忘年会

【忘年会のゲーム】簡単で盛り上がるものを3つご紹介します!!

忘年会シーズン到来の季節。。

 

忘年会は、「終わり良ければすべてよし」と言わんばかりに、誰しもが嫌なことを忘れて1年を締めくくる、日本人にとっては大切な会ですよね^^

 

しかしその分、幹事の立場からすると、プレッシャーは相当なもの。

私も何度か経験あります。心中、お察しします^^;

良いお店や料理もさることながら、忘年会を盛り上げてくれるものの1つに、ゲームがありますよね。

 

そこで今回は、簡単でなおかつ盛り上がるゲームをいくつかご紹介したいと思います^^

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

【鏡文字しりとりゲーム】

<準備するもの>

・選出用のくじ引き

・透明のプラスチックのボード数枚

・水性マジックかホワイトボードペン数本

・インクを消す用の濡れ布巾

・景品

<ゲームのやり方>

①くじ引きで、前に出る人を5人くらい決める。

②選ばれた人は前に出る。

③しりとりの答えを、順番に鏡文字で書いてみんなに披露。文字を間違えたり「ん」がついた人は脱落。

④最後に残った人が優勝!景品を渡す。時間があれば、人を変えてもう一度^^

<盛り上げるポイント>

・プラスチックボードは皆に見えるよう、幹事などが持つようにすると、書いてる途中も見えて面白い。

 

【かぶっちゃ嫌よゲーム】

<準備するもの>

・選出用のくじ引き

・ホワイトボード数枚

・ホワイトボードペン数本

・景品

<ゲームのやり方>

①くじ引きで、前に出る人を5人くらい決める。

②選ばれた人は前に出る。

③お題に対する答えをホワイトボードに書いて、せーので皆に見せる。

④答えがかぶっていた人はジャンケンをして負けた人は脱落。

例⇒お題「運動部の部活といえば?」「歴史上で有名な人物といえば?」など。

⑤何回か行い、最後まで残った人(たち)が勝ち!景品を渡す。

<盛り上げるポイント>

・かぶりまくってすぐ終わった場合は、人を変えて何回か行い、逆に全然かぶらず時間が長くなりそうな時は、「引き分け!」として、残っている人全員に景品を渡す。

・景品は多めに用意しておく。

 

【時間ピッタリでゴールしましょゲーム】

<準備するもの>

・選出用のくじ引き

・時間が書かれたカード

・ストップウォッチ

・スタートとゴール用のひもやテープ

・景品

<ゲームのやり方>

①スタートとゴールの部分にひもを置く。短い距離で良い。

②くじ引きで、前に出る人を決める。

③選ばれた人は前に出て、時間が書かれたカードを引く。

④「よーいドン」で、カードに書かれた時間ピッタリにゴールできるよう、走る真似をする。幹事がストップウォッチで時間を測る。

※例⇒「7秒」と書かれたカードを引いたら、7秒ピッタリでゴールできるよう、頭の中で数えて走り抜ける(歩く)。

⑤カードの秒数と、実際の秒数の誤差が少ない人が優勝!景品を渡す。

<盛り上げるポイント>

・カードに書く時間は、「7秒」だったり「20秒」だったり色々だと面白い。

・あまりにも長い秒数はしらけるので、程々の長さで。

 

スポンサードリンク

 

【あとがき】

いかがでしたか?

今回は、ビンゴなどの定番以外のものを集めてみました。

用意する景品は、万人受けする物を用意してくださいね。

全員お酒が好きというわけじゃあないので、お酒が飲めない人に景品でお酒が回ってきたら気の毒ですからね^^;

 

私だったら、やっぱり商品券とか図書券がいいかな?

ゲンキンすぎるかな(笑)。

もしビンゴで大量に景品が必要な場合は、受け狙いの物をいくつか用意しても面白いですよね^^

幹事さん、頑張ってくださいね!

 

→簡単にできる忘年会のゲームPart2はコチラ

-忘年会

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.