世の中のこと

児童手当が18歳まで月1万円支給?裏では国民負担増のカラクリ

こんにちは。

今回は、「児童手当が18歳まで月1万円支給?裏では国民負担増のカラクリ」というテーマについてです。

 

2023年5月23日、政府は児童手当について、これまで中学生までだった対象を新たに18歳までに拡大し、月1万円を支給する方向で調整に入ったことを政府関係者が明らかにしました。

一見聞こえはいいですが、しかしその財源って私達国民が負担して捻出する形になるので、結局は負担増になることが目に見えています。

なぜ無駄を省かず、国民から徴収することばかり考えるのか。

異次元の少子化対策、ある意味本当に異次元ですね。

スポンサーリンク

児童手当が18歳まで月1万円支給?

岸田文雄首相が掲げる「異次元の少子化対策」を巡り、政府は児童手当について、新たに18歳まで月1万円を支給する方向で調整に入った。現在は中学生までとなっている支給対象を拡大する。政府関係者が23日、明らかにした。

(中略)3歳~小学生の第3子以降については、現在の月1万5000円から3万円に倍増することを検討しているほか、所得制限の撤廃も実施する方向だ。

配信記事

引用:児童手当、18歳まで月1万円支給 対象を拡大 政府方針(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

児童手当が支給されるかわりに、扶養控除がなくなり、財源確保の為に社会保険料が上がります。

いい方向に全くなってないんだけど、これを異次元と言うのかな。

 

子供手当の為に社会保険料が上がるなどと言ってましたが。

増税は反発が大きいから、社会保険料あげるとか意味が分からない。

社会保険料だって反発は大きいよ。

高校無償化、大学無償化の話だって所得制限があるし、異次元の少子化対策は高所得者にはかなり厳しいものだと思う。

お金を回収するのも、お金を配るのも、平等で無いと誰も納得しないと思う。

 

社会保険料から取るのでなく、今の財源で無駄遣いしているところを掘り出して少子化対策にあてるようにしてほしい。なぜ社会保険料に着目するのか。海外への莫大な支援をするお金があるのだから海外の支援をしないというわけではなく、各省庁で余っているお金を見直すことで対処できると思う。政府は財源の見直しをどれだけしているだろうか。国民から取ることばかり考えていても国民は参ってしまいます。

 

大学生2人の親です。

児童手当も医療費の補助も全て所得制限のためもらうことができず、それでも子供たちの塾代や学費のために、節約でカバーできるレベルではないため、子供に留守番させたり、夕食が遅くなっても、共働きでフルタイムでやってきました、そして、いまも必死で働いています。

補助の必要性は理解できますが、その費用を誰が負担するのか…と、疑問に思います。恩恵は全くない世代がただただ負担を強いられている…そんなやりきれない気持ちです。どうか財源をどうするか…キチンと考えていただきたいです。

 

違いますって。

子供は大きくなるほどお金がかかるのに、何で1番お金のかからない3歳未満が1.5万円で、それ以外が1万円なのか。

医療費だって未就学は無料としている自治体も多い。

異次元というなら、未就学2万小学3万中学4万高校5万とか、対象を拡大させた上で増額するとか。

消費税増額分で年季生活者支援給付金に数千億円使っている場合じゃないでしょ。 何のために消費税を10%にしたのか。

いい加減税金の使い方を改めて下さい。

 

児童手当ばかりではなく、それを支える中堅世代にも、安心して暮らせていけるような制度を整えて下さい。子供は本当に大切です。少子化少子化と言うけれど、このような社会を作ってしまったのは、日本の責任です。国を守り、支える役割を任せてもらえている議員さんが、もっともっとしっかりと体制を整え直し、住みやすく、税の負担も我等から徴収しなくてもやっていける国作りをお願いします。

 

「少子化対策」ではなく「子育て対策」になっていると思います。

政府の案を聞いて「それでなら結婚して子どもを作ろう」と思う人が どのぐらいいるのでしょうか?

しかも財源を若い人たちの社会保険料から徴収するというのなら ますます国民負担率は上昇します。直近の国民負担率は47.5%ですよ!

さらに扶養控除をこれまで以上に廃止するなら、ただの目くらましです。

最も有効な子育て対策は、経済を良くして実質給料を上げて 若い人たちが安心して結婚して子育てができる環境にすることだと思います。

 

私は既婚者で子供は居ません。月に1万円。年間で12万円。それで子供を作りますかとはならない。個人的にですがそもそもこの政策って今やる事かなって思います。今を生きる人が苦しい生活を強いられている。そこに更に増税とか正気の沙汰とは思えない。一般国民の生活状況なんて理解してないだろうけど。無駄に居る国会議員やその関係者を削減し文通費は削除、給料やボーナスも見直す。これだけでかなりの財源が確保出来ると思う。文通費なんて特に要らない。国民は貴方達が個人的に自由に使える財源を作る為に高い税金を納めている訳ではない。自分達の懐は傷めずに国民にしわ寄せをする。人口なんて国や国民が裕福になれば自然と増えると思う。この政策が国民が裕福になる政策だとは思えない。寧ろ苦しめる政策だと思う。未来も大事だが今を生きる国民に目を向けて国民の声を聞いてほしい。

「人口なんて国や国民が裕福になれば自然と増えると思う」

本当に。改めてそう思いました。

裏では国民負担増のカラクリ

児童手当が拡大されて18歳まで月1万円支給と聞くと、一見聞こえが良いようにも感じますが、その裏にはカラクリがあって結局少子化対策の財源は私達国民が負担を負うことになるようです。

例えば↓↓

少子化対策財源は社会保険料引き上げで調整

政府は22日、「次元の異なる少子化対策」について話し合う「こども未来戦略会議」(議長・岸田首相)の4回目の会合を首相官邸で開き、財源確保策の議論を行った。

(中略)政府は2026年度にも社会保険料を引き上げる方向で調整している。

(中略)社会保険料の引き上げでは、主に医療保険料を対象にする案が有力だ。

配信記事

引用:少子化対策財源、社会保険料2026年度にも引き上げ…増税は「理解得にくい」と見送り(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

16~18歳適用の扶養控除見直し案浮上

少子化対策で政府が目玉と位置づける児童手当の拡充を巡り、18歳まで支給を延長した場合、現行制度で16~18歳に適用されている「扶養控除」を見直す案が政府内で浮上していることが22日、政府関係者への取材で明らかになった。

配信記事

引用:扶養控除見直し案浮上 18歳まで児童手当拡充の場合 少子化対策(毎日新聞) - Yahoo!ニュース

出産育児一時金の財源の一部を後期高齢者医療制度から負担する仕組み導入

(前略)年金収入が153万円を超える75歳以上の保険料を収入に応じて引き上げ、年間上限額も66万円から80万円に見直す。また、子どもが生まれたときに支給する「出産育児一時金」の財源の一部を後期高齢者医療制度から負担する仕組みも導入する。

※4/13(木) 13:36配信記事

引用:健康保険法改正案が衆院通過 75歳保険料引き上げ(時事通信) - Yahoo!ニュース

などなど。

岸田首相は「増税は理解が得られにくい」として、代わりに社会保険料を引き上げることにしたようですが、どっちでも負担は同じだわ!!!と思いました。

 

またコメントにもありましたが、たしかに乳幼児の子どもはそこまでお金かからないです(実際の経験より)。

食べる量も少ないし、オムツ代ミルク代その他のケア用品なんて知れたものです。

未就学児も医療費は無料の自治体がほとんどですから、よく熱を出す年代と言っても金銭的な負担はそこまでないと思われます。

子どもが熱を出して仕事を休まなくてはならず、その分給料が減ると言っても正直たかが知れています。

節約すれば何とかなるレベルです。

私には現在高校生と社会人の子ども(息子)がいますが、ハッキリ言ってお金がべらぼうにかかるようになるのは中学生以降です。

我が家の場合、

塾代(月3~5万、夏期講習等は10万前後、その他テキスト代など)、部活費用(ユニフォーム代、用品代、遠征費など)、食費(成長期男子の食欲を侮るな)、交遊費、スマホ代などなど。

ちなみに米は、現在社会人の息子がまだ家に居た時は、家族4人で月に20kgほどでした。15kgでは足らなかったです。

ほかにも、通学手段によっては定期券代などの交通費(鉄道によってはかなりの痛手、ちなみに我が家は半年で6万超え)、あとは何と言っても大学に関わる費用が恐ろしいほどかかりますよね。

乳幼児の頃とは、かかる費用の桁が違ってきます。

それなのに、なぜお金がかかる中学生以降の手当てが乳幼児より少ないのかなと疑問に感じました(現在の支給額は所得制限の対象となる世帯を除き、0~2歳が一律月1万5000円。3歳~小学生は、第1、2子が1万円、第3子以降が月1万5000円)。

あ、異次元の少子化対策だからか。

そしてお得意の「所得制限」。

うちはたいてい補助の対象に入らないことがほとんどです。

裕福かと言うと、まったくもって裕福ではなく毎月カッツカツです。

何故なら、ア〇みたいに高い税金を払っているから。

それなのに総支給額だけで補助の対象外にさせられ、ア〇みたいに高い税金を必死に納め続けているのに何の恩恵も受けられないなんて。

補助を受けているご家庭のなかには、大きなファミリーカーに乗っていて「北海道旅行行ってきた!」などと優雅に暮らしている人もいます(シングルマザー、子供二人、内縁の夫あり。籍は入れていないので母子家庭及び低所得世帯として様々な補助を受けている)。

うちは旅行なんて、近場にキャンプに行くか遠方の義実家に帰省する時が唯一の旅行ですよ。

ついつい愚痴を言ってしまいましたが、私の年代に限らず納得のいっていない人達は大勢いるのではないでしょうか。

これ以上私達の負担を増やすのではなく、無駄を省くことと海外にばら撒くお金を社会保障の財源に回してください。お願いします。

以上、個人的意見でした。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.