お金、将来のこと 豆知識

節約術~主婦が楽しくできるマル秘節約テク!第2弾~

日ごろの生活を少し見直したり情報を得ることで、お金はどんどん貯まっていきます。

 

将来のしかかってくる教育費や自分たちの老後のために、今から少しずつでも貯金を増やしておきたいですよね^^

 

そこで今回は、主婦が楽しくできるマル秘節約テク!~第2弾~をご紹介します。

 

スポンサードリンク

【家計で見直すべきなのは?】

次のうちどれでしょう?

①食費

②子供の習い事

③通信費

 

答えは、②の「子供の習い事」と③の「通信費」です。

 

子供は可能性がいっぱいで、どんな習い事でもさせてあげたいと思ってしまいますよね。

また、つい周りに流されて始めてしまい家計を圧迫するケースも・・・。

そもそも子供にかける費用は、全体の家計に対して4~5%が適正だといわれています。

例えば月収25万円の家庭の場合は、1万~1万2500円となりますから、習い事は1つまたは2つまでですね。

兄弟がいる場合は1人1つとなります。

 

大切なのは「習い事ではなく、将来奨学金を借りずに大学を出ること」です。

国の教育ローンを利用している家庭のデータによると、子供費が家計の4割を超えているんだそうです。

これは、将来相当キツイ山が来るということを表しています。

子供が小さいうちが貯め時ですよ!

 

今のうちからの取り組みが、将来を左右するといっても過言ではありません。

 

また、食費の適正な割合は全体の13~16%、通信費は6~7%といわれており、月収25万円の家庭なら食費は3万2500円~4万円、通信費は1万5000円~1万7500円となります。

 

ところが調べてみると、食費はこの割合に収まっているのに、通信費が大幅にオーバーしている家庭が多いんだそうです。

 

通信費にはスマホの使用料金をはじめ、固定電話代やプロバイダー料金も含まれるので、なかなか難しいのが現状でもあります。

しかし、あまりにもオーバーしてしまうと、どうしても貯金や食費にしわ寄せが来てしまいますので、何とか減らしていきたいものですね。

 

まずは、スマホを格安SIMに乗り換えすることが1番の節約法だと思います。

 

我が家は半年前くらいに乗り換えましたが、使用料金が約3分の1に減りました1人1万円くらいかかっていたのが、3000円以下に減ったんですよ。

ワイモバイルにしたんですが、不便もとくに感じませんし、乗り換えて本当に正解だったと感じております^^

お得がいっぱい♪くわしくはコチラ▼


あとは、なるべく固定電話を使わずにLINEなどの無料通話アプリを利用したり、Wi-Fi境以外でのインターネットは控えるなど、様々な工夫を家族みんなでしていく必要があります。

 

「節約」というと、真っ先に食費を減らすことを思い浮かべますが、食事は家族の健康を支える大事なものですので、極端に減らすのは考えものです。

もちろん、必要のない食料は減らしていいですが^^;

 

冷凍庫の電気代は、どっちがお得?】

次のうちどれでしょう?

①食品をできるだけたくさん詰める。

② 食品の量を少なくする。

 

答えは、①の「食品をできるだけたくさん詰める」です。

 

冷凍庫の場合、空気を冷やすのにかなりの

電力を使用します。

しかし、いったん冷えると、空気よりも「冷えた冷凍食品」が入っている方が電気の使用量を減らしてくれるんです。

そのため冷凍庫には、ある程度冷えた食品が詰まっている方が節約になります。

 

逆に冷蔵庫は、できるだけ食品を少なくして隙間があった方が、電気代の節約につながります。

7割程度以下が良いといわれていますよ。

 

【繰り上げ返済をするなら、どっちがお得?】

次のうちどれでしょう?

①毎回の返済額を減らす。

②返済期間を短くする。

 

答えは、②の「返済期間を短くする」です。

 

どちらも払う利息は減りますが、返済期間を短くした方が利息の軽減効果は高く、将来の負担が減ります。

また、住宅ローン控除を受けている間は繰り上げ返済せずに、控除が切れたタイミングで返済するとお得です。

 

【ガスファンヒーターは、部屋のどこに置く?】

次のうちどれでしょう?

①部屋の真ん中

②窓側

③下に隙間のあるドア側

 

答えは、③の「下に隙間のあるドア側」です。

 

ガスファンヒーターは、冷気の入りやすい場所に置くのが部屋を効率よく暖めるコツです。

この場合、③→②→①の順に置くのが節約につながります。

 

スポンサードリンク

 

【あとがき】

いかがでしたか?

 

すでに取り組んでいるというご家庭もあるかと思いますが、知らなかったというご家庭は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

うちの子供たちは、一時期たくさん習い事をさせていましたが(誘われて断れなかったのも含めて)、家計を見直してからは1人

1つだけにしました。

結局、習わせていたものが将来に役立ったものは限りなく少なく・・・^^;

もっと吟味すれば良かったなと感じています。

 

スマホを格安SIMに乗り換えるのは、かなりおすすめですよ!

 

家族3台で月々3万超えだったのが、1万前後になったんですから。

我が家の家計は、これにより本当に助かりました^^

あまり乗り気じゃなかった旦那さんも、今ではホクホクしています(笑)

 

将来押し寄せてくる教育費の波と自分たちの老後のために、今から無駄なく節約に取り組んでいきましょうね!

 

⇒生活費を月2万減らすちょっとした方法

⇒40代でも間に合う!20年で1000万貯める方法

スポンサードリンク

-お金、将来のこと, 豆知識

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.