世の中のこと

異次元の少子化対策財源は社会保険料引き上げで検討中?給料の半分が消えるか

こんにちは。

今回は、「異次元の少子化対策財源は社会保険料引き上げで検討中?給料の半分が消えるか」というテーマについてです。

 

政府は2023年3月31日、「異次元の少子化対策」のたたき台を公表し、その財源確保を巡り社会保険料を引き上げる検討に入りました。

えー、これはちょっと、、、

今でも給料の半分近くを社会保険料や税金で引かれているのに、これ以上手取りが少なくなるということですか。

どうして国民が負担を負うような財源確保をするのでしょう。

これではますます少子化が進む気がしてしまいましたよ。

スポンサーリンク

異次元の少子化対策財源は社会保険料引き上げで検討中?

国民の関心は高く、ツイッターでは「社会保険料」というワードが一時トレンド入りしていました。

政府は31日、「異次元の少子化対策」のたたき台を公表した。男性育休の取得率向上策や児童手当の支給対象の拡大、高等教育の奨学金の拡充などを盛り込んだ「加速化プラン」を示し、今後3年間で集中的に取り組むとした。また、財源確保を巡り、政府は社会保険料を引き上げる検討に入った。年金・医療・介護・雇用の4保険のうち、公的医療保険の月額保険料に上乗せする案が有力だ。

4/1(土) 7:32配信記事

引用:少子化財源 社会保険料上乗せ検討 - Yahoo!ニュース

少子化対策のたたき台のポイントとしては、

・児童手当は所得制限を撤廃し、支給期間を高校卒業まで延長

・出産費用の公的保険適用を検討

・給食費の無償化は課題を整理

・給付型奨学金の対象を多子世帯や理工農系で拡大

・親の就労に関わらず、時間単位で保育所などを利用できる制度を検討

・産後の一定期間内に28日間を限度に、男女とも育児休業給付を手取りの10割相当に引き上げ

とのことです。

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

これはひどい。今でも給料の半分近くもってかれてるのに、これ以上なんて。子供のいる家はまだいいだろうが、単身者や子どもがいない夫婦はたまったもんじゃない。少子化が進む原因を政府が作ってどうする?結局賃上げしても保険料上がるなら手取りは増えません。ここまでするならやらない方がましです。岸田は鬼だわ。

 

社会保険料引き上げなどしたら、本末転倒。

逆に、引き下げをして実質賃金を上げ、経済を回復させ、消費を喚起させないといけないのに、引き上げなど絶対やってはいけないこと。

だからこそ、財源は国債でいい。増税と同じ。今やるのは減税政策。

財源で増税は、経済をさらにまた悪化させ、消費を落として行く。

 

社会保険料あげるなら少子化対策しなくて良いです。子供3人いるけど、高校の無償化対象外。

実質、増税です。

これから子供産む予定もないし、3人分の学費に大変な思いしてるのに、人の子の為に増税して、自分の子に我慢させるって、すごくやな気分。

 

税金や社会保険料を値上げする事しか考えてない。無駄遣いを無くす事はしないのか?効果の薄い対策よりも消費税などの税金を下げるのが景気対策、少子化対策になる。昇給額より税金などが多くあがる中で誰が未来に希望を持てるのか?

 

36歳未婚男です。

低所得者で結婚どころか恋愛すら難しいです。

普段からすごく生きずらさを感じていました。

職場では既婚者子育て世代の仕事の尻拭いで忙しい、税金はまったく控除されず、給付金はもらえず

高齢者からは社会保険料で搾取されて、それで今回の異次元の少子化対策の予算も社会保険料の値上げになりそう

独身者はこれからも報われそうにないので、今月末で仕事をやめました。

若いときからはやくセミリタイアの準備をしておいて正解でした。

今年は税金、保険料高いけど来年以降は非課税世帯になります。

こんなクソみたいな金の使い方する国には絶対納税したくない

 

相次ぐ物価高騰でかつかつの生活。

物価が上がった分、消費税の税収は潤ってるはず。企業も個人もきつい思いしてるなか喜んでるのは政府だけ。

それに追い討ちをかけるように社保の増税。何でもばらまくのはいいが、財源は増税としか考えていない。財政を抜本的に見直して無駄を省き減税して手取りを増やす。

育休も児童手当も子供いてありきだから。。

まずは月額賃金でもやっていける実感をもたせることが大切かと。

 

子育て世代ですが、減税して所得を増やしてください。そのお金で各家庭の子どもにあった使い方をさせてください。

全ての子が給食を食べるわけではありません。高校や大学に行くわけではありません。

でも、高校や大学に行かないからお金がかからない訳ではありません。夢があって自分で考えて学校という選択以外の進路を選ぶ子もいます。

ついに給料の半分が消えるのか

冒頭でも少し言いましたが、今でさえ給料の半分近くが税金と社会保険料で消えているのに、これ以上手取りが少なくなってしまうだなんて考えられません。

もしも本当に社会保険料が引き上げられたら、「給料の半分近く」ではなく「給料の半分」が社会保険料や税金で消える現実が来そうですね。

生活がいつまで経っても豊かにならない原因の一つは、絶対にこれだろうな。

だって、給料が丸々もらえたら生活は一転して豊かになりますもん。少なくとも今よりは絶対に。

我が家は高い税金払ってますが、給付金や補助は対象外。

子供にお金がかかるのに何も還元がないので、毎月カツカツ状態です。

今後、果たして普通に生活できるのかどうか、子供が希望する進路に進ませてあげられるのかどうか、、とても心配です。

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.