世の中のこと

コロナ病床数に空きがあるってどういうこと?医療逼迫は嘘なのか

こんにちは。

今回は、「コロナ病床数に空きがあるってどういうこと?医療逼迫は嘘なのか」というテーマについてです。

 

政府分科会の尾身茂会長は、事あるごとに国会やメディアで「もう少し強い対策を打たないと、病床の逼迫が大変なことになる、医療崩壊の危険がある」などと発言しています。

しかし、気になる記事を見つけました。

その記事によりますと、なんとコロナ病床のベッドを確保しておきながら、実は患者をあまり受け入れていないというではありませんか!

もしもこれが本当なら、私達はなぜこんなにも苦しめられているのでしょうか?

頭が混乱してきました。

スポンサードリンク

コロナ病床数に空きがあるってどういうこと?

政府分科会の尾身茂会長が理事長を務める地域医療機能推進機構(JCHO)傘下の東京都内の5つの公的病院で、183床ある新型コロナウイルス患者用の病床が30~50%も使われていないことが、AERAdot.編集部の調査でわかった。

(中略)そもそもコロナ病床の確保で多額の補助金をもらっていながら、受け入れに消極的な姿勢は批判されてもしかるべきではないか

【独自】コロナ病床30~50%に空き、尾身茂氏が理事長の公的病院 132億円の補助金「ぼったくり」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

 

上記の記事によれば、厚生労働省はコロナ患者の受け入れ体制を整えるため、コロナ専用の病床を確保した病院に対して、多額の補助金を出しているといいます。

「病床確保支援事業」の場合では、新型コロナ専用のベッド1床につき1日7万1千円の補助金が出るんだそうです。

しかも驚いたことに、ベッドは使われなくても同額の補助金が出るため、例えば東京蒲田医療センターでは、使われていない約40床に対して1日284万円、1か月で約8500万円が支払われることになる計算になります。

物凄い高額ですよね。

さらには、新たにコロナの重症患者向けに病床を確保した病院に対しては、1床あたり1950万円、中等症以下の病床には900万円を補助するなどの制度もあると言います。

JCHOが公表したデータによれば、そういった病院は全国に57あり、稼働病床は約1万4千床なんだそうです。

JCHOの担当者に、これまでいくらの補助金をもらってきたのか尋ねても、「すぐには回答ができない」という返答だったようですが、厚生労働省の関係者から入手した情報によると、2020年12月~2021年3月だけでもJCHO全57病院で132億円の補助金が支払われたというではありませんか!

これに対して、尾身会長と東京蒲田医療センターの石井院長は、

「JCHO全体の取り組みについて、国や自治体からの要請に応じてきたものであり、東京都の令和3年度新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業(医療分)実施要綱に基づき申請を行ったものであります」

と回答しています。

何を言っているのか、ちょっと意味が分かりません。

要するに、自分たちは国や自治体の要請に応じてやってきただけであり、良からぬことは何らしていないと言っているのですかね。

どちらにせよ、返還するつもりはないようです。

東京都医師会幹部は、「不適切な補助金は返還したい」と言っています。

【独自】東京都医師会幹部らの病院でコロナ病床の56%は空床 直撃に「不適切な補助金は返還したい」〈dot.〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

ってことは、やはり不適切な空床があったことを認めているのですね(゚д゚)!

現役医師の証言

酷すぎるにも程がある。

これ拡散案件だと思いますよ。

 

ヤフコメの反応は?

これに対して、ヤフコメには多くの意見が寄せられていました。

一部ご紹介します。

 

 

尾身に返還させれば良い。ベッドを使わなくても補助金が支払われるルールを作ったのも尾身だろう。利用実績に応じて補助金を払うルールに変更すること。利益相反だから尾身の役職を解くこと。納税するのが馬鹿らしい。

 

 

 

 

尾身の無責任な発言によって、子供達は学校行事や様々な活動の自粛を強いられてきた。人生を壊されたと言っても過言ではない。自分はもう十分充実した人生を送ってきたから、若者や子供の人生なんてどうでも良いのだろう。

 

 

 

 

ようやくこの様な記事が出てくるようになりました。
いつも尾身氏の会見を見ていて科学的なデータがあまり示されず、人流の削減をし大切な命を守りましょう。若者が感染をひろげる等々、情緒的な提案ばかりで辟易していました。
第1波終わりころから、心あるドクター医療関係者ジャーナリストから、コロナ禍は医療システムの不備であるといわれ続けています。
分科会医師会が本気になって取り組んだとは到底思えませんが、この記事が真実であれば理解できます。
即刻医療界の改革を求めます。

 

 

 

尾身信者の方には悪いが、化けの皮が剥がれ始めましたね。
尾身さんの発言にはずっと違和感をもっていました。政治に口を出すわ医療リリース拡大を提言しないわ。この人も結局医師会と同じ私利私欲にまみれていて、自粛を強要することで自分に反古先がいかないようにしていただけ。

 

 

 

尾身は何もしてないのでは。1年半前から言ってることが自粛だけ。インドで効果あったイベルメクチンは反対、2類から5類に引き下げるのもまだ状況が整ってないと言ってる間に、自宅療養の人が次々に重症化している。どこかの医師が、医療ネグレストだと批判してたが、本当にそうだと思う。実際に現場で実績を上げている医師の話を全く聞かない。本当に大罪に値すると思うが。日本人おとなし過ぎだよ。

 

 

 

 

 

 

こういう実態を見ると尾身氏の言動に納得がいく。
いつまでも2類指定を解除せず、コロナ騒動が続いてほしいのだろう。

もう一年半同じことをしている。
尾身氏の言う通りにしても何も変わらない。失敗であると認めた方がいい。

ここまでの1年半の合計で陽性判明者が1%程度。99%以上の人がコロナと無関係か、症状もなく過ごしてきた。いくら感染対策をしていると言っても、弱すぎるウイルス。
これ以上のエビデンスはない。99%以上の人が影響されないにも関わらず、緊急事態宣言という全体主義を繰り返しても効果がないのは当たり前。
残りわずかの危険性のある人が調子が悪ければ、すぐに身近な病院で診てもらえる体制に戻すことの方がよほど効果があり効率的。
尾身氏の方法は無駄が多く、社会経済へのダメージが大きい。この一年半がそれを示している。

 

本当に恐ろしい。

読んでいて怖くなりました。

スポンサードリンク

医療逼迫は嘘なのか?目的は何?

都の集計によると、現在自宅療養者は2万人以上、入院治療調整中の患者は約6800人にも上っています。

これだけ多くの方が苦しんでいる現実があるというのに、なぜ「病床数が足りない」「医療はひっ迫状態だ」などと口では言っておきながら、本当は病床が空いているのに患者を入れないのでしょうか?

それは、

ベッドが空いていても同額の補助金が毎月ガッポリ入ってくるため、躍起になって患者を入れる必要がない

・自宅療養者や入院待機者を増やすことで、「病床数が足りない」「医療はひっ迫状態だ」という印象操作で、国民に不安や恐怖を与えている

・国民の不安や恐怖が募れば、ワクチン接種者が増える

 

こういうことなんじゃないでしょうか。

もしもこれが本当なら、もはや人間の心はないように思われます。

本当のところはどうなんでしょうね。

そして、このコロナ騒動はいつまで続くのでしょうか。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.