世の中のこと

ホリエモンこと堀江貴文氏が東京地検特捜部を批判?自民党安倍派裏金疑惑

こんにちは。

今回は、「ホリエモンこと堀江貴文氏が東京地検特捜部を批判?自民党安倍派裏金疑惑」というテーマについてです。

 

2023年12月11日、ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんがXを更新し、自民党安倍派のパーティー券を巡る裏金疑惑について捜査を進めている東京地検特捜部に対し、「必死に重箱の隅を突いている」などとと批判しました。

これに対し、ネット上では様々な意見が寄せられていましたよ。

今回のホリエモンさんの意見を聞いて考えさせられたとともに、以前からの疑問がより一層大きくなりました。

スポンサーリンク

ホリエモンこと堀江貴文氏が東京地検特捜部を批判?

「ホリエモン」こと、実業家の堀江貴文氏が11日、X(旧ツイッター)を更新。自民党安倍派など派閥のパーティー券を巡る裏金疑惑の捜査を進めている東京地検特捜部に対して「必死に重箱の隅を突いている」と批判し、「自然消滅すりゃいい」「最低の人生」などと怒りを爆発させた。

親交のある編集者で起業家の箕輪厚介氏が同日付Xに「別に自民党も岸田も好きじゃないけど、裏金なんて絶対あるって思ってたしパーティーなんてそのためのものだと思ってた。思ったより金額が少なくて、もっと巨悪な感じのが盛り上がったのになぁって印象」と投稿した内容を引用した上で、堀江氏は「東京地検特捜部も巨悪がなくなって存在意義が薄れやしないかと必死に重箱の隅を突いている感じはするよね。五輪疑獄も無理矢理感あったもんなぁ。なんだよ、準公務員って笑」との見解を示した。

配信

引用:堀江貴文氏、自民党の裏金疑惑を捜査の東京地検特捜部に怒り爆発「人の揚げ足とりばっかり、最低の人生」(よろず~ニュース) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

泥棒のいない国はない、殺人がない国もない、だから、そんなもん目くじら立てて取り締まるのはバカらしい‥なんてわけあるか!

ガキの理屈じゃあるまいし、世に悪人の種がつきないなんてのは、わかりきってる。

そこを何度でも取り締まったり、ただすのがいい大人・社会人がやることだ。

「そんなもん、こっちに関係ないし、個人の自由だからー」みたいな価値観がすごく多いけど、これが多数派になってきたから日本も組織も社会も劣化してるんだと思う。

 

いやいや、これが放置されてきたのが異常な訳で、明らかなる腐敗でしょう。本来国民に仕えるはずの政治家が己の私腹を肥やすのが目的と取られても仕方ないキックバックを受けていたわけだから。だったら政党助成金はそもそも何のために作ったの?となるし。堀江は特捜に恨みあるかもだけど、殆どの国民からすると仕事してる、となるし、逆に今頃かよ!と突っ込みたくもなる。

 

ま、特捜部が清和会だけをターゲットにして徹底的な捜査を自民党全体に対してやらなかったらホリエの言うとおり重箱の隅つつくだけの組織。

もしも国民のために自民党、引いては野党にまで対象を広げて徹底的にやるなら特捜部の存在意義も国民のためにあるって事になると思う。

 

公務員の大きな仕事は、社会の規律・法令などの違反を指摘修正すること。

通常は民間が対象となることが多いが、今回はそれが議員だったというだけ。民間ばっかりが「揚げ足とり」されては不公平だよね。

「人の揚げ足とりばっかり、最低の人生」などと言うと、公務員の大半の仕事が「最低」ということになってしまう。

検察は自分の仕事を忠実にやっているだけだ。

 

政治家のグレーな行動は、法治を破壊しかねない。法を立てる人間だからこそ法治の根幹を揺がせにしてはならない。そこが法治の前提。

今回の件は、ちゃんと収支報告に記載されて無かったことだから軽微と考えているのだろうが、民間で未記載なら脱税事案。国税や検察が動く事案。

 

まあ堀江君の捜査は国策捜査の気もするし、犯した罪は前例からすれば執行猶予がつくべきなのに実刑になったから日本の司法に対する不満はわからないではない。だが犯罪捜査は揚げ足とりではなく、検察や警察が犯罪を隠蔽すれば日本の秩序はなくなる。

 

揚げ足取りレベルの話じゃないな。犯罪の可能性ある。パーティー券買った人が、他の人より発言権増すとしたら大きな問題。森友学園問題なんかの根底にある問題のように思う。

 

やむにやまれぬ税金滞納でも行政は鬼のような対応をします。

脱税だって、当たり前だが絶対に許してくれません。

で、なぜに政治家の好き放題が許されるのか? 「これだけ税金を課してふざけんなよ」 というのが国民感情で、堀江氏のおっしゃっている事は個人的感情が丸出しで無理筋ですね。

自民党安倍派の裏金疑惑捜査について疑問

ヤフコメには、ホリエモンさんの意見に対して疑問や反対の声が多かった気がします。

たしかに、疑惑があるなら捜査するのが警察の仕事であり、そこに政治家が絡んでいるとなれば特捜部や検察庁が動き出すのは、仕方がないというか当たり前だと思いました。

ただ、以前から疑問に思っていたのですが、今回自民党の派閥のうち「安倍派」の清和政策研究会ばかりがどんどんボロが出ている印象なのですが、ほかの派閥は捜査されないのでしょうか?

少し前に、自民党5派閥がパーティー券収入の約4000万円を収支報告書に記載していなかったことが分かり、担当者が任意徴収されるというニュースがありましたよね。

告発状によれば、

清和政策研究会:約1900万円分

●志帥会:約900万円分

●平成研究会:約600万円分

●志公会:約400万円分

●宏池政策研究会:約200万円分

のパーティー券収入が記載されていなかったとあり、たしかに清和政策研究会が約1900万円と一番高い額ではありましたが、ほかの派閥もいずれはメスが入るのか!?

どうせなら、すべてを一掃してもらいたいと思っています。

ホリエモンさんの別の角度からの意見にも考えさせられましたが、私はどちらかというと「やるなら徹底的にやってほしい」と思いましたよ。

<追記>

他の派閥についても捜査を続けるみたいですね↓↓

特捜部は、安倍派を含む主要5派閥に対する政治資金規正法違反(不記載、虚偽記載)容疑の告発を受理。臨時国会の会期末(13日)後に、不記載の規模が特に大きい安倍派を集中的に捜査するとともに、他派閥への捜査も継続するとみられる。

引用:「キックバック不記載は派閥の指示」 特捜部聴取に議員側が説明 (msn.com)

 

それはそうと、安倍派の裏金疑惑はついに約5億円にのぼるようで、所属議員の大半にキックバックされていた疑いが持たれているそうですね。

どんどん膨れ上がっていく・・・

自民党の最大派閥「清和政策研究会」(安倍派)が政治資金パーティー収入の一部を裏金化していたとみられる問題で、派閥が直近5年間で所属議員にキックバック(還流)した裏金の総額が約5億円に上る疑いがあることが、関係者への取材でわかった。派閥や議員側の政治資金収支報告書には収支の記載がないという。

※2023年12月12日 4時00分

引用:安倍派の裏金、5億円か 所属議員の大半に還流 派閥側の立件不可避:朝日新聞デジタル (asahi.com)

でも今思ったけど、なぜ特捜部は急にメスを入れ出したのかな。

何かの圧がなくなって捜査できるようになった!?

政治資金のパーティー券収入の問題って、たぶん今になって始まったことではないだろうに不思議ですね。

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.