世の中のこと

マイナ保険証への移行は問題なしと判断?現行の健康保険証予定通り廃止へ

こんにちは。

今回は、「マイナ保険証への移行は問題なしと判断?現行の健康保険証予定通り廃止へ」というテーマについてです。

 

政府は、2023年6月に設置された「総点検本部」によるマイナンバーと各種情報のひも付けを巡る総点検の結果、マイナカードと保険証を一体化する「マイナ保険証」への移行には問題がないと判断、現行の健康保険証を予定通り2024年秋に廃止する方針を固めました。

2023年10月までの点検では、マイナ保険証で8544件、障害者手帳で3063件のひも付けに誤りなどが確認され、またその後の総点検でも、さらに各種ミスが数千件見つかったといいます。

こんなに誤りやミスが多発しているのに、何をもって「問題がない」と判断したのか。

先日も、中国人による1万枚のマイナンバーカード偽装事件がありましたよね。

不安が絶えないカードに健康保険証を紐付けですか。

来秋以降が思いやられます。

スポンサーリンク

マイナ保険証への移行は問題なしと判断?現行の健康保険証予定通り廃止へ

政府は、現行の健康保険証を予定通り来年秋に廃止する方針を固めた。マイナンバーと各種情報のひも付けを巡る総点検が終わり、マイナカードと保険証を一体化する「マイナ保険証」への移行には問題がないと判断した。

(中略)10月までの点検では、マイナ保険証で8544件、障害者手帳で3063件のひも付けの誤りなどが確認された。12日の総点検本部では、各種ミスがさらに数千件見つかったと報告する見通しだ。

政府は登録事務を将来的にデジタル化する方針を示すなど、再発防止策が整ったと説明して国民の理解を得たい考え。

配信

引用:現行の健康保険証の廃止、予定通り来年秋…マイナ保険証への移行に問題なしと判断(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記のニュース記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

北欧ではすでに日本のマイナ保険証のような制度があると聞く。ただし、その制度への移行は20年以上かけて行われたもの。日本はあまりにも拙速すぎる感じがする。完全に移行しても5年ごとに更新手続きがいるそうだし、これから老人が増えて、自宅から自力で動けない人も増える。将来大混乱にならないか心配。

 

絶対反対です。マイナ保険証を作らせる事で、いち早く国民にマイナンバーカードをつくらせたがってるみたいですね。人参目の前につられた馬のように、国民がどんどん管理化させられる。囚人のように国民に番号つけて、権力のある者が、管理したがってるのがよくわかります。今の政権で日本の行く末が心配です。日本国民が早く気づく事が大切だと思います。

 

先日マイナンバーカードのIC不良で窓口負担が150%となったのですが、本当に問題ないでしょうか?

保険証忘れと同じ扱いとなり、市立病院で負担が100%ではなく150%であることに驚きました。

1番の問題はカードを忘れたというこちらの不手際ではなく、ICカードが劣化してしまったのか読取ができなかったという窓口に行かないとわからないトラブルだったことです。

けっこう大きいですよ、予想せずにいたことでその場で3万近く支払うのは。

こういったトラブルへの対策をもっと考えてほしいです。 今までの紙の保険証にはICチップなどなかったのだから、マイナンバーを入力したら負担額情報だけはわかるようにする、少しアナログなシステムにすれば解決できると思うんですけどね。

 

健診施設勤務です。けんぽ健診を受けるには保険証番号で受診資格の有無を確認しなくてはいけません。

申し込みの時にマイナカードでは保険証番号が分かりません。

マイナンバーにて確認することになると、またシステムの更新をしなくてはいけません。

病院に限らず、なにか制度(インボイスなど)が変わる度にシステムの更新を行わねばならず、百万以上の費用がかかります。そこの補助は一切ありません。

 

家族が通院してる整形外科で興味深い文章が貼り出されてる。

整形外科は予約制ではないし日々多数の患者さんが来院します。そうした中、マイナ保険証にした場合、受付けだけで想像を絶する時間がかかる。また、マイナ保険証でも今までより僅かだが窓口負担額が増える。患者さんに負担増を強いることはしたくないし、医院としても機器の購入で多額の出費は出来ない。おそらく整形外科の場合、1台の読み取り機器では済まないので複数台を購入しなければならない。よって当医院はマイナ保険証の導入はしません。

といった内容です。

どれだけ優れた機器でも不具合は生じる。人も間違うことは有るが、仕事が止まることはない。

矢張り私はマイナカードは作らない。

 

今の保険証が不便だと言うなら、マイナ保険証を作るのはわかるが、そうではない。

何故、不便なものに、意地でも変えようとするのかわからない。

暗証番号やら顔認証とかやらないと行けないとなると、一刻を争う医療機関では時間が無駄。

マイナ保険証の認証に手間取り、救命できないと言う、本末転倒の事が頻発する気がする。

 

大学病院勤務です。うちの病院は相当数の患者が来院するのに読み取り機械が一台しかなく、それなのに読み取りエラーも起こるため、保険証の方が格段に確認が早いです。

当院は料金も変わらないため患者さんにも保険証でお願いしますと案内してます。その話をすると大体「そうなんだ。じゃあ意味ないよね、こんなの」と話されます。こんなに問題ありなのに予定通り進める方針ですか?何が目的?そんなに急ぐ理由は何?マイナンバーカードは任意だという話は一体どこへ行ったのか…

 

そもそもマイナンバーカードって任意だよね。

それなのに健康保険証の廃止って異常です。

現在の健康保険証だと外国人の不正を見抜く事が出来ないからマイナンバーカードに一本化したいのは判るけど、先日も中国人が大量のマイナンバーカードの偽造で逮捕されたばかりですよ、それらの事から完全に偽造防止を考えてからにしないと不正行為は無くならない。

現在健康保険料が高いのは日本人が外国人の分迄払わされているからなのだがそちらの取り締まりの強化が先です。

 

知人が財布を落としたそうなのですが、その財布に免許証、保険証、マイナカードなどいれていたそうで、再発行のてつづきしようとして自分を証明するものが全く手元になく、どうしたいいか相談したらわからないと答えられたそうです。自分を証明するマイナカードは最低でも持ち歩かないようにしないと人生終わるかもしれません。

国民の不安は払拭されていないのに何故廃止を決定したのか

岸田首相は、

「保険証の廃止は、国民の不安払拭(ふっしょく)のための措置が完了することが大前提だ」

とし、現行の健康保険証の廃止時期を延期するかどうかは、総点検の結果を見て判断すると言われていましたが、今回の点検結果と更には「登録事務を将来的にデジタル化する方針」も示し、『再発防止策が整った』と説明して国民の理解を得たい考えのようです。

いやぁ、再発防止策が整ったと言われても正直信用できないし、あくまでも『策』ですもんね。

実際に登録事務のデジタル化を施行してみて、それで不具合が起きずスムーズになったことが確認できて、初めて安心できるし解決したと言えるのでは!?

いつも見切り発車な状態で進めていくので、本当に先が思いやられるし不安です。

うちの両親は機械とかまったくダメなので(とくに母親はスマホもATMも扱えない汗)、緊急を要する受診の時とか冗談抜きで心配です。

遠方なので付き添えませんし、そういった心配を抱えている人達もたくさんいるのではないでしょうか。

もう決定は覆らないのかな(>_<)

どんどん困った方向に進んでいく、、、!

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.