豆知識

アドレスホッパーの住所や持ち物は?税金はどうしてる?謎の生活紹介

アドレスホッパーという言葉は、今までは聞き慣れない言葉でした。

しかし最近では、アドレスホッパーというライフスタイルを、あえて選ぶ人が増えているそうですよ。

そもそも、アドレスホッパーって一体どういう人たちのことを言うのでしょうか?

また、住所や持ち物、税金など謎な部分がたくさんありますよね。

 

そこで今回は、アドレスホッパーとして実際に生活している人たちの実態についてお伝えします。

【アドレスホッパーとは?】

アドレスホッパーとは、「定住を持たないで、毎日泊まる場所を変え転々とする」人たちのことをいいます。

 

アドレス(住所)+ホッパー(次々と変える)。

まさにその通りの名前ですね。

 

テレビの取材を受けていた男性は、以前はアパートに住んでいたんですが、日にちに換算すると1日2000円ほど家賃を払っていることに。

もともと週末には家を空けることが多く、「なんで家にいないのに、2000円も払わなくてはいけないんだろう」という疑問が生じたのが、アドレスホッパーになるきっかけだったそうですよ。

たしかに賃貸の場合、日払いとして計算してみたら、旅行や帰省で家を空けている間も払い続けるってことですもんね。

なるほど~、そんな風に一度も考えたことがなかったので、妙に感心してしまいました。

 

泊まる場所は、その日の会社終わりにスマホで宿を検索し、1泊2000~3000円ほどのゲストハウスやカプセルホテルなどに泊まります。

ギリギリの時間に検索して探した方が、さらに割り引いて安くなっている宿が多いんだそうですよ。

どうしても探せなかった場合や週末は、友人宅に泊めてもらうことも。

その時は、夕飯をおごることにしているそうです。

 

【アドレスホッパーの住所や住民票は?】

アドレスホッパーには、当然決まった住所がありません。

そのため、多くが実家に住民票を置いているんだそうです。

もし実家がない人なんかは、どうするんでしょうね?

実家があるからこそできることなのかな!?

自分1人の力でアドレスホッパーをしていくのは、ちょっと厳しいのかもしれませんね。

 

【アドレスホッパーは税金を納めているのか?】

決まった住所がないというだけで、ちゃんと社会人として働いている人が多いため、しっかりと納税はしているそうです。

 

【アドレスホッパーの持ち物や洗濯は?】

毎晩毎晩泊まる場所が違うとなると、そのたびに荷物一式を持って移動しなくてはならないし、洗濯も困っちゃいますよね。

アドレスホッパーの人たちは、持ち物や洗濯を一体どうしているんでしょうか?

 

取材を受けていた男性のリュックの中身ですが、

・ヘアワックス

・ひげそり

・歯磨きセット

・タオル

・パスポート

・充電器

・Tシャツ、短パン

・本

普段は、これだけしか持ち歩かないそうです。

少なすぎ!!

 

平日は会社勤めでスーツしか着ないので、週末用の普段着などは会社に保管しているんだとか。

じゃあ、スーツは毎日同じのを着ているのか?

これは、毎日出勤前にクリーニング屋に寄り、カッターシャツのみを毎日洗濯に出し、その場で着替えてから出勤するんだそうですよ。

もちろん、下着も毎日洗うとのこと。

ほお~、まさに新人類の生活スタイル!

 

【アドレスホッパーは郵便物をどうしているのか?】

特定の住所や家がないアドレスホッパーは、自分の郵便物を一体どうしているのでしょうか?

取材を受けていた方は、郵便局の窓口で受け取ることのできる「郵便局留め」を利用しており、何か大事なものが届いていないかこまめにチェックしに行くとおっしゃっていました。

※郵便局留めとは、差出人が宛先として書いた郵便局で受け取ることのできる郵便制度のこと。

これを利用すれば、実家からの荷物やネットで注文した商品なども受け取れるってことですかね!?

決まった住所がなくても、こんなことができちゃうのか。

あ、実家に住民票があるからできるわけですね!

 

【アドレスホッパーのメリット】

アドレスホッパーの最大のメリットといえば、やはり無駄な出費が抑えられるところでしょうか。

取材の男性の1か月の生活費ですが、民泊・家賃代は以前より1万円安くなり、クリーニング代は5千円ほどかかるものの、何といっても水道光熱費がタダになったと言っていました。

水道光熱費がタダって大きいですよね。

また、利便性も考えて泊まれば、交通費も以前より安く済みます。

浮いたお金で、週末旅に出るなり貯金するなど、楽しみの幅も広がりそうですね。

 

【アドレスホッパーのデメリット】

では、逆にアドレスホッパーのデメリットには何があるのでしょうか?

これは、決まった住居がない・毎日寝泊りする場所が変わるので、気が落ち着かない。というところでしょうか?

しかしこれに関しては、自分は無理だと思った人は最初からアドレスホッパーの生活を選ばないと思うので、デメリットとも言えないと思うのですが^^;

 

実際にアドレスホッパーの人たちは、「毎日違う空間や人と関われることが楽しい」と言っていたので、むしろストレスフリーなんだと思われます。

 

しかし、ちょっとした風邪くらいならいいと思いますが、例えば寝込むくらいの病気になった場合は、さすがに転々とすることは不可能なんじゃないかと。

健康な体あってのアドレスホッパーなのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

 

【おわりに】

以上、徐々に増えつつある!?アドレスホッパーの実態をご紹介しました。

縛られることなく、自由に選択して生活していくという点では羨ましいなあと思いましたよ。

 

でも、私はやっぱり1人になれる場所がほしいかな^^;

まあ、寝る場所は仕切られてるでしょうけど、すぐ隣に知らない人がいると思ったら、気を遣って眠れない・・。

 

そういう風に思うことがないから、アドレスホッパーとして楽しめるんでしょうね!

結婚したら、さすがに定住するのかな!?

以上、アドレスホッパーの実態についてお伝えしました。

⇒【初耳学】知りたくない人は閲覧注意!驚愕のタブー初耳学!!

 

スポンサードリンク

-豆知識

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.