止め命令に対してバイデン大統領は「失望している」と声明を出しており、また従業員にワクチン接種を義務付けるかどうかは、各州と雇用者の判断に委ねられるとしました。

ということは、それぞれの州知事や会社の雇用主の判断で、ワクチン義務化となる動きも今後は出てくるかもしれないということですかね。

一方、医療従事者にはワクチン接種を義務付ける措置を認めといいます。

医療従事者には選択の自由はないのですかね。

本当に気の毒です。

私の元同僚も、2月から3回目の職域接種が始まると言っていました。

拒否する人はいないのか問うと、皆打つのが当たり前だと思っていて誰も拒否していないとのこと((+_+))

その元同僚は、打ちたくないとは思っているが拒否できる雰囲気ではない、仕事内容や立場的に拒否したら仕事ができなくなる、だから仕方ないから打つ、、、と言っていました泣

私もまだあの職場で働いていたら、半ば強制的に打たされていたのか?!

まあ、何があっても私は打たないつもりでしたがね。

どちらにせよ、早々と辞めて本当に良かったと思いました。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

選択の自由は必ずあるはずだと思います。
体調や持病は当然として副作用の問題からも目を背けてはいけないかと。

 

本来は医療従事者にすら義務化はおかしい
保守派の判事が義務化を認めたのは残念

 

まだ20代だった職場のスタッフが、ワクチン接種後に「心筋炎」で亡くなりました。特に持病もなかったそうで、実際に健康的なイメージだったのに。あまりにも突然でした。
因果関係は認められないそうですが、どう受け止めて良いのか分かりません。
私は接種予定でしたが、怖くなってキャンセルしてしまいました。
義務化はしなくて正解だと思います。

 

効果が疑わしいワクチンの義務化が阻止されたことは至極真っ当。
こういうところが合衆国の長所。いけないところも多々あるけど。

 

医療従事者の方々がお気の毒です。
休職や離職される方も自身の生活もあるだろうし、何故そんな決断を迫られなくちゃならないんだろ?

 

至極当然の判決だと思います。

日本においても、副反応で後遺症が残ったり、最悪のケースもある接種ですが、国が因果関係を認めずに十分な補償が得られない状況では、接種は個人の責任による判断であるべきです。

 

日本もワクチンの裁判やってますよね。
あんまり報道されていないような気がします。
でも他に情報入手する手段があるから裁判やっていること多くの人たちが知ってますけどね。

 

安全性が確立されていない治験中のワクチンが何故、義務化されるのか不思議でした。
最高裁までいかないと義務化を阻止出来ないとは。

 

これはまともな判断です。
というか当然だけど。
子供にも接種とか、愚行極まりないことを進めている日本政府。
言葉が無いですよ、あきれ果てて。

 

スポンサードリンク

選択肢のある世の中を

日本では、現在のところワクチン接種の義務化こそないものの、しかし企業の職域接種や大学での集団接種などは行っており、その結果「同調圧力」が生み出されたり、暗黙の了解で打たざるを得ない人々が多々いる状況であることは事実です。

テレビでもワクチンのメリットばかりを流し、デメリットや実際にワクチンで被害に遭った人のことはほとんど報道しません。

もっと平等に情報を公開し、そのうえで自由に選択できる世の中にならなくては、この先の日本が心配です。

それに、いい加減おかしなことだらけな事に気付いてほしい。

ひとまず、アメリカの企業は良かったですね。

では、今回はこのへんで。

 

 

 

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.