世の中のこと

スパイクタンパク質はコロナワクチン接種後体に残る?動物実験途中で中止

こんにちは。

今回は、「スパイクタンパク質はコロナワクチン接種後体に残る?動物実験途中で中止」というテーマについてです。

 

コロナワクチンの接種が開始になってから、どこからともなく「スパイクタンパク質」というワードを聞くようになりました。

はじめは、『ふ~ん、そんな種類のたんぱく質があるんだ』くらいにしか思っていなかったのですが、何やらそのスパイクタンパク質は人体に悪影響を及ぼす良からぬものであると知り、困惑しています。

それだけならまだしも、コロナワクチンを接種することによって産生されたスパイクタンパク質が、当初は数日で分解されると言われていましたが、ここに来て気になる記事を見つけましたので皆さんにもシェアしたいと思います。

スポンサードリンク

スパイクタンパク質とは?

まずは、よく耳にする「スパイクタンパク質」って何ぞや?というところからですが、

スパイクタンパク質とは、新型コロナウイルスの表面にある突起状の構造を持つタンパク質で、ヒトの細胞に侵入するときに使われる。ウイルスはまずスパイクタンパク質をヒトの細胞膜上にあるACE2受容体に結合させ、宿主側のプロテアーゼというタンパク分解酵素によってスパイクタンパク質が切断されると、ウイルスと細胞膜との融合が誘導され感染が成立する。

引用:ワクチンでも作られるスパイクタンパク質が単独で体にダメージを与える可能性(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

コロナワクチン(mRNAワクチン)を接種することで、その人の細胞内にある「リボソーム」という器官がmRNAの情報を読み込み、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質を産生させます。

その後、液性免疫(抗体産生)と細胞性免疫が誘導され、新型コロナウイルスに対する免疫を持つことができるんだそうです。

なんだか難しいですね。

とにかくスパイクタンパク質というものは、コロナウイルスのあのトゲトゲの突起状の構造を持つタンパク質で、ワクチン接種者の細胞に侵入するときに使われるものであり、細胞膜上にある「ACE2受容体」と結合したあと、ウイルスと細胞膜との融合が誘導され、新型コロナウイルスに対する免疫を持つことができるということなんだそうですよ。

令和 3年2月8日、ファイザー株式会社から承認申請のあったコロナワクチンに対する「特例承認に係る報告書」にも、

本剤は SARS-CoV-2 の全長 S タンパク質をコードする mRNA を有効成分として含有しており、これにより中和抗体の標的である S タンパク質が宿主細胞内で産生される。産生された S タンパク質により液性免疫及び細胞性免疫が惹起されることで、SARS-CoV-2 による感染症の予防効果が期待できると考えられる。

と書かれておりました。

 

スパイクタンパク質はコロナワクチン接種後体に残る?

そのスパイクタンパク質ですが、当初はスパイクタンパク質を産生させるmRNAは数日で体内で分解されるため、体に影響はないといわれていました。

実際、厚生労働省のホームページにも、

mRNAは接種後数日以内に分解され、作られるスパイク蛋白も接種後2週間でなくなると言われています。こうしたmRNAワクチンの機序からは、接種後1年以上が経ってからの副反応は想定されていません。

引用:感染症専門医が解説! 分かってきたワクチンの効果と副反応|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省

とありました。

これを見て私たちは、「厚生労働省が言っているのだから本当だよな。良かった~」と胸をなでおろしていたと思うのですが、しかしここに来て何やら気になる記事を見つけましたので載せておきます。

「新型コロナウイルスのワクチンは、(中略)従来のワクチンとは違って、無毒化したウイルスそのものを使うわけではないうえ、mRNAは体内に数日しか残らず増殖もしないため、遺伝子に影響することはなく比較的安全だといわれています」

しかし、最近の研究では、ウイルスとは関係なくスパイクタンパク質だけでも体にダメージを与えることがわかった

「米国のソーク研究所の報告では、新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を単独で感染させたマウスに、肺と動脈の炎症が確認されたといいます。スパイクタンパク質がいくつものサイトカインを放出し、血管や臓器に炎症を引き起こすと考えられています。新型コロナウイルス感染症でみられる肺炎、心血管障害、脳血管障害、神経疾患、血栓症といった多様な症状は、ヒトの細胞に感染した新型コロナウイルスのスパイクタンパク質によって生じる可能性が高いということです」

となると、新型コロナワクチンにも懸念が生じる。ワクチンはわれわれの体内に人工的にスパイクタンパク質を作り出すからだ。

引用:ワクチンでも作られるスパイクタンパク質が単独で体にダメージを与える可能性(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

もしも、本当に数日でmRNAが分解されるのならば、そこまで懸念する必要はないと思うのですが、もしかして数日で分解されることなく、ずっと体内に残り続ける可能性が否めないということなんでしょうかΣ(゚Д゚)

また上記の記事には他にも、

ワクチンによってスパイクタンパク質が作られる期間は10日前後といわれていますから、新型コロナウイルスに感染するほうがはるかにリスクは高いといえます。また、ワクチンによるスパイクタンパク質はそれほど炎症を生じないとの報告もあります。

とありました。

なるほど、これが本当なら、ワクチンを打ってから10日前後はスパイクタンパク質が産生されているが、ワクチンによるスパイクタンパク質ではそれほど炎症は生じないのですね。

しかし万が一、ワクチンで作られるスパイクタンパク質が血管や臓器に炎症を起こすとなれば、重篤な疾患や全身状態が衰えている高齢者らは、状態が悪化してしまう可能性があります。また、17歳以下の中高生らも、スパイクタンパク質やワクチン成分による臓器へのダメージが後遺症として残ってしまうリスクも否定できません

ん?

となると、スパイクタンパク質が作られている10日前後のあいだに、血管や臓器に炎症を起こしたりするリスクはゼロではないということなんですかね。

これは本当に個人差があるでしょうから、「大丈夫な人は大丈夫」という事になるんでしょうが。

やはり、現時点でも治験段階のワクチンですから、まだまだ分かっていないことがあるのですよね、きっと。

スポンサードリンク

コロナワクチンは動物実験を途中で中止したワクチンって本当?

 

「動物実験を省略した一般向けのワクチンを、他に見たことがありますか」

「動物が死に始めたから動物実験を中止した」

「そして彼らはそのようなものを一般の人間に使おうとしている」

「死者数が増加しているのにも関わらず、それについては完全に無視されている」

 

誰かがこう言ってました。ツイッターだったかな?

「動物は人間より弱いし短命。だから人間と動物を比べるのはおかしい」

と。

しかし、ワクチンや薬剤などのあらゆる実験や検証は、まずは動物実験によって繰り返し行われてきました。

ですから、動物実験を途中で中止したのにもかかわらず、そのようなワクチンを世に出すなど本来ならばあり得ないことなのではないでしょうか。

 

https://twitter.com/marshmallowkick/status/1393050112033624065

「なぜならワクチンの最初のショットがokでも、次に暴露したら(風邪を引いたら)動物はみな病気になってしまったからです」

「彼らは『安全性』『有効性』の両方とも証明することはできませんでした」

 

コロナワクチンは、「特例承認」の名のもとに急遽使用を始めたようですが、通常ならば絶対に承認には至っていなかったでしょうね。

スポンサードリンク

おわりに

本当のところ、スパイクタンパク質はもちろんのこと、コロナワクチンは人体にとって安全なんですか?安全じゃないんですか??

「打ってみなければ分からない」

「ワクチンに副反応はつきもの」

「副反応に個人差があるのは当たり前」

???

そんなに軽い問題なのかな。

2021年2月17日~7月30日までの時点ですでに919名もの人がワクチン接種後に亡くなっています。

 

 

 

 

 

これでもまだ、「個人差」「運が悪かった」として片付けるのですか。

どうか、コロナワクチンが安心安全だという確固たる証拠が研究結果で明らかになり、これ以上苦しむ人が増えませんように。

 

 

 

母親がワクチン副反応で寝込んでます。もう1カ月続いてます接種した病院では、うちでは、どうする事も出来ないといわれました。マスコミ関係の方、どうして、重篤な副反応について報道しないのですか?亡くなった野球選手についても、軽く報じた程度だし。

 

 

 

 

 

母上の知り合いが、2回目打って、その場で気分が悪くなり伝えたけど、様子見てください。自宅で安静にしていても日に日に悪くなり何度も病院 保健所に連絡しても様子見てください。結局意識不明心配停止で救急車で運ばれて亡くなった。娘さんが納得いかず反論しても 因果関係認められない。
あるんだ...

 

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.