イベント

夏まちまつり2020(伊勢おかげ横丁)の日程と内容!昭和は良きかな

こんにちは!

今回は、「夏まちまつり2020(伊勢おかげ横丁)の日程と内容」についてです。

 

毎年6月に、三重県伊勢市のおかげ横丁では「夏まちまつり」が開催されています。

『夏の楽しみ、なつまでまつな」を合言葉に、昔の人々がどのように夏を楽しみ過ごしてきたかを一緒に知ろう!というもので、当日は夏ならではの屋台や催し物、そのほかワクワクするコーナーが盛りだくさんなんです!!

年齢問わず楽しめる空間となっていますよ。

そこで今回は、おかげ横丁で開催される「夏まちまつり2020」の詳しい情報についてお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

夏まちまつり2020の日程と内容

夏まちまつりは全部で3日間あり、2020年は6月5日(金)、6日(土)、7日(日)に開催されます。

それぞれの日にちでまつりの内容が若干違っています。

以下に例年の内容を挙げましたので、参考になさってみてください。

1日目:6月5日(金曜日)の内容

・お面やうちわの絵付け体験(お面/1200円、うちわ/500円~、※変更あり)

茅の輪くぐり

・夏の風物屋台(冷たい食べ物や飲み物、夏の和小物や道具、遊びなど)

・浴衣のレンタル、着付け

などなど

2日目:6月6日(土曜日)の内容

・お面やうちわの絵付け体験(お面/1200円、うちわ/500円~、※変更あり)

茅の輪くぐり

・夏の風物屋台(冷たい食べ物や飲み物、夏の和小物や道具、遊びなど)

・浴衣のレンタル、着付け

・人間国宝の講談師「一龍斎貞水」による怪談ばなし(14:00~)

・なつかしの紙芝居

・バナナのたたき売り

・大道芸(ガマの油売りなど)

などなど

3日目:6月7日(日曜日)の内容

・お面やうちわの絵付け体験(お面/1200円、うちわ/500円~、※変更あり)

茅の輪くぐり

・夏の風物屋台(冷たい食べ物や飲み物、夏の和小物や道具、遊びなど)

・浴衣のレンタル、着付け

・なつかしの紙芝居

・バナナのたたき売り

・大道芸(ガマの油売りなど)

などなど

 

こうやって見てみると、土日がとくに催し物が多いですね。

やはり休日だからでしょうか。

そのほかにも、猿舞や江戸糸あやつり人形、パントマイムなど、時間ごとにたくさんやっていますのでお見逃しなく!

自転車のアイスキャンディー売りもいたりと、昭和を感じさせる空間で一足先に夏を楽しむことができますよ。

 

茅の輪くぐりとは?

茅の輪くぐりとは、茅(ちがや)で作られた直径約2メートルの大きな輪っかをくぐると、無病息災でいられるといわれています。

場所は、おかげ横丁の入り口付近にある常夜燈のあたりです。

 

夏まちまつりの概要

・開催日:毎年6月上旬の金曜日~日曜日(2020年は6月5日~7日)

・開催時間:10:00~17:30(土曜日は20:00まで)※雨天時は一部中止

・入場料:無料

・場所:三重県伊勢市宇治中之切町52番地 おかげ横丁一帯

・電話:0596-23-8838(おかげ横丁総合案内)

・アクセス:

<車>伊勢自動車道「伊勢IC」から国道23号線を内宮に向かって直進にて約5分

<電車>近鉄「宇治山田駅」下車。内宮前行きのバスに乗り、約20分「神宮会館前」にて下車、徒歩1分

 

 

おわりに

昭和を思わせる、昔懐かしい催し物や食べ物がたくさんあって、老若男女問わず楽しめそうですよね。

夏の盛大な花火大会もいいですが、夏まちまつりのようなどこかホッとする、それでいてワクワクするお祭りも楽しくて好きです。

情報では、赤福のかき氷もあるようです。

赤福のかき氷・・・ものすごく興味があります!!

梅雨の晴れ間に、ご家族やお友達と出かけてみてはいかがでしょうか?

追記

夏まちまつり2020は、新型コロナウイルスの感染拡大問題により中止となりました。

とても残念ですが、来年までのお楽しみにしましょう。

⇒石神さんの効果はすごい!?宿「のいち」からは徒歩108歩!

 

スポンサードリンク

 

-イベント

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.