世の中のこと

都医師会尾崎会長が5類引き下げ後もワクチン推奨?WHOの発表と真逆

こんにちは。

今回は、「都医師会尾崎会長が5類引き下げ後もワクチン推奨?WHOの発表と真逆」というテーマについてです。

 

東京都医師会は2023年4月11日、新型コロナウイルスの5類移行を5月8日に控え都内で定例記者会見を行いました。

尾崎治夫会長は、5類移行後のコロナ対策のポイントとして「若い人も打っていないと後遺症が出やすいので3回目打ってない人は是非打ってほしい」「高齢者・重症化しやすい人・医療従事者は6回目接種が始まるのでちゃんと受けることが大事」だと言及しました。

つい先日、WHOが健康な成人やすべての子どもは2回目以降の接種を推奨しないと発表したばかりでしたが、双方で言っていることが180度違いますね。

とても重要なことなのに、なぜこんなにも言っていることが違うのでしょうか。

スポンサーリンク

都医師会尾崎会長が5類引き下げ後もワクチン推奨?

新型コロナウイルスの5類移行を5月8日に控え、東京都医師会は11日、都内で定例記者会見を行った。

尾崎治夫会長は、5類移行後のコロナ対策のポイントを「まず、高齢者と重症化しやすい方を守る対策。若い方は重症化しないと言われていますけど、いろいろな報告で2割~2割5分程度、2カ月以上の後遺症が残る方がいますのでそういった後遺症の問題」と挙げる。

(中略)「若い方でワクチンを打っていない方は後遺症が出やすい、打っている方は出にくいとも言われていますので、まだ3回目の追加接種を打たれていない方はこの機会にぜひ打っていただきたいと思います。5月8日からは高齢者、重症化しやすい方、医療・介護従事者の6回目接種が始まりますのできちんと受けていただくことが大事」と言及。

配信記事

引用:都医師会・尾﨑会長、5類移行後「 “自分がうつっても他の人にはうつさない” という姿勢を持って」(TOKYO HEADLINE WEB) - Yahoo!ニュース

今後は、

「“自分がうつったとしても他の人にはうつさない” という姿勢を持っていただかないと感染拡大が起きますので、一人ひとりが今までに増してご自分で注意していく姿勢を取っていただければ」

としています。

ヤフコメの反応は?

上記の話題に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

2022年の12月末、第八波と騒いでいたころ、医師会のご老人たち300人がホテルに集まって、飲食を伴う大宴会をやっていたではないですか。参加者がSNSにアップしている写真を見ましたけど、誰もマスク会食などせず、ノーマスクで近距離で会話しながら料理やお酒を楽しんでいたのに何を今更。医師会のご老人たちは本気でコロナなど恐れていないのがよくわかりますよね。それなのに、若者にこれ以上制限求めたり、死亡者も多く出ているワクチンを打たせるような発言はしないでください。

 

WHO厚労省がアレでも、せめて最後の防波堤になるべき医師会や末端の医者までもがいまだにワクチン推奨してるって絶望的。ごく一部にワクチンの危険性訴えてる良心的な医者がいるにはいるけど、大半が接種券持ってきたら自動的に打ってるから怖い。これでは5月のジジババ接種も止められない。

 

>打っている方は出にくいとも言われていますので

何処の誰が言ってんだ?

大体、最初ワクチンは感染予防の筈だったのでは?

それがいつ間にか重症化の予防に変わって、今度は後遺症の予防ですか。

回数だって最初は2回打てば良いから始まって、3回になり4回になり5回になり……。

一体何のために何回打てば良いんだ?

この1.2年で日本だけじゃなくて世界中の沢山の人がワクチンを打ってんだから、

その結果どう言う効果があったかのデータなんて山の様にあるはずでしょ。

国から金もらってんでしょ?それ調べるくらいの仕事はしてくれよ。

 

ワクチンに効果があると「思われる」「期待される」って何なんですかねぇ?

新型コロナが広がり始めてもう三年が経ちますけど、ワクチンもマスクも効果が無いからこんなに感染が広がったんでしょう?

100兆円規模で予算を使っておいて未だに検証もフィードバックもせず、医者の肩書きを持つ人が、未だに根拠のない個人的な感想を発信するんですか?

いい加減にして頂きたい!

 

ここまでワクチンによる死亡者と後遺症で苦しむ人が出ていることと、そもそものワクチンに反対者も結構いる中、一刻も早く無料で接種は止めるべきだと思う。

何故反対者の税金までも使って医者が儲かる仕組みで健康な人達にまで打たせなければならないのか。

打ちたい人はお金を払って、打たせたい医者も自らお金を払い仕入れて接種したら良い。

これ以上税金を使うのは許されないフェーズに来ていてると思う。

 

え?自分を守らず赤の他人を守れってまだ言うの?

医者として免疫力って言葉をどう考えてますか?確かに高齢者にはあまり移したくはないが、特に子供たちって風邪ひきながら成長していくものですよね?

潔癖症みたいに消毒液やらばかり使って人との触れ合いをせずに毎日過ごすことはもはや

デメリットもあるとわかったでしょう?

自分が、感染したくないなら自分で予防すればいい話でしょ.赤の他人にそれをうつすうつさないまで考える必要ないです。

そもそも自分が予防してれば間接的に他人への予防にもなってるでしょうし。

もう過剰な対策は推奨しないで頂きたいです。

 

病院に行くか行かないか、検査をするかしないか、ただそれだけのことです。山梨の役場は職員の4分の1が感染とのことですが、役場は仕方なくあぶり出し検査をしているだけです。これだけ陽性者が居れば、民間企業も「陽性者は」そう違わないでしょう。

市民としてはいちいち病院に行く人さえ少数になっていますし、そもそも病院もいちいち検査をしない。

でも社会に何か影響出て居ますか?マスコミに煽られて意味の無い陽性者あぶり出しをやっていただけだったのです。

症状があれば休む。それだけで十分と言うことです。

 

感染するかしないかが努力でどうにかなるならもう終息している。

どうにもならないことはどうにもならない。

誰が感染させても、しても、それの責任を問うたら社会が回らなくなる。

なぜ専門家はそれが理解できないのか。

社会知が欠如していると言わざるを得ない。

 

そんなこと言ってたら、永遠に感染対策しなきゃならないよ。

コロナは消滅しない訳だし。

それに5類に移行するのは、感染体躯をしなくて良かった、コロナ前の生活に戻すという政府のメッセージでしょ。

5類に移行すれば、誰もコロナを気にしなくなる。

感染者数公表は1週間ごと、さらに死亡者数公表は1~2ヶ月に1度になるからね。

毎日毎日、公表されてるからこそ刷り込みで恐怖を抱いたり、気にしたりする人もいるけど、それが毎日じゃなくたまに公表程度ではね。

いずれにしても、物価高・少子化・世界的な景気後退と、コロナどころの騒ぎではない、一刻も早くコロナ禍を終わらせるべき。

 

あれ?確かWHOが「健康な人の追加接種は推奨しない」って発表しませんでしたっけ?

マスクしても行動制限しても流行ることはこの3年で十分に分かったはず。毎朝体温測って報告したりみんなでマスクすることはもう無意味です。時代を戻すような発言は止めていただきたい。医師会がそういうスタンスだから、「個人判断」と言われながらも学校も会社もマスク不要を打ち出しづらいんです。

「体調が悪いひとはちゃんと休みましょう」だけで十分です。

WHOの発表と真逆。なぜこんなにも違うのか

冒頭でも少し言いましたが、先日WHOは「健康な成人とすべての子どもには2回目以降のワクチン接種を推奨しない」と発表しました。

となると、尾崎氏が言っている「若者も是非3回目の接種を」「高齢者・重症化しやすい人・医療従事者は6回目接種をちゃんと受けて」というのは、高齢者はともかくとして、そのほかはWHOとはまったく違った内容の発言だということになりますよね。

これに対しては、案の定不信感を露にする意見が寄せられていましたよ。

WHOがワクチンを推奨しないとわざわざ言い出したのはよほどの事実を知ったからだと思われるのですが、あなたがワクチンを推奨するならWHOの見解を丁寧に否定したうえで奨めないとダメだろ。やみくもに奨めて数年、数十年後の責任とれるんか?

またコメントにもありましたが、都医師会が300人規模でしかもコンパニオンも呼んで大忘年会を開いていたということも、以前ニュース記事になっていましたね。

大忘年会に参加していた先生方も、5類引き下げ後は

“自分がうつったとしても他の人にはうつさない” という姿勢を持っていただかないと感染拡大が起きますので、一人ひとりが今までに増してご自分で注意していく姿勢を取る

のでしょうかね。

いやはや、それにしても日本って本当に大変な国ですね。

一体、何に怯えて何と戦っているの!?

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.