イベント

知立まつり2020の日程!周辺の穴場駐車場も詳しくご紹介します!

こんにちは!

今回は知立まつり2020の日程と、穴場駐車場についてくわしくお伝えします。

 

愛知県知立市で毎年5月に開催されている「知立まつり」は、なんと江戸時代の1653年から続いている歴史あるお祭りなんです。

特徴としては、1年交代で「本祭」と「間(あい)祭」が行われ、ちなみに2020年は「本祭」の年にあたります。

西暦の偶数年が本祭なんだそうですよ。

本祭は、大きくて立派な山車を5台奉納し、間祭では綺麗で華やかな花車5台を奉納します。

どちらも見てみたいですよね^^

この伝統と歴史は国の宝となっており、

1967年→「からくり」が愛知県の有形民俗文化財に指定

1979年→同じく「からくり」が国の選択無形民俗文化財に指定

1990年→「山車文楽とからくり」が国の重要無形民俗文化財に指定

2016年→「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録

されているんです!スゴイですね!!

 

ちなみに山車の上で行われる「山車文楽」と「からくり人形芝居」は、本祭の年のみ見られます。

また、当たり前のことですが、当日は多くの見物客で賑わうため混雑が否めません。

車で来た場合、どこに停めたらいいのか困ってしまいますよね。

周辺の駐車場の特徴についてお教えしますので、良かったら参考になさってみてください。

 

スポンサードリンク

【イベント情報】

知立祭り(2020年は本祭)

・開催日:毎年5月2日、3日

・開催時間:2日は9:30頃~、3日は8:45頃~ ※変更あり

・場所:愛知県知立市西町神田12 知立神社、西町神田地内

 

・電話:0566-81-0055(知立神社)、0566-83-1111(知立市観光協会)

 

・アクセス:

<車>伊勢湾岸道路「豊田南IC」から約10分

<電車>名鉄「知立駅」から徒歩約12分

 

・屋台:多数あり

 

【知立祭りの駐車場情報】

祭り当日、駐車場は用意されていません。

ですので、有料駐車場に停めることになります。

周辺の有料駐車場を下記に載せましたので、参考になさってみてください。

<名鉄協商パーキング知立駅前> 

196台も停められますので、穴場と言えそうですね。

※徒歩約11分

営業時間:24時間

料金:60分/200円

 

<三井のリパーク知立駅北>

9台のみ駐車可能です。会場まで近いのは魅力です。

※徒歩約7分

営業時間:24時間

料金:8:00~22:00/200円、22:00~8:00/100円

 

<知立市駅前立体駐車場>

246台も駐車可能ですが、エレベーターがないのでベビーカーやお年寄りの方は要注意です。

※徒歩約12~13分

営業時間:24時間

料金:30分まで50円、以降60分/150円

 

<チケパ知立駅前第4>

11台駐車可能です。長時間停める場合、料金設定がお得です。

※徒歩約14分

営業時間:24時間

料金:半日(入庫より12時間まで)500円、1日600円(入庫より24時間まで)

 

<タイムズ知立駅前>

23台駐車可能です。

※徒歩約16分

営業時間:24時間

料金:8:00~0:00まで30分/100円、0:00~8:00まで60分/100円

 

<スペース知立駅前第1>

5台のみ駐車可能ですのでご注意ください。

※徒歩約14分

営業時間:24時間

料金:8:00~22:00まで60分/200円、22:00~8:00まで60分/100円

 

スポンサードリンク

【おわりに】

神社にも駐車場はあるようですが、祭りの日には開放していないのでご注意くださいね。

やはり、神社周辺より知立駅周辺の方が駐車場が多くありますね。

小さな駐車場でしたら、探せばもっとあるかと思います。

ただ、祭り当日は交通規制もされますから、早め早めの行動をおすすめします。

 

知立まつりには屋台もたくさん並び、お腹も気分も満たされること間違いなしですよ。

歴史のある伝統の祭り、「知立まつり」をぜひ楽しんでください^^

⇒岡崎花火大会の混雑が避けられる駐車場と穴場スポットをご紹介。

 

スポンサードリンク

-イベント

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.