世の中のこと

メキシコ議会が約1000年前の宇宙人の遺体を公開?信じるか否かは自分次第

こんにちは。

今回は、「メキシコ議会が約1000年前の宇宙人の遺体を公開?信じるか否かは自分次第」というテーマについてです。

 

ツイッター(X)を覗いておりましたら、「宇宙人の遺体」というワードがトレンド入りしていました。

なんだろうと思い見てみたところ、2023年9月12日メキシコ議会で未確認飛行物体(UFO)に関する初の公聴会が開かれ、専門家の証言とともに宇宙人の遺体が公開されたというニュース記事を見つけました。

ケースに入れられた2つの宇宙人の遺体は、細長い頭部に両手には3本の指を持っており、約1000年前の2017年にペルーのナスカの地上絵付近で発見されたといいます。

これまでにも宇宙人を捕獲しただとか、アメリカの地下には宇宙人の、、、など噂は常々ありましたが、ついにメキシコ議会で公開されましたか。

これを本当だと思うかどうかは貴方しだいですが、国民の関心は高いようでツイッター(X)には多くの声が寄せられていましたよ。

スポンサーリンク

メキシコ議会が約1000年前の宇宙人の遺体を公開?

[メキシコ市 13日 ロイター] - メキシコ議会で12日、未確認飛行物体(UFO)に関する初の公聴会が開かれ、専門家の証言が行われたほか、宇宙人の遺体とされるものが公開された。

地球外生命体の遺体とする2つの物体を議会で披露したのは、メキシコ人ジャーナリストで長年のUFO研究家であるハイメ・マウサン氏で、それらが地球上のいかなる生命体とも異なるとの見方を示し、「われわれは(宇宙で)孤独ではない」と語った。

ケースに入れられた2つの小さな「遺体」は両手に3本の指があり、細長い頭部を持つ。約1000年前のものとされ、2017年にペルーのナスカの地上絵付近で発見されたという。

※2023年9月14日 12時51分

引用:「宇宙人の遺体」、メキシコ議会で公開 UFO巡り公聴会 - ライブドアニュース (livedoor.com)

ツイッター(X)の反応は?

上記の話題に対して、ツイッター(X)ではどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

公聴会見たけど、これは何とかなく本物な気がする!そりゃ居るよな、人間も同じだもんな、、、

 

ついに真実が明るみになるんですね。

 

コレ本物なの??

宇宙人は絶対居ると思ってるので

ワクワクする

 

これは宇宙人が地球に来訪していたことを証明しちゃうんじゃないか?

 

すごい 色々情報公開してほしい

 

これは本当です、とても興味深いです

 

1000年前

平安時代か・・・想いを馳せる ロマンですね

 

わっ!!きた!!待ってました!!!!!

(こういうのめっちゃ好き!)

 

すっげ

マジもんか・・・??

やっぱり宇宙人はおったんやんほらー

 

広い宇宙に地球人がいるように宇宙にも宇宙人がいるのは間違いない!

 

最近都市伝説って言葉が、都市伝説じゃなくなって来たよね。

後10年もあればもっと色々覆りそう。

信じるか否かは自分次第

意外にも、ツイッター(X)では批判の声はほとんどなく、「もっと情報公開して!」「スゴイ!」などという好意的な反応が多かったように思います。

私も宇宙人というか地球外生命体は存在すると思っていますので、今回のニュースを見てもとくにビックリすることはありませんでしたよ。

地球人しかいない方がおかしい気もしますし。

むしろ、いて当たり前だと思っています。

この先もっと公に情報公開がなされて、多くの人が目にすることができるようになったら、面白いことになりそうですね。

こういうことがニュースで取り上げられるようになった時点で、世の中が変わってきているのかな?

これからも注目していきたいと思います。

では今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.