世の中のこと

ワクチンパッチって何?形は違えどやっぱりmRNAワクチンなのは何故

こんにちは。

今回は、「ワクチンパッチって何?形は違えどやっぱりmRNAワクチンなのは何故」というテーマについてです。

 

米ノースカロライナ大とスタンフォード大の研究チームが、「ワクチンパッチ」による接種の方が注射よりも効果的だったことを発表しました。

今後はさらに臨床実験を進めていき、ゆくゆくはコロナワクチンのパッチ化も視野に入れているようですが、形は違ってもやはり『mRNAワクチン』には変わりないようですよ。

そんなにまでしてコロナワクチンを接種する必要ってあるのかな?!と、そもそもそこから疑問を感じている私にとっては、なんだかな~と思ったのですが、、、

スポンサードリンク

ワクチンパッチって何?今後ワクチンはパッチ化も出回る!?

9月23日、米ノースカロライナ大とスタンフォード大の研究チームがワクチン接種について画期的な成果を発表した。3Dプリンターで作った「ワクチンパッチ」による接種の方が注射よりも効果的だったという。

ワクチンパッチは高分子化合物(ポリマー)製で、「マイクロニードル」と呼ばれる小さな針が表面に並んでいる。禁煙したい人が使うニコチンパッチと、発想は似たようなものだ。

ワクチンパッチ研究の次の段階は、霊長類での臨床試験。研究チームは新型コロナワクチンの“パッチ化”も見込んでおり、今後の研究ではファイザー製やモデルナ製などのメッセンジャーRNA型のワクチンを利用するという。

注射よさらば! 米国発「肌に貼るだけ」ワクチンパッチの実力、副反応の心配は?(日刊ゲンダイDIGITAL) - Yahoo!ニュース

今の技術はすごいですね。

今度はワクチンのパッチ化ですか。

たしかに、禁煙目的の人がニコチンパッチを付けたりしますし、目の下のたるみやシワを取るためのシート(小さな針が表面に並んでいる)なんかも商品化していたような気がします。

経皮吸収型の気管支拡張剤もありますよね。

花粉症の薬でも貼るタイプがなかったかな!?

私は買ったことないのですが、花粉症も効果は高いのでしょうかね。

 

また、2021年9月28日付の米学術誌「米国科学アカデミー紀要」に発表された論文によりますと、研究チームは

ワクチンをコーティングしたワクチンパッチをネズミに貼付。24時間放置したところ、注射による接種に比べ、免疫反応は10倍に上り、50倍の抗体を形成

したと言います。

一見、注射のように痛くもなく皮膚に貼るだけ、それでいて抗体も高く形成されるなんて、まさに「夢のような話」ですよね。

しかし気になるのは、注射の痛みがないだとかそういうことではなく、コロナワクチンのパッチは「メッセンジャーRNA型のワクチンを利用」するというのが引っかかりました。

やっぱり、形は違えど『mRNAワクチン』なんですね。

動物実験では注射による接種に比べ、免疫反応は10倍に上り、50倍の抗体を形成ですか。

じゃあ、その分副反応はどうなのかな?

注射よりさらに強くなるのでは?!という不安を持ちました。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、ヤフコメには様々な意見が寄せられていました。

一部ご紹介します。

賛成派

 

これの方がいいー!採血で失神の自分は注射型ワクチンはリスクがありすぎて無理。

 

 

 

実現化しますか?
期待します!!

 

 

危険な廃棄物が減るのは素晴らしい。

 

 

 

 

メリットデメリットは当然あるが、注射による迷走神経反射の眩暈を減らす医療従事者の手間を大きく軽減させることができる(従事者の配置や会場設営が不要)ので、メリットはかなり大きい。
実現するとうれしいね。
さらに温度管理がいらなければ冷凍物流のインフラが脆弱な新興国にとっても福音になる。

反対・疑問派

 

 

 

ワクチン慎重派は注射が嫌なのではなく、mRNAと伏せられている成分が嫌なんだと思います。
出来たばかりで長期の安全性が確認できていないものに慎重になるのはごく当たり前のことだと思います。
何億人うってるから安全ではないんですよね。
健康だったのに接種後に亡くなられたり、重篤な副作用で苦しんでる方たくさんいます。
ご本人やご遺族からしてみたら毒なんです。

 

 

 

mRNAは治験中の上、死者、重篤者の保証が全くされていない。明らかに信用を無くす厚労省、分科会の対応。
これで打て打て言うんだから、お粗末過ぎだし、今後打たない人が増えるだろう。

 

 

 

mRNAが嫌なんだって。それなら打たない人はパッチでも打たないよ
というか冷凍が難しい国へもあるけど、子供や赤ちゃんに打たせやすいためにパッチ開発してるならマジで恐ろしい。
医者や看護師じゃなくても打てるならアメリカなんかは学校や職域で大規模パッチされる可能性もある!

 

 

 

お願いですから、ワクチンの良い情報だけでなく副反応で苦しむ方、亡くなった方のリアルな情報をください。情報が無さすぎて、コントロールされている気持ちになります。ワクチンを信じることが出来ないのです。
より良い世の中を作るため、メディアの方々よろしくお願いします!!!

 

 

 

 

次々と人体実験中。
妊婦に、子どもに、今度はパッチもどうなるかやってみよっか!
と、医薬会社が好き放題にやってる感が...。
短期的な副反応よりも、長期的な治験が分からない事が心配なのです。
そして、何かあったときに対応がしっかりできていないことも信用できません。

 

たしかに、パッチ貼付であれば医療行為ではなくなりますので、医療従事者の「打ち手」がいなくともどんどん接種?が可能ですし、多量の医療廃棄物が削減できるというメリットもありますね。

迷走神経反射を起こすほどの方も、これなら安心して受けることができるでしょう。

しかし、とくにコロナワクチンのパッチの場合は、「mRNAワクチン」には変わりないようですし、ただ貼るだけと思われるかもしれませんが、経皮の薬剤効果は普通にありますから、これまでの注射型と同じく副反応のリスクはあると思われます。

たしか妊娠していた頃、「湿布も貼ってはいけません!」と言われていたような気が、、

大昔のことでうろ覚えですが、たしかそう言われました。

湿布すらもダメなのに、また妊婦さんにもパッチ型推奨するのかな??

妊婦さんに限らず、気軽に接種できる分、これはこれで怖いなと個人的には思いました。

スポンサードリンク

コロナワクチン関連はビックリ仰天なことが次々と「OK」に

腕を変えれば、同日にコロナワクチンとインフルエンザワクチンを接種しても問題ないってマジですかΣ(゚Д゚)

[ロンドン 30日 ロイター] - 新型コロナウイルスワクチンとインフルエンザワクチンを同時に接種しても安全で、どちらの免疫反応にも悪影響を与えないことが英国の研究で30日分かった。

(中略)副作用は通常、軽度から中程度だった。

接種は同日に反対側の腕で行われた。

引用:コロナワクチンとインフルワクチンの同時接種は安全=英研究 | Reuters

 

いやいやいや、、、

これ本当ですか。

「副作用は通常、軽度から中程度だった」とありますが、その程度はどうなんでしょう。

日本で言いますと、かなり重篤な副反応が出てもリストにすらあがらない状況ですが。

しかも、これまでインフルエンザワクチンは不活化ワクチンでしたが、今後はインフルエンザワクチンも『mRNAワクチン』にしていく研究が進められているというのも目にしましたよ。

ワクチンを打たれまくって、いったい体はどうなってしまうのか。

それでもきっと、テレビの情報を信じて「え?同日でも大丈夫なんだ!じゃあ1回で終わるしラクだね!」と言って左右に接種する人が続出するんでしょうね、、

コロナワクチンに関しては、

浮遊物や金属片が混入していても「問題ない」

期限が切れていても「問題ない」

重篤な副反応や死者が多数出ても「問題ない」

なんででしょうね。不思議です。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.