世の中のこと

イナゴとコオロギの違いは?見た目も生態も全く違った!コオロギ食に疑問

こんにちは。

今回は、「イナゴとコオロギの違いは?見た目も生態も全く違った!コオロギ食に疑問」というテーマについてです。

 

最近、あちらこちらでコオロギ食を推奨する話題が聞かれるようになりました。

近々学校の給食にまで取り入れる話も!?

近い将来の食糧難に備えてのことみたいですが、日本では昔からイナゴや蜂の子を食べる地域がありますから、イナゴなどではダメなのか?

コオロギってそんなに優れた食料なのかなと思って調べてみたところ、疑問に思うことが出てきましたのでお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

イナゴとコオロギの違いは?見た目も生態も全く違った!

以前、コオロギ食については記事を書かせていただきました。

じわじわと流行りつつあるようですね、、、

そもそも、イナゴとコオロギの違いは何なのでしょう。

それは、どうやら食べるものに大きな違いがあるようです。

コオロギ↓↓

(前略)完全な草食や肉食もいるが、ほとんどが雑食で、植物質の他にも小動物の死骸などを食べる。小さな昆虫を捕食するほか、動物性の餌が長らく手に入らなかったり、脱皮中で動けなかったりしていて同種個体と遭遇した場合、共食いをすることもある。

東南アジアでは食用として、各種のコオロギが市場で大量に売られている。一方、大型種は食用や民間療法の薬として利用されることもある。

(中略)プロテイン・バーの原料になるようにタンパク質が豊富である。タンパク質の量は、コオロギ(生)に100gあたり20g(重量の20%がタンパク質)、乾燥粉末のコオロギパウダーに100gあたり50~70gのタンパク質(重量の50~70%がタンパク質)が含まれている。

引用:コオロギ - Wikipedia

イナゴ↓↓

(前略)日本では稲を食べる害虫とされると同時に水田から得られる重要なタンパク源として扱われ、多くの地域で食用とされた。

イナゴは、昔から内陸部の稲作民族に不足がちになるタンパク質・カルシウムの補給源として利用された。太平洋戦争中や終戦直後の食糧難の時代を生きた世代には、イナゴを食べて飢えをしのいだ体験を持つ者も多い。

(中略)昆虫食の1つとしてイナゴを食べる民族は多く、アフリカ、中東、アジアなど幅広い地域で食べられてきた。

引用:イナゴ - Wikipedia

どちらもタンパク質は多いようですが、コオロギは雑食で植物のほかに動物の死骸や小さな昆虫、ときには共食いをすることもあるみたいですね。

一方イナゴは、稲を食べるとのこと。

それだけを聞くと、イナゴのほうが中身もキレイな虫のように感じますね。

また、見た目も大きく違います。

コオロギ↓↓

イナゴ↓↓

コオロギは実際に見たことがある人が多いと思いますが、黒い色をしていて触角が長いのが印象的です。

対してイナゴは、私は佃煮しか見たことがなかったのでイナゴも黒い虫だと思っていたのですが、イナゴは緑っぽい色をしているのですね。

コオロギ食に疑問

ここまで見てみて、そもそも根本的な所から言うとなぜ昆虫食をこんなにも推奨されなければならないのかが疑問になってくるのですが、それを抜きにしてみてもコオロギとイナゴでは、どう考えてもイナゴの方がキレイな虫だと思いました。

きっと、「食用のコオロギ」ですと雑食ではなくキレイな餌を与えられるんでしょうが、しかしキレイな餌を与えられていたかなんて、食べ物に入れられてしまったら確認の仕様がありませんよね。

それに、昔の人は栄養を摂るためにイナゴや蜂の子を食べていたそうですが、コオロギは食べる習慣がなかったというのは、日本人の体には合わないということなのかなとも思いました。

世界にはわざと食糧難を引き起こし昆虫食に移行させようとしている連中がいる、と思わないまでも、さすがに昆虫食キャンペーンは異常だと感じる人々は多いようです。おもしろいコオロギ情報がありました。漢方の見地ではコオロギは「微毒」とされるようです。漢方医学大辞典には「古来より食用にしてきたイナゴ、蜂の子、オケラ等には毒という記載はありません。」だそうです。

(中略)最後に、昔を知る方の証言で「昔田舎ではイナゴを食べとったよ。あれは食える。稲とかきれいなとこにおったからな。コオロギは食う気せん。肥(こえ)とか汚いところにおったからな」
なぜわざわざコオロギを推進するのか、逆に納得します。

引用:[昆虫食] 漢方ではイナゴは「無毒」、コオロギは「微毒」、実際にコオロギを飼育するのはサスティナブルでもなく衛生的でもない - シャンティ・フーラの時事ブログ

この先いよいよコオロギ食が流行りだしても、私は遠慮させていただきます。

それにしても給食なんかに取り入れられてしまったら、子供たちは逃れることができませんね汗

早くも取り入れている学校もあるようですから、親御さんは本当に次から次へと気が滅入りそうです。

今後の動きにも注目していきたいと思います。

では今回はこのへんで。

<追記>

内閣府が、コオロギに関しての注意喚起をひっそりと掲載していました!

やはり危険なようです。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.