芸能 芸能人

シャーマン神人さんの貴重なお言葉。洗脳装置から解かれなければ終わる

こんにちは。

今回は、「シャーマン神人さんの貴重なお言葉。洗脳装置から解かれなければ終わる」というテーマについてです。

 

少し前の記事で、シャーマン神人さんに届いた三浦春馬さんと竹内結子さんからのメッセージについてご紹介させていただきました。

とても核心に迫るような内容だったんですが、シャーマン神人さんのお言葉を遡って見ておりますと、まさに今の世の中を表し警告しているかのようなお言葉がたくさん見つかりましたので、皆さまにもご紹介したいと思います。

シャーマン神人さんからのお言葉

シャーマン神人さんに届いた、三浦春馬さんと竹内結子さんからのメッセージ内容については、こちらをご覧ください。

⇒シャーマン神人さんに三浦春馬さんと竹内結子さんからメッセージあり

 

今回、たった2ヶ月のあいだに芸能人の方が4人も不審〇で亡くなっています。

世間では、いずれも自〇だと報道され一般視聴者の頭には「あの人たちは自〇したんだ~」という意識が残ってしまっていますが、これは印象操作が大きく働いているような気がいたします。

テレビが「自〇」だと言えば、世間は何の疑いもなく信じてしまう世の中なのです。

はじめに植え付けられた情報というのは、いつまでも強烈に頭に残りますしね。

 

ではここで、シャーマン神人さんのお言葉を一部ご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり「悪魔」は存在しているようです。

私たち一般人が知りえていなかっただけで、闇は相当深いものだと思われます。

⇒三浦春馬さんの顔の痣は見間違い?カネ恋撮影中にできたか考えてみた

 

スポンサードリンク

 

私たちは洗脳装置から解かれなければ終わる

なぜ私たちが、今まで「闇」や「悪魔」の存在に気が付かなかったのか?

それは、メディアを鵜呑みにし洗脳装置に掛けられていたからだといえます。

 

我が国は、あきれるほどに平和ボケしてしまっていて、頭の中がお花畑状態になってしまっています。

ある意味とても幸せなことなのかもしれませんが、それでは相手や組織の思うツボだということに、1人でも多くの方が早く気がつかなくてはならないのです。

 

かくいう私も、これまで我が国は自由で平和な国だと思っていました。

この国に生まれて良かった~、なんて思っていました。

しかし、今回三浦春馬さんが急死されたことをきっかけに、とんでもない現実をまざまざと見せつけられました。

テレビ業界、マスコミ、芸能界がどんな世界だったのか。

私のなかの憧れや幸福感がバラバラと崩れ去り、180度見る目が変わってしまいました。

「悪魔」や「闇」は、私たち一般人には権力もお金もないから『無力な者たち』だと嘲笑っているかもしれませんね。

 

 

⇒ガスライティングの解決方法は?おぞましい手口と目的についても

 

悔しいですね。

しかし、私たちには圧倒的な人数がいます。

また一昔前とは違い、ネット環境も当たり前になり情報が共有しやすくなったという強みもあります。

たとえ小さな蟻でも、一匹では太刀打ちできなくとも、何千匹何万匹と束になれば大きなゾウをも倒せるかもしれないのです。

 

シャーマン神人さんもおっしゃっておられますが、2020年は世界(地球)が「二極化」していく年であり、それは3月20日の春分の日から本格的に始まり、8月末にかけて大きく起こっていました。

二極化についての詳しいことはまたいつか記事に書かせていただきますが、簡単にいいますと「ポジティブな波動(善)の地球」と「ネガティブな波動(悪)の地球」に分かれていくことになります。

三浦春馬さんの今回のことも、国民が目覚めるきっかけだったと思えてなりません。

我が国はもとより、地球のアセンションのために命を懸けて動いてくださったのですから。

⇒スターシードの芸能人は?三浦春馬さんは宇宙からの使いだったのか

 

今、多くの人が疑問を持ち、そして立ち上がろうとしています。

私たちは、そろそろぬるま湯から出なくてはなりませんね。

⇒三浦春馬さんの訃報に関する不審点は?疑問や納得できない点について

⇒三浦春馬さんは〇〇と闘っていた?生前残したダイイングメッセージ

スポンサードリンク

-芸能, 芸能人

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.