暖房器具

オイルヒーターの電気代は1ヶ月どれくらい?メリットデメリットは?

 

秋冬の暖房器具はたくさんの種類がありますが、そのうちの1つにオイルヒーターがあります。

オイルヒーターとは、密閉されたオイルが電気によって暖められ、そのオイルがパネル全体に

回って放熱されることで部屋が暖められるという仕組みの暖房器具ですが、実際のところ

1ヶ月の電気代ってどれくらいなんでしょうか?

 

メリットやデメリットも気になるところですよね。

 

そこで今回は、オイルヒーターの電気代やメリットデメリットなどについてお伝えしたいと

思います。

 

スポンサードリンク

 

【オイルヒーターの電気代】

メーカーや気候、電気代の条件などによって多少変わってくるかと思いますが、今回は

デロンギのオイルヒーターで計算してみました。

1か月の電気代は、おおよそ以下のようになります。

 

*リビング10畳(設定温度19℃)で8時間使用した場合→3024円

*寝室8畳(設定温度15℃)で7時間使用した場合→1260円

 

ゼロ風暖房【あす楽 送料無料】オイルヒーター デロンギ 1500W 約10畳~13畳 ベルカルド RHJ75V0815-CR デロンギヒーター 乾燥しない 暖房器具 クリームベージュ おしゃれ 暖房機 赤ちゃん 子供 高齢者 安全 子供部屋 おすすめ 暖房 器具 ヒーター デロンギのヒーター

価格:31,800円
(2018/8/5 08:31時点)
感想(25件)

 

【オイルヒーターのメリット】

オイルヒーターのメリットには、主に以下のものがあります。

・運転音が静か。

・メンテナンスが簡単。

・温風が出ないため、部屋が乾燥しにくくクリーンな状態を保てる。

・部屋全体が暖まる。

・火傷や火災の危険が少ない。(表面温度は60℃~80℃)

 

 

【オイルヒーターのデメリット】

では逆に、オイルヒーターのデメリットにはどんなものがあるんでしょうか。

・部屋が暖まるのに時間がかかる。(30分以上)

・換気によって効果が薄まる。

・気密性の低い部屋では効果が出ない。

 

スポンサードリンク

 

【電気代を安くするコツ】

以下に電気代が少しでも安くなるコツを挙げましたので、良かったら参考になさってみてください。

設定温度を低めにする

床や壁、天井も暖めてくれるので、少し低めの温度設定でも十分な体感温度を得られます。

 

冷気をさえぎる場所に置く

熱の逃げやすい窓際に置くことで、冷気の侵入を防ぎ部屋を効率よく暖めることができます。

 

タイマーを活用する

電源を切っても暖かさはしばらく続くので、少し早めに切ることで電気代を浮かすことができます。

 

 

【あとがき】

いかがでしたか?

オイルヒーターって、油臭いのかな?とか電気代めちゃくちゃかかるのかな?とか

謎な部分が多かったんですが、空気も汚さず陽だまりのような暖かさでお部屋を包んで

くれる暖房器具だったんですね!

 

電気代も、そこまで高くないのかな?

これに関しては、個人個人の感覚が違うので何とも言えませんが。

 

先にも言いましたが、メーカーなどによって違いがあると思いますので、あくまでも

参考程度になさってくださいね。

 

じわじわと長時間暖めてくれ、また乾燥しにくく音も静かなので、寝室には最適かもしれないですね。

 

値段はピンキリで、楽天では7000円台からありました。

オイルヒーター 送料無料 ヒーター 省エネ おしゃれ 木目調 速暖 即暖 暖房器具 リモコン付き リモコン操作 タイマー付き キャスター付き 節電 節約 エコ 自動OFF 自動オフ

価格:9,980円
(2018/8/5 08:36時点)
感想(4件)

こんな木目調のオシャレなものもありましたよ。

ご家庭にピッタリなオイルヒーターが見つかるといいですね^^

 

⇒やかん油汚れの落とし方。超簡単にピッカピカになる方法をご紹介。

スポンサードリンク

-暖房器具

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.