世の中のこと

厚生労働省が心筋炎を重大な副反応として警戒度引上げ?でもワクチンは推奨

こんにちは。

今回は、「厚生労働省が心筋炎を重大な副反応として警戒度引上げ?でもワクチンは推奨」というテーマについてです。

 

厚生労働省は2021年12月3日、コロナワクチン接種後の副反応として問題視されていた心筋炎及び心膜炎の症状を、「注意喚起」から「重大な副反応」に警戒度を引き上げました。

ワクチンの接種が始まってから、胸部症状や体調不良を訴える人々が増え続けていたというのに、正直今更感が否めません。

そして、そのような状況になってもなお、ワクチンは変わらず推奨するようですよ。

スポンサーリンク

厚生労働省が心筋炎を重大な副反応として警戒度を引き上げ?

厚生労働省は3日、米ファイザーと米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン接種後、若い男性で通常より高い頻度で報告されている心筋炎や心膜炎の症状について、通常の注意喚起から「重大な副反応」に警戒度を引き上げ、医師らに報告を義務付けることを決めた。

心筋炎を「重大な副反応」に 厚労省、警戒度引き上げ(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

このような状況でも厚生労働省がワクチンを推奨する理由としては、心筋炎が起こる頻度は「ワクチン接種後」より「コロナ感染後」の方が高いことが分かっているからだと言い、

「接種によるメリットの方が副反応などのデメリットよりも大きい」

として、ワクチン接種は引き続き推奨するとのことです。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

えぇ?どうしたんですか今更。
警戒してどうするんですか?
心筋炎になった人に対して、何かしてくれるんですか?

困ってるのは打った後に大変な目にあった人で、医療費、時間、健康全てにおいてマイナスになってるわけですから、話し合いだけしてデータ見てるだけで何とか対応してる風なのはダメなんですよ。
副反応じゃないですよって言われて黙殺されてきたのに、今まで黙殺されてた人も数字としてあげてもらえるんですか?

 

誠実な医師や研究者は日本での接種開始前から警鐘を鳴らしていたし、夏に亡くなったプロ野球選手は因果関係不明にされてるけど心筋炎が起こっていたことは11月にやっと認められた。

今さら注意喚起されても遅すぎるけど、これで3回目を回避する人が増えることを祈る。

 

オリンピック前から心筋炎への懸念はあったんだが、8割近くが接種したあとでそれはないんじゃないか?
中日の選手が亡くなったのはほとんどメディアで取り上げなかった
そして20代はおろか10代に拡げた
それ以下の幼児にまで拡げる前に発表したのはせめてもの救いだとはいえ、遅すぎるだろう
やっぱり打たなくて正解だわ

 

テレビに出てる医師等は皆、心筋炎は軽症だから心配ないって言い切ってましたよね。
その時は重篤なんて情報は無かったから、間違ってはいない、デマではないって言い訳するでしょうね。
コロナやワクチンの専門家と言われる人達の意見なんて、その程度の物です。
多くの見解を参考に、自分で考える事が大切。

 

モデルナを打ったけど、1回目の接種から2回目の接種後2か月以上...今まで経験したことがない微熱、頭痛、倦怠感が続いた。
偏頭痛も心疾患もなかった自分が、長期にわたって鎮痛剤を服用し、最後は倒れて...総合病院で精密検査...明確な異常の数値が出なかったけど...
ココまで苦しんでも、ワクチンとの因果証明が出来ず泣き寝入り。
救済金でも出れば納得するが...救済されないなら、もう打たない!

 

もっともっと副反応周知してほしいです。
知らずにワクチン打って後遺症残ったら悔やんでも悔やみきれないです。
若い男性が心筋炎が多いみたいですが、5歳~11歳は大丈夫ですか?わたしは子供には打たせませんが。

 

>接種によるメリットの方が副反応などのデメリットよりも大きい

そもそも分母が全然違う
国内のコロナ陽性者2%とワクチン接種済み70%
前者の方が確率は当然高くなる
数字のからくりに惑わされてはいけない
コロナは感染しない限り危険性はないが、ワクチンは体内に入れた時点で危険性が出てくる

 

報告したところで「因果関係不明」で調べる事もしないでしょうね。
そんな中、医療従事者にほぼ強制的に3回目接種、矛盾しすぎですよね。

 

知ってた。だって日本は海外より遅く接種始まったから調べればその情報は入ってきたのに、そんな事を言えば、即デマだの反わくだの扱いでしたからね。ここまで被害が広がってから警戒度引き上げるなんて遅すぎる。

 

「もっと慎重になるべき」と注意した人々を「デマ」「反ワクチン」とレッテル貼っておいて結果これですか。
先行接種している海外を見れば、明らかにリスクとして上がっていたはずなのに今更。
全くもって誠意を感じられない。

多くの方が怒りや呆れたというコメントを寄せていました。

そういえば、中日のプロ野球選手だった木下投手は7月半ば、ワクチン接種数日後に激しい運動をしていた最中に倒れ、大学附属病院に救急搬送、その後回復されることなくお亡くなりになりました。

 

その時には『因果関係不明』とされていましたが、のち11月に心筋炎を起こしていたことが明らかになりましたね。

「まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。」と関係者が説明していたのにも関わらず、明らかになるまでに何カ月もかかったということになります(証言していた記事は見事に削除されていました)。

スポンサーリンク

接種によるメリットの方が副反応などのデメリットよりも大きいのは本当なのか?

厚生労働省は、ワクチン接種によるメリットの方が、副反応などのデメリットよりも大きいと言われていますが、それは本当なのでしょうか?

これまで、ワクチン推奨派の医師や専門家、厚生労働省はワクチン接種後の心筋炎はごく稀に起こるもので、起ったとしても大半は軽症で済むと言っていました。

Q.ワクチンを接種すると心筋炎や心膜炎になる人がいるというのは本当ですか。

A.mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチン接種後、頻度としてはごく稀ですが、心筋炎や心膜炎になったという報告がなされています。軽症の場合が多く、心筋炎や心膜炎のリスクがあるとしても、ワクチン接種のメリットの方が大きいと考えられています。

 

(中略)軽症例が多く、また頻度も稀であることから、現時点では若年男性のワクチン接種の推奨は変わっていません。

⇒非接種者にも予防効果?ファイザーとモデルナ副反応の違いは?心筋炎の頻度は?新型コロナワクチン最新知見(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

 

が、最近ではとくに、コロナ感染後よりもワクチン接種後に胸部不快を訴えている声が、どんどん大きくなっているように感じています。

 

 

 

 

 

 

 

↓↓

 

ほかにもまだまだ沢山の声があり、皆さんお辛そうでした。

一体、何を基準に「軽症」だと言うの??

日常生活や仕事や部活等に支障が出ている人々がわんさかいるというのに。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.