世の中のこと

ミス日本グランプリに日本国籍のウクライナ女性が?コンテスト名変更したら?

こんにちは。

今回は、「ミス日本グランプリに日本国籍のウクライナ女性が?コンテスト名変更したら?」というテーマについてです。

 

"日本らしい美しさ"を磨き上げ、社会で活躍することを後押しする日本最高峰のコンテスト『第56回ミス日本コンテスト 』で、日本国籍を持つウクライナ女性がグランプリに輝きました。

グランプリに輝いた椎野カロリーナさん(26)は両親がウクライナ人で、5歳の頃に日本に来日し生活、2023年に日本国籍を取得されました。

コンセプトにある"日本らしい美しさ"とは一体何なのか、SNSには様々な声が寄せられていましたよ。

個人的に感じたのは、もういっそのこと「ミス日本コンテスト」という名前を変えればいいのでは?と思いました。

スポンサーリンク

ミス日本グランプリに日本国籍のウクライナ女性が?

「日本らしい美しさ」を目指して競う「ミス日本」コンテストで、ウクライナにルーツを持つ女性がグランプリに選ばれました。

(中略)今回、ミス日本のグランプリに輝いたのは両親がウクライナ人の方でした。

ミス日本コンテストのグランプリに輝いたのは椎野カロリーナさん、26歳。

ウクライナ人の両親のもとに生まれて5歳で来日しました。

5歳の頃からずっと日本に住んでいて、ご自身も自分の中身は日本人そのものだと紹介しています。そして、2023年に日本国籍を取得したことを公表しています。

今回、グランプリに輝いたことについて、SNS上ではいろんなコメントが届いています。

配信

引用:ウクライナにルーツ持つ女性が「ミス日本グランプリ」に、SNS上では批判的な意見も…「日本らしい美しさ」とは?【Nスタ解説】(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

ミス日本に選ばれる基準とは?

ミス日本に選ばれる基準には、どういったものがあるのでしょうか。

上記の記事によれば、

●コンテストの目的:日本らしい美しさで社会をより良くすること

●応募資格:日本国籍の17~26歳の未婚女性

●選考基準:「3つの美」

1,「内面」の美:成長する意欲がある

2,「外見」の美:美しさを磨く意欲がある

3,「行動」の美:社会貢献に貢献する意志がある

とされていました。

椎野カロリーナさんさんはこれらをすべてクリアし、尚且つ一番優れていたということになりますね。

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

意見は分かれている印象でした。

一部ご紹介します。

肯定派の意見

この方は、幼少の頃から日本に来て、日本の学校教育の中で育った来られたと思う。DNAは、異なっても、日本国籍であり、日本の文化、日本の精神を持っているなら、精神は日本人だと思います。 本来の日本人からのエントリーが少なく、こういう方が選ばれる時があってもよいと思う。日本の精神文化の柔らかさ、柔軟であることも大事だと思う。

 

ミス日本の審査員が「ミス日本グランプリ」に求めるものと、

一部の日本人が「ミス日本グランプリ」に求めるものが違ったから、

今回の議論が生じたのかもしれませんね。

今回のミス日本コンテストでは、

向上心のある美しい日本女性として、椎野さんが審査員に選ばれたのでしょう。

おめでとうございます。

世の中にはいろいろな人がいるので、いろいろな価値観があるのは、当然だと思います。

ちなみに、外見に関しては、私は山田花子さんが日本女性らしいなと思っています。

 

美しい人です。日本文化を理解し日本を愛する日本国籍のある人がミス日本を受賞する事は賛成です。問題は今後この人が公の場での振る舞いが日本人の代表としてふさわしいかどうかではないでしょうか。今後のミス日本の選考基準に一石を投じるテストケースになると思います。

 

国技と言われる相撲を外国人もやっている。日本国籍を取った方がミス日本なら別に良いと思う。

ただ最初知った時はびっくりしたのも事実で、関係無いけどカンボジア国籍を取得してオリンピックに出場した猫ひろしさんを思い出しました。

否定・疑問派の意見

ミスはまず外見を見るから、どう見ても日本人ではない顔立ちが日本代表と言われると違和感を持つ。

そして彫りの深さやスタイルは日本体型では敵わないと突きつけられてる気がするから嫌なんだと思う

ホラン千秋さんは顔ではなく中身が必要とされる職業だからそんなに違和感はない

 

中身は日本人と言っていましたが、「外務大臣になったらどの国へ行き誰に会いたい?」との問いに「ウクライナのゼ大統領に会って現状を日本に伝えたい」と熱弁。

日本人が増税や物価高で苦しむ中、巨額な支援をさせられているのにまだ現状を伝えて支援させるのかと。何十年も納税してきた日本人はぎりぎりの年金なのに、日本人がこんなこと言うでしょうか?。なぜこれでミス日本なのだろうか。政治的意図がありありだ。

 

じゃウクライナでいかにも日本人のような外見の女性がミスウクライナに選ばれたらウクライナ国民はどんな反応するのかと思います。

多様な社会とされるアメリカでもミスアメリカは欧米系が主流。

スポーツとの違いは、スポーツであれば目に見える技量・スキルが明示されるので、プレイを通じて日本代表にふさわしいというように捉えられる可能性があるのに対し、ミスについては外見のウエイトが高いので、”スポーツで多様化が進んでいるのだからミスも”とは簡単にはいかないのではないかと思います。

 

ミスコンのドキュメンタリーを見たことがあるど、昨日まで各県代表とは言え、普通の会社員や学生、モデルだった女性たちを大変な時間と(恐らくそれ相応の)お金を掛けて世界に出られる様に仕立て上げるんだよ。

平たく言うと、モデルやアイドルのそれと変わらない。違うのは素材とトレーニング内容だろうか…

それだけお金を掛けるのだから、どうせなら後々使い勝手の良い、話題性のある人物を持ってくるでしょう。

皆がモヤモヤしているのは、このウクライナ有事の時期に日本国籍のウクライナ人が見事に栄冠を射止めたって事でしょ?

それにこのヒト、wikiによると22年に日本国籍を取得したらしいし…(一次資料がーってタイプの人は官報でも何でも自分で探してくれ)

ミスコンの準備期間を差し引いても随分タイトなスケジュールだなと考えてしまうわ。本人が決めたのか?誰かが説得したのか?

今年応募した他の日本人の方々が気の毒だね…

コンテスト名を変更したら?

グランプリに輝いた椎野カロリーナさん、とても美しい方だと思いますよ。

ただ、今回多くの人がモヤモヤしている理由をまとめると、

・スポーツ選手やキャスターとは違い、ミス日本は何だかんだで外見が重視されるから、まったく日本的要素のない外見の女性が選ばれたことにモヤモヤ

・今のウクライナ情勢が関係しているのでは?ロシア人だったら選ばれていたのか!?と思ってしまう

・2023年に日本国籍を取得とはギリギリすぎ。日本人だと言うならもっと早く取得できたのでは?

などではないでしょうか。

たしかに、それぞれの理由を見て「なぜ?」とは私も思いました。

私が考える「日本らしい美しさ」とは、外見のみで言えば『着物が似合う女性』を思い浮かべます。

着物を引き立てるような控えめな顔立ちと、清楚な立ち振る舞い。

そういった女性を思い浮かべるのですがね(個人的意見です)。

正直、グランプリに輝いた椎野カロリーナさんは着物が似合うか?と言われたら分からないけれども、でもとても美しい女性には変わりないですよね。

だったらもう、「ミス日本」というコンテスト名を変更して「もっとも美しい女性コンテスト!!」みたいな名前にしちゃえば、ここまで言われることはないのではないか?とも思いましたよ。

コメントに「日本らしい女性(外見)で思い浮かべるのは山田花子さん」とありましたが、たしかに山田花子さんは日本らしい可愛らしい女性ですね^^

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.