レシピ

秘密のケンミンSHOW全国激ウマどんぶり/家庭でできる簡単レシピ!

こんにちは!

今回は、「秘密のケンミンSHOW全国激ウマどんぶり/家庭でできる簡単レシピ!」というテーマです。

 

秘密のケンミンSHOWで、「全国の激ウマどんぶり祭りBEST10」がやってまして、家庭でも簡単にできるレシピを紹介していたのでお伝えしますね^^

夕飯のみならず、昼ご飯に何作ろう・・・という時にもいいかと思います。

 

【全国激ウマどんぶりベスト10のレシピ】

第10位 衣笠丼(京都)

<レシピ>

①京揚げ(薄揚げまたは油揚げ)を短冊切りにする。

ねぎは斜め切りに。

②鍋に白だし(180cc)、薄口醬油(大さじ2半)、みりん(大さじ1)、砂糖(大さじ1)、油揚げを入れて火をつける。

③煮立ったらねぎを入れる。

④水溶き片栗粉を加えた溶き卵を回し入れる。

⑤どんぶりにご飯を盛り、その上に乗せたら完成!

第9位 ゲソ丼(北海道)

<レシピ>

①ゲソを適当な大きさに切り、片栗粉をたっぷりまぶす。

②油を多めに入れたフライパンにゲソを入れ、こんがり焼き色が付くまで炒め揚げする。

③どんぶりにご飯を盛り、刻みのりをかけ、その上からゲソを乗せる。

④たれをかけたら完成!

たれの作り方→醤油(大さじ3)、みりん(大さじ2)、酒(大さじ1)、砂糖(大さじ1)を鍋でひと煮立ちさせる

※市販の焼き鳥のたれでもOK

 

※追記

ゲソ丼、実際に作ってみましたよ~!しょうゆは少し減らして作りました。

ご飯にたれがかかって美味しかったです♪

のりが良い仕事してますね。

ゲソは炒め揚げをしたんですが、べチャッとなってしまいました(汗)。

やっぱりプロの人は違いますね!

今度作るときは、揚げてみようかと思います。

べチャッとなったものの、味は美味しかったので家族には大好評でしたよ^^

第8位 卵焼き付きソースカツ丼(福島県)

<レシピ>

①とんかつを切る。

②油を入れたフライパンに溶き卵を入れて、薄焼き卵を作る。

③その上に切ったとんかつを乗せる。

④卵をとんかつに寄せる。(少し寄せればOK)

⑤たれを作る→鍋に水、みりん、酒、しょうゆ、砂糖、ケチャップ、ウスターソースを入れて、ひと煮立ちさせる。(分量の公開はナシ)

⑥どんぶりにご飯を盛り、その上に千切りキャベツを敷きつめたら、先ほどのとんかつと卵を乗せる。

⑦先ほど作ったたれをかけたら完成!

第7位 油麩丼(宮城県)

<レシピ>

①油麩をカットする(一般的な麩でもOK)。

②鍋に麺つゆ1カップ、水1カップを入れたら麩を投入する。

そのあとに火をつける。

③麩を3~4分煮る。

※一般的な麩は味が染み込みにくいので、時間を長めに。

④その後、しいたけ、しらたき、長ネギを入れ、火が通ったら溶き卵(2個)を回し入れる。

⑤どんぶりにご飯を盛り、その上に乗せれば完成!

※追記

油麩丼、実際に夕飯に作ってみましたよ~!

薄味の我が家にとって、この調味料の分量は濃かったので、味見をしながら調節するといいと思います^^

一般的な麩で作ったから濃くなったのかな?

味自体は、とっても美味しかったですよ!

第6位 味噌かつ丼(愛知県)

<レシピ>

①赤味噌ダレ→鍋に赤みそ(大さじ3)、砂糖(大さじ3)、水(100cc)を入れてひと煮立ちさせる。

②とんかつを適当な大きさに切ったら、赤味噌ダレの中に投入する。コトコト煮込む。

③皿に水を入れ酢を少し入れたら、そこに生卵を割り入れ、ラップをしないで電子レンジで1分ほどチンすると、簡単にポーチドエッグが作れる。

④このポーチドエッグを赤味噌ダレの中に入れ、味を染み込ませる。

⑤どんぶりにご飯を盛り、カツとポーチドエッグを盛りつけたら完成!

第5位 なすの蒲焼重(群馬県)

<レシピ>

①なすの皮をむく。

②なすを皿に乗せ、ラップをして電子レンジ(600w)で3分半加熱する。

③柔らかくなったなすに箸で切れ目を入れ、真ん中に線を入れて開きにする。

④油を入れたフライパンになすを入れ、焦げ目が付くまで焼く。

⑤しっかり焦げ目が付いたら、市販のウナギのたれをかけて味を染み込ませる。

⑥山椒をかける。

⑦どんぶりにご飯を盛り、きざみのりをかけたら、その上になすを乗せて完成!

第4位 タレかつ丼(新潟県)

<レシピ>

①タレ→鍋に砂糖(大さじ1)、みりん(大さじ1)、麺つゆ(大さじ4)を入れて沸騰させる。

②豚肉(ヒレ肉がおすすめ)に塩コショウをふったら、衣をつけてカラッと揚げる。

③揚げたかつをタレに浸したら、どんぶりに盛って完成!

第3位 エビ丼(岡山県)

<レシピ>

①タルタルソース→ゆでたまご、玉ねぎ、ピクルスのみじん切りとマヨネーズを混ぜ合わせる。

生クリームを少し入れると、より味がマイルドに。

②鍋に麺つゆを入れ、小エビを入れたら1分ほど煮る。

※煮汁取っておくこと。

③どんぶりにご飯を少量盛ったら小エビを入れ、その上からまたご飯を盛り、切ったのりとエビフライを乗せたら小エビの煮汁をかける。

④最後にタルタルソースをたっぷりかけたら完成!

第2位 北京飯(愛知県)

<レシピ>

①卵1個を溶いたら、しょうゆ小さじ1、うまみ調味料小さじ1を混ぜ、豚肉をしっかりと漬け込む。

②片栗粉をつけたら油で揚げる。

③皿に卵3個を割り入れ、砂糖(大さじ1)、しょうゆ(大さじ2半)を混ぜる。

④多めの油を入れたフライパンに卵を入れて、ふわふわ卵を作る。

⑤どんぶりにご飯を盛り、豚肉とふわふわ卵を入れたら完成!

第1位 鶏飯(鹿児島県)

<レシピ>

①鍋に鶏むね肉と臭い消しの長ネギを入れ、水・塩・酒を入れて煮込む。鶏肉が煮えたら、肉とネギを取り出す。

②煮汁に薄口しょうゆ、みりん、塩を入れたら鶏飯のスープができる。

③むね肉は手で細かく裂いていき、パパイヤの代用としてたくあんを千切りにする。

タンカンの代わりはみかんの皮でOK。細かく切る。

④どんぶりにご飯を盛り、しいたけ、錦糸卵、たくあん、むね肉、ねぎやみかんの皮など好きな具材を乗せる。

⑤中央に紅しょうがを乗せたら、アツアツのスープをかけて完成!

⇒免疫力アップ!ヨーグルトの作り方!簡単に牛乳パックで作る方法を紹介

 

スポンサードリンク

【あとがき】

どれも家庭で簡単に作れそうですよね!

子どもから「ゲソ丼作って~」 とリクエストがあったので、私もさっそく作りたいと思います^^←後日作りました

個人的には、なすの蒲焼重が食べたいな(*´艸`*)

どんぶり物はお腹も膨れますし、見た目も豪華なので家族にもウケがいいですよね。

昼ご飯のレパートリーが尽きた・・・というときにも作りたいなと思いましたよ^^

 

ちなみに、以下「ベジ活スープ食」は、レンジでチンするだけで野菜たっぷりのおかずスープが食べられちゃいます。

野菜の量は、なんと1日に必要な野菜の半分量!

偏りがちな栄養バランスを整えることができそうですよね。


以上、「秘密のケンミンSHOW全国激ウマどんぶり/家庭でできる簡単レシピ!」でした。

よろしかったら、こちらも合わせてご覧ください。

⇒休校中のお昼ご飯レシピの紹介!お母さんが少しでも楽する方法とは?

⇒ギャル曽根直伝「ごま油を使ったおにぎり」レシピはコチラ

-レシピ

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.