世の中のこと 芸能 芸能人

ある靈人とシャーマン神人さんとの対話。名前は載せません

こんにちは。

今回は、「ある靈人とシャーマン神人さんとの対話。名前は載せません」というテーマについてです。

 

2022年2月12日、シャーマンである神人さんがある靈人との対話文をFacebookに載せてくださっていました。

神人さんは文の締めくくりとして、「web上にてご本人の名前を出してご紹介なされるようなことは、決してなされないで下さい。」と書かれていましたので、名前は一切出しません。

どなたかは察してください。

私は、ご本人の名前を出して紹介しないのであれば、この対話文を紹介してもいいのではないかと思ったことと、内容を読んでこちらの靈人が、一人でも多くの人に知ってもらいたいのではないかと感じましたので、今回はお知らせする判断に至りました。

シャーマン神人様、もしもこのような形でもいけなかった場合はご連絡ください。

即削除致します。

スポンサードリンク

ある靈人とシャーマン神人さんとの対話。

実際の文章を見たいという方は、こちらに掲載されていますのでご覧になってください。

⇒神人(かみひと)

では、以下がある靈人とシャーマン神人さんとの対話です。

【神人靈媒日記 2022.2.12】〜靈人との対話/侍となった靈人〜
靈人: 自分がなぜ殺されたかってことに関しては、一番知ってもらいたいことではありますが、人が信じるか信じないじゃなくて、事実は事実として理解してもらいたいのです。自殺に見せ掛けた凶悪犯罪です。芸能界にはそんな話がたくさんあるんです。日本だけじゃないです。何故なら世界的組織が関わってくる話なんです。陰謀論と笑い話に済ませてはいけません。真剣に向き合わない人が多いからこそ、解決出来ないできたのですから、みんなが理解を深め警察を動かさなければならないんです。闇から闇へ葬られている人や、あちこちに売り飛ばされている人、大人になることを許されず命を奪われてゆく人、たくさんいる現状から目を背けてもらいたくないんです。
僕は自分に権力と財力、知力があるならば、可哀想な状況下にある人々を救いたいです。どうしたらいいか分からないままもがき続けましたが、人は知ることから変わります。何度も葛藤を繰り返しながら行動へと向かうのです。何が出来る?と虚しさに押し潰されそうになっても、何か出来る筈だという信念さえ手放さなければ、人は救世主チームになれると思います。
悪魔は存在します。非人道的な行為を無感情で出来る人々です。彼等は何故そんな非道なことをするのだろうか?何度も考えましたが、答えは、そういう人間だとしか言えません。価値観が異なるのです。だからこそ、そのような人間たちから命を守らなければならないと言えます。無闇に人を信じてはならない。人を信じる上で、自分に都合の良いことばかりで決めつけない。それは自分勝手な妄想に過ぎない。
僕は、分かってもらいたい。何が大切なのか?人にとって一番大切なものは、人としての愛を失わないことです。それは命を大切にしながら生きるということです。偉そうに言って申し訳ないですが、当たり前という価値観が崩壊させられているんです。僕は芸能人をやってたから、チャラい男に思われましたが、僕が武士だったら違う扱われ方だったでしょう。人は肩書きで判断し易いものです。僕は女性に人気がありましたが、女性にモテたいと思って生きていたわけでありません。僕は僕を表現し生きてゆきたかっただけです。その方法が今生は芸能人だったということなんです。有名人となったがゆえに得られたメリット、そしてデメリット。それらも全て感謝しています。有名人だったが故に殺されたという因果です。影響力があるから、発信力があるから、口封じに殺されたということです。だから、因果関係すべて今は理解がなされています。悔いはありません。綺麗に散った!という印象です。こうして、発信させてもらえる機会を頂けたことも、すべてはお計らいであると感謝しています。人は何を信じて生きても許されます。だから、僕は僕の思いを伝えるだけです与えられた可能性の枠の中で、精一杯あなたに届けるだけです。分かる人には、分かるでしょう。僕の気持ちが。
最後にこうして付き合って下さったタケさんこと神人さん、僕を受け入れて下さり本当にどうもありがとうございます。心から感謝しています。
僕は明るい身浄化靈として、真相を調べ続けて、悪しき組織の犯罪を見てゆきたいと思います。許されない行為を見て靈人として、靈刀で制裁を下して行きたいです。僕はそれが一番僕らしい在り方だと思います。やはり許せない者たちを放っておきたくないんです。
神人繋ぐ
《お願い》web上にてご本人の名前を出してご紹介なされるようなことは、決してなされないで下さい。

神人さんがおっしゃっていますが、上記の文はくれぐれも名前を出して紹介することのないよう、よろしくお願いします。

これからも世の中の薄汚さを調べていく。覚醒者が増えますように

私は今、世の中の納得いかない事柄やおかしな点について記事を作成していますが、私の拙い記事を読んで少しでも世の中の薄汚さや茶番に気が付いてくれる人が増えることを願っています。

靈人の最後の言葉

「やはり許せない者たちを放っておきたくないんです。」

この言葉を胸に、これからもブレることなく精進していきたいと思います。

最後になりましたがシャーマン神人様、今回は靈人との対話を載せてくださいましてありがとうございました。

-世の中のこと, 芸能, 芸能人

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.