世の中のこと

なんと!RCEPが国会で承認。一切テレビで報道しないという怪

こんにちは。

今回は、「なんと!RCEPが国会で承認。一切テレビで報道しないという怪」というテーマについてです。

 

ビックリする情報を見てしまいました。

なんとRCEP(アールセップ)が4月28日国会で承認され、早ければ年末にも発効がされるというではありませんか。

これが承認されたということは、近い将来日本は中国や韓国の思うがままになってしまい、事実上乗っ取られてしまうと言っても過言ではない未来が予想できます。

しかも、このような日本の未来がかかった重大な承認事実を、なぜテレビでは一切報道しないのでしょう。

何も知らず生活をしている日本の方々を見て、背筋が凍るのを感じました。

スポンサードリンク

RCEPが国会で承認されてしまった

2021年4月28日の日本経済新聞記事によれば、

日本、中国、韓国、東南アジア諸国連合(ASEAN)など15カ国が2020年11月に署名した地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が28日午前の参院本会議で承認された。早ければ年末にも発効する見通し

 

協定はASEAN10カ国と、他の5カ国のそれぞれ過半数が国内手続きを終えてから60日後に発効する。
中国とシンガポールは国内手続きを完了している。年内に多くの国が国内手続きを終えるとみられ、早ければ年末ごろに発効する可能性がある。

とのことです。

 

そもそもRCEPとは?

私が日ごろからよく視聴する及川幸久氏の動画で分かりやすく説明してくださっていますが、

RCEPとは、アジアやオセアニア15か国による世界最大の自由貿易圏であり、これを承認すればお互いの国の関税がなくなることはおろか、貿易や情報・データなども自由にやり取りが可能となります。

一見すると、今よりももっと経済的に発展し、お互いがウィンウィンの関係になれると謳われていますが、じつは日本にはなんのメリットもないと言われています。

また、RCEPに参加するということは、これまでの米国依存からアジア協調に軌道変更するという意味でも捉えられます。

 

RCEPが承認されるとどうなるのか?

RCEPは関税削減や知的財産の統一ルールなどを通じて貿易自由化を促進する枠組み。発効すれば参加国全体で工業製品や農林水産品など91%の品目で関税を段階的に撤廃する。日本が適用除外を主張したコメや牛肉・豚肉など重要5品目は関税削減の対象から外れた。
日本にとっては中国、韓国と締結する初の経済連携協定となる。中韓両国は自動車部品などの関税を最長20年程度かけて段階的に撤廃する方針だ。工業製品で無税となる品目の割合は中国が現行の8%から86%、韓国は19%から92%にそれぞれ拡大する。

 

関税だけでなく、自由なデータ流通を保証し、進出国内にサーバーなどの設置を求めることを禁じる内容も盛り込んだ。
日本企業が中国でビッグデータを集める際などに効果がある。

「発効すれば参加国全体で工業製品や農林水産品など91%の品目で関税を段階的に撤廃」

なんということでしょう。

日本が適用除外を主張したコメや牛肉・豚肉など重要5品目は関税削減の対象から外れたとのことですが、じゃあ野菜は?果物は?

※ちなみに重要5品目とは、米・麦・牛肉・豚肉・乳製品・甘味資源作物を指しています。

また、鶏肉と焼き鳥、チキンカツなど半製品として輸入される鶏肉調製品についても関税削減・撤廃から除外したとのことです。

その他、野菜などに関しては以下に分かりやすく書かれていましたので、気になる方はご覧になってみてください↓↓

重要5品目と一部の加工・業務用野菜は「除外」-RCEP協定|ニュース|農政|JAcom 農業協同組合新聞

 

このままでは、中国などから安い農産物が大量に日本に入ってくるだけではなく、スーパーでは食品の「原産国」の表示義務がなくなると言われています(動画のコメント欄からの情報ですので、定かではありません)。

もしもこれが本当だとしたら、私たちが今後買う食品は国産なのか外国産なのか分からなくなる恐れが出てきてしまいます。

また、及川さんがおっしゃるには、これによって日本海側の漁業は壊滅的になるのでは、、、なぜなら中国が狙っているから、とのことでした。

今ですら何かと問題になっていますもんね。

ましてや、世界きっての反日国である中国・韓国と協定を結ぶなんて。

日本人はおとなしい人種ですから、貿易をする際にも気が強いあちら側の言いなりになってしまいそうですね。

輸出型企業である韓国も圧倒的有利に

韓国は様々な商品を作って世界に売り出している国ですが、その商品に必要な高度な部品というのは日本が作っているんです。

これまでは、その部品を韓国が日本から買っていたのですが、RCEPが発効されることによって自由貿易となるわけですから、輸出国家である韓国にとってはかなり有利、ぼろ儲けできるのが目に見えていると言われています。

「工業製品で無税となる品目の割合は中国が現行の8%から86%、韓国は19%から92%にそれぞれ拡大する。」これが何を意味するかです。

 

 

 

 

 

 

こんな重大事実をテレビで一切報道しないという怪

このような重大事実を知ってから、観たくもないテレビをつけて情報番組を観てみましたが、案の定テレビではRCEPについて一切報道されていませんでした。

お得意のスピン報道で国民の関心をそらしている隙に、国民の意見も聞かずこっそり承認してしまったのですね。

2018年に起きた紀州のドンファン不審〇で、元妻が逮捕されたというニュースが最近ありましたが、きっと前々からネタはあがってはいたものの、ここぞとばかりにスピン報道に利用したのでしょう。

⇒報道自由度ランキング2021日本は去年より順位悪し!これでも先進国

スポンサードリンク

おわりに

日本は今後どうなってしまうのでしょう。

テレビ業界や芸能界、政界などは前々から乗っ取られていたと言われていますが、いよいよという気配を感じずにはいられません。

インドはRCEP撤退を表明しています。

理由は、RCEPによって関税が引き下げられると、国内産業が深刻なダメージを追う可能性が否めず、各産業内から反対運動が起こったためです。

日本では、そもそもRCEPについて報道をしてくれないため何も知らない日本人が大勢いすぎて、反対運動を起こすことすらもできずにいます。

ひどい話ですね。

もう成す術はないのでしょうか。

もちろん、なかにはRCEPに賛成の方もいるかも?しれませんが、私は日本の未来が心配です。

⇒日本乗っ取り計画が水面下で可決?多文化共生社会基本法案反対!

⇒マスゴミの実体がトレンド入りに?偏向報道がなされる驚きの理由とは

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.