お金、将来のこと 豆知識

節約術~生活費を月2万減らすちょっとした方法5つ!!~

生活していると、様々なことにお金がかかりますよね。

食費に教育費に住宅ローン・・・気が遠くなりそうです^^;

 

あなたは、毎月の収支を把握してらっしゃいますか?

細かい部分まで知っておくことは、節約においてとっても大事なんです。

貯金が増えないご家庭は、使途不明金が多いのが特徴です。

 

我が家も以前は使途不明金がたくさんあって、1つ1つ明らかにしていくのに苦労しましたが、ほぼすべて明らかになった今、貯金が目に見えて貯まるようになってきました。

 

毎月の収支を明らかにしたうえで、目指したいのが「生活費マイナス2万円」です。

今より毎月2万円浮けば助かりますよね^^

そこで今回は、ちょっとした工夫で毎月の生活費を2万円浮かす方法をご紹介したいと思います。

 

①在庫管理を徹底し、余計な物は買わない

日用品や食費は在庫管理をしっかり行い、重複しないようにします。

 

うちの場合は、例えば柔軟剤などの日用品は「1~2つだけストック」 と決めておき、月末に1か月分の日用品をまとめて買いに行ってます。

買いに行く前は、金額を計算してメモを取り、余計な物は買わないようにしています。このやり方で、日用品は毎月3500円で済ませています。←4人家族で

食材も同様で、冷蔵庫や棚の在庫をチェックし余分な物は買わないようにすることで、我が家は4人で毎月3万円の食費で済んでいます。

 

②レジャーはお金のかからない場所を選ぶ

大きなテーマパークは華やかで豪華で楽しいですが、その分お金が湯水のように消えていきますよね^^;

4人家族だったら、飲食代も含めて3~4万はくだらないです。

遠方なら、プラス交通費も・・・

 

そういった場所へ行くのは控えめにして、お金があまりかからない公園や森林、キャンプなどでレジャー費を浮かしましょう。

 

探してみると、とってもお得で楽しいレジャースポットはたくさんあります。

当ブログでも、東海地方を中心にいくつか記事にしてますので、良かったらご覧ください。

⇒遊園地の乗り物1回50円!刈谷交通児童遊園の情報はコチラ

⇒鞍ヶ池公園は動物園が無料!はコチラ

また、レジャーへ出かけるときは必ず水筒とお弁当持参で。

これだけで、かなりの出費を抑えられます。

 

我が家は何も節約していなかったときは、毎回飲食物を外で買ってまして、おやつも含めると4人で1食5000円くらい。

それで帰りは疲れたからと言って夕飯も外食していたものですから、ほんともったいないことをしていました(汗)。

何にどれだけ使ったかも把握できておらず・・・

貯まらないはずです^^;

 

③外食は月1回

月に何回外食していますか?

たしかに外食はラクできるし美味しいから行きたいですよね。

分かります。私も週末くらいはラクしたいです!

 

しかし、例えば4人家族で1食5000円だとして、毎週末外食したとすると1か月で2万。

もし月1回に減らしたとしたら、5000円で抑えられますよね。

 

かなりの金額だと思いませんか?

 

私は自分に甘いので、気が緩みそうになったら上記のように数字で表して気持ちを奮い立たせています(笑)

お陰様で、月1の外食を守っていますよ^^

 

どうしても作りたくないときは、カレーやポトフなど簡単なものを何とか作って乗り切っています。

女性はホルモンのバランスやら何やらで、しんどい時ありますからね。

うまくやればいいと思いますよ。

 

④衣料品は季節の変わり目に買う

季節の変わり目の頃になると、衣料品の値段がかなり値下げされますから、その時に買った方が絶対にお得です。

この前も、子供の短パンが300円、Tシャツが500円、半そでパジャマが500円になっていたので何枚か買ってきました。

 

成長期の間は、子供はすぐに着られなくなりますからね。

お下がりがもらえたら1番いいんですが、そうでなければ季節の変わり目を狙いましょう。

うっかりしていると時期が終わってしまっているので、チラシなどで常にチェックをお忘れなく^^

 

もちろん、大人の衣料品も同様です。

私は仕事に着て行くTシャツを300円で買いました。

もとが2000円くらいの物なので、生地もしっかりしていてかなり得しちゃいました^^

 

⑤図書館やネットを利用する

子供の絵本などは、散歩がてら図書館へ行って借りてくるのがおすすめです。

1度にたくさん借りれますし、その場で読んで帰ってくることもできます。

紙芝居やビッグサイズの絵本もあるので、子供さんも楽しいんじゃないでしょうか?

 

雑誌類もありますから、大人も雑誌を買わずに図書館を利用すれば、娯楽費が浮きますね^^

 

スポンサードリンク

 

【あとがき】

このほかにも、プチ家庭菜園や100均の利用など、考えればまだまだ出てきそうです。

ほんの少しの積み重ねが節約に繋がりますから、思いついたことはどんどんやっていきましょう^^

 

あと大事なことは、「家族全員の意識改革」 です。

 

以前までの旦那さんの口癖は「いいよ、外で買うから」でした。

子供を公園に連れて行ってくれるというので、水筒を用意していたらこのセリフ^^;

しかし意識が変わった今、職場にも水筒を持参するようになり、出先でコーヒーが飲みたくなった時は、コンビニや自販機ではなくスーパーに立ち寄るようになりました。

 

家族みんなで取り組めば楽しいですしね!

 

もしいきなり2万がキツイようでしたら、まずは1万から。

それが達成できたら今度は1万5千円、というやり方でもいいと思いますよ。

まずは使途不明金をなくして、収支を明らかにするところからですね。

将来のために、お互い頑張っていきましょう!

 

⇒【貯金1000万】40代でも間に合う!20年で1000万貯める方法!

⇒貯金のコツと方法 女性の働き終わりは計画に入れてますか?

スポンサードリンク

-お金、将来のこと, 豆知識

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.