世の中のこと

ドイツ科学者がコロナは眼球から侵入して視力に悪影響だと?ホンマでっか

こんにちは。

今回は、「ドイツ科学者がコロナは眼球から侵入して視力に悪影響だと?ホンマでっか」というテーマについてです。

 

ドイツ人科学者による研究で、コロナウイルスが目から侵入し、光受容体や網膜神経節細胞に感染し視力などに悪影響を及ぼすことが明らかになったという記事を見つけました。

あらまー、今度は視力ですか。えらいこっちゃですね。

ってことは、マスクの次はゴーグルも装着ですか?

視力などに影響を及ぼすなんて、とんでもないウイルスですね。

スポンサードリンク

コロナウイルスは眼球から侵入して視力を悪化?

ドイツ人科学者による研究で、SARS-CoV-2コロナウイルスが目に侵入し、光受容体や網膜神経節細胞に感染することが明らかになった。科学者らは、コロナウイルス回復者の中に目の不調を訴える人がいるのはこれが一因ではないかと指摘している。

引用:コロナウイルスは眼球から侵入 視力を悪化 独の研究で明らかに - Sputnik 日本 (sputniknews.com)

上記の記事によりますと、詳細な分析では視細胞と網膜神経節細胞にウイルスのプラークが見られたことから、研究者らはウイルスの繁殖場所を示すとの見解をしています。

さらには、「網膜の炎症や光受容体の劣化を起こす複数の炎症性遺伝子の発現を増加させることもわかった」とのこと。

なんだか、とんでもないことが書いてあるように感じますね。

まるで、失明でもしそうな勢いです。

そうそう、以前日本眼科学会は、目からも感染するという文書を出していましたね。

ただ日本眼科学会は、「視力などに悪影響」とは書いてなかったです。

⇒nihou.pdf (gankaikai.or.jp)

 

じゃあ次はゴーグル装着ですか?あ、結局ワクチンね

コロナウイルスに限らず、そもそも他のウイルスも目から感染することはあるのですが、コロナウイルスがそんなに大騒ぎするくらいの恐ろしいウイルスならば、今度はマスクに加えてゴーグルもしなくてはいけませんね!

視力が低下したり眼の病気になったら大変ですので、アナウンサーや芸能人の方々も、さすがにマスク&ゴーグルでテレビ収録、またはドラマや映画の撮影が必要になりそうです。

カットがかかってから急いで装着?いやいや、じつに恐ろしいウイルスですからね、それでは危険でしょう。常時着けていなければ意味がありません。

 

そう思っていたところ、記事をよくよく読んでみましたら、最後の一文

研究で、この眼の合併症の予防や治療には特別な薬剤は必要なく、ウイルスが細胞内に侵入する際に通過するACE2受容体を阻止する抗ウイルス剤やワクチンが適していることが分かった。

で締めくくられていました。

へ~、この眼の合併症の予防や治療には特別な薬剤は必要なく、抗ウイルス剤やワクチンが適していることが分かったんだそうですよ。

結局のところ、「ワクチンが有効ですよ!」っていう事が言いたかったのかな、と思ってしまいました^^;

スポンサードリンク

言い出したらキリがない

 

たしかに、私の周りは誰一人としてコロナになったという人を見かけていませんし、風の噂で「○○の学校でコロナが出たらしいよ」というのは聞いても、重症者や死人が出たなんて話はまったくの皆無です。

2021年10月現在、新規感染者とやらもかなり下火になっていますしね。

毎シーズン流行るインフルエンザの方が、よっぽど近所の人や子供の同級生が罹ったなど聞きますし、学級閉鎖や学年閉鎖が起こる年だってあります。

それなのに。

もうほんとに、なんて言ったらいいのか、、、

色々言いたいけど、ほとほと疲れてきました。

いや、違うな。

呆れてきました。

うん、この言葉が合ってる。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.