世の中のこと

河野太郎デジタル相がマイナカードと一緒に避難してと発言?停電時は意味ない

こんにちは。

今回は、「河野太郎デジタル相がマイナカードと一緒に避難してと発言?停電時は意味ない」というテーマについてです。

 

2024年1月23日、河野太郎デジタル相は閣議後の記者会見で、能登半島地震でマイナンバーカードが避難所で活用された事例があったかの問いに対し、

「マイナンバーカードはデジタル社会のパスポートとして、平時の便利だけでなく有事の安心にもつながるもの」

「マイナンバーカードをお持ちのかたは、タンスに入れておくのではなく、現時点ではぜひ財布に入れて、避難する際などに一緒に避難していただければと思っている」

などと答えました。

しかし実際の震災では、石川県などで一時約3万4000戸が停電したほか、大手通信キャリア4社でも通信サービスが利用できない状況が発生していました。

災害時には停電や通信障害が発生する可能性が高いのに、読み取り機を設置したところでマイナカードは役に立つのでしょうか。

SNSには、案の定多くの声が寄せられていましたよ。

スポンサーリンク

河野太郎デジタル相がマイナカードと一緒に避難してと発言?

国民の関心は高く、Xでは一時「河野デジタル相」「マイナカードと一緒」のワードがトレンド入りしていました。

1月23日、河野太郎デジタル相は、閣議後の記者会見で、能登半島地震においてマイナンバーカードが避難所で活用された事例があったか問われ、こう答えた。

「今回の能登半島地震の被災地では、マイナンバーカードを活用した避難所運営の実装は間に合っていないのではないかと思う。

現場では被災者のかたが避難所間を移動したり、県外に避難したり、実際に被災されたかたがたがどこにいらっしゃるのか把握することがなかなか難しい。それが課題になっていると承知している」

河野氏は、今後災害の際の活用の拡大につとめていきたいとして、こう語った。

「マイナンバーカードが広く利活用されていれば、読み取り機を設置することでこうしたことについても解決することができる可能性が高いと思っている。

マイナンバーカードはデジタル社会のパスポートとして、平時の便利だけでなく有事の安心にもつながるもの。

マイナンバーカードをお持ちのかたは、タンスに入れておくのではなく、現時点ではぜひ財布に入れて、避難する際などに一緒に避難していただければと思っている

だが、能登半島地震により、石川県などで一時約3万4000戸が停電。大手通信キャリア4社でも、石川県を中心とする一部エリアで、通信サービスが利用できない状況が発生した。

そのため、河野氏が「避難する際はマイナカードも一緒に」と訴えたことに、SNSでは批判的な声が多く上がった。

配信

引用:河野デジタル相「マイナカードと一緒に避難して」発言…「停電ならただのカード」「まだ言ってる」SNSで批判殺到(SmartFLASH) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

読み取り機は停電してると使えないですよ。

通信も途絶えています。有事の際にはマイナカードはただの役立たずです。こんなの取りに行ってる間に逃げ遅れたらどうするんですか?どうせ責任取らないんでしょう?取ったことありませんものね、責任。

どうせ何かあったら、誰かに責任なすりつけるんでしょう。

誰か、この方とか増税メガネさんとか、一番大変そうな避難所に連れて行って、なんの特別待遇もない中で、一週間くらい生活させてあげてください。少しは現実が見えるようになると思います。この方たち、異次元に住んでらっしゃるようなので。

 

現実に直面している人はこんなカードよりその日その日を越せる衣食住。それがしっかりと確保されてからの話。ご被災者、一人ひとりに寄り添って考えればこんな事は言えない。逆に国がカードはいつでもサポートして今の生活から脱却する方が先だと思う。

 

地震が起きて1ヶ月近く経過したけど、被災地をこっそり自分の足で歩いて見て回り避難所で1週間くらい寝泊まりしてみたらいいと思う。door to doorで寒さも暑さも雨風も気づかず専用車で移動し、大病院にも車で乗り付け待ち時間なく名医に診察してもらえる何某。庶民の大変さ、被災者の辛さなんてわかる訳ない。

 

デジタルツールは平時には非常に便利。

だがいったん電気が断たれると使用不可能になる。

電子マネーもオフライン決済が出来るようになったが電源喪失時は使用以前の問題になる。

これが頭に入っているのならあのような発信はあり得ない。

河野デジタル相の更迭と旧保険証廃止の撤回をするべきだと思う。

河野氏は思考に柔軟性が無いようなので組織のトップに相応しいとは思えない。

旧保険証とマイナ保険証はコストは掛かるが併用できるようにしておいたほうが緊急時対応の幅が広がると思うのだが。

 

現在、ATMもレジもネット回線で繋がっている。勿論機器自体はコンセントから電気が繋がらなければ何もできないわけで…

日々の生活がクレジットカード使用していて現金殆ど財布に入っていないので今後の為にも現金を財布に入れようと決めた。

マイナンバーカードは言うまでもなく役には立たないね。

 

東日本大震災で学んだことはリスクの分散だったはず。たった1枚のカードを無くしたら、あれもこれも機能しなくなることは避けようと。

今回に震災でも判った人多いでしょう。

紙の保険証、お薬手帳は別々に、増してや運転免許証と統合なんてとんでもないそ。

 

マイナカード持っているし、健康保険証としての登録?もしたけど、実際はしまいっぱなし。紛失時の対応が運転免許証や健康保険証よりもリスク高かったり手間が多そうで持ち出す気になれない。これじゃ持っていても咄嗟の時に持ち出せないな

 

3.11では停電の中、食料も燃料も全て店頭で現金販売。マネーカードや電子マネーに何万入れてても使えない。銀行が通帳とハンコと身分証持って行けば3万までとか制限付きで現金払い出してくれたから、それで買い物できたし、病院も保険証あれば大丈夫だった。

電話もアナログ回線は繋がってた。

マイナカードかデジタル身分証、電子通帳、電子マネー、電気カー、電話もモデムかWi-Fi通さないと繋がらない今、停電すると何も利用できない。ついでにオール電化は水も出ないし換気も出来ない。

 

河野デジタル相は威圧的な言動が多いという指摘がある人物。

もはや周囲には正面から意見や指摘を出来る人物がおらず、したがって河野氏は、自分の言動の杜撰さに気付けないまま野放しになっている可能性があります。

河野デジタル相はSNSでもブロックしまくりですから、不都合な情報には目をつむっているのでしょう。それでは思考は改善も洗練も出来ません。そういう人間に限ってトップダウンで強引なことをしがちです。

停電時にデジタルは役に立たない

河野デジタル相は、災害が起きたとき停電する可能性が高いというのはご存じなんでしょうか?

もしも知っていて

「読み取り機を設置すれば」

「平時の便利だけでなく有事の安心にもつながるもの」

という発言をしたのなら意味が分からないですし、知らなかったのなら余計にビックリです。

たしかに平時のときにデジタルは非常に便利ですが、有事の時にはほぼ機能は停止してしまいます。

これでは安心どころか不安・不便でしかありません。

もしも私が災害に遭って避難しなければならなくなった時は、真っ先に現金と運転免許証、健康保険証を思い浮かべるかな。

余裕があれば通帳や印鑑や食料もだけど、とにかく真っ先に思いつくのは現金と運転免許証、健康保険証だと思います。

今回の震災でマイナカードの活用を広くすすめようとしているのかもしれませんが、ただでさえ持ち歩くのが怖いのに健康保険証と一緒になるのは、やはりためらいの気持ちが大きいです。

一本化になるのは強引に決まってしまいましたが、今後どうなっていくのでしょうね。

では今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.