世の中のこと

コロナワクチン接種後にパーキンソン病を発症したのはなぜ?実際の声

こんにちは。

今回は、「コロナワクチン接種後にパーキンソン病を発症したのはなぜ?実際の声」というテーマについてです。

 

コロナワクチンの接種が始まってから、じつに様々な副反応を見聞きしてきました。

それも他のワクチンとは違い特殊な症状が多く、例えば動悸・息切れや歩行困難、不正出血、帯状疱疹、血尿、脱毛などなど。

たいていの症状は見聞きしていたつもりだったのですが、なかにはワクチン接種後に自分や周りの人がパーキンソン病を発症した、または悪化したという声が何人もあり、びっくりしました。

「たまたま接種後に発症しただけ」と思う人もいるかもしれませんが、今回は実際の声とともに現状をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コロナワクチン接種後にパーキンソン病を発症または悪化したという実際の声

ではさっそくですが、コロナワクチン接種後に自分や周りがパーキンソン病を発症した(又は悪化した)という実際の声を、一部ではありますがご紹介します。

※コロナワクチンかどうかは、内容やプロフィールで判断させていただきました。

すべて人それぞれですが、私の友人も3回接種後パーキンソン病と診断されて、それでもワクチンを信じて5回目まで接種しています。

6回目は、病気が悪化して自分では行くことができないため打てないという笑うに笑えない事態になっています。

 

知り合いがワクチン接種後、パーキンソン病を患い、闘病の末、昨日亡くなりました。因果関係は不明のようですが。4回も接種して何の変化もない夫や私は奇跡ですね。

 

うちの親父、パーキンソン病に…

親父の兄、ベーチェット病かシェーグレン症候群。

どちらもコロナワクチン接種後に発症。

こんな偶然てある?

だから俺はワクチン接種はしない。

 

私の母はワクチン接種後パーキンソン病と潰瘍性大腸炎になりました。 ワクチン接種後に専門医を何件受診しても原因不明と言われた振戦と下痢、大学病院まで受診して何個も検査をしてやっとパーキンソン病と潰瘍性...

 

仕事仲間の従兄弟さんが、ワクチン接種後に持病のパーキンソン病が急速に悪化し、昨日亡くなったと連絡があった。

数日前に従兄弟さんがという話は聞いていたが、早過ぎる

おそらく因果関係なしで終わるだろう。

僕の周囲でもこんな話が増えてきた

 

ワクチン接種後に父のパーキンソン病が突然悪化して歩行困難になったり帯状疱疹で手術した。

当時は家族全員が「なんか急に酷くなったよね…」って言ってた。

でもワクチンの所為とは思わないんだって。

元は健康な人ですら同じ症状で苦しんでるって話が周知されてきてるのにね。

 

町内会の十人の役員の内、ワクチン接種後

癌で二人死亡。一人は脳梗塞で手術も2年経って も身体は不調。

友人は心臓の大動脈乖離で大手術。

知人は二人パーキンソン病で昨年から闘病中。

先の友人の弟は脳血栓で半身不随に。

近所を救急車がひっきりなし。

ワク変でしょ!!

 

先程一月万冊でDappiと本宿氏の話をタブレットで見てました。

私は3年前に新型コロナワクチン接種後、パーキンソン病症状を発症し、徐々に悪化し今では真っ直ぐに自力で立つのも困難な状況の64歳還暦越えの男です。ここ一年半年近く前から一月万冊を視聴してます。

 

お客様のお父様の話。

79才、ワクチン打つまで入院するような大病したこと無し。

3回ワクチン接種後、心臓に異常がみつかり手術。

回復したものの体調不良が続きパーキンソン病と診断される。

で、つい最近帯状疱疹にかかったとの事。

『ワクチンの影響では?』と思いながら聞いていた……

 

70代の身内がパーキンソン病になった。

夏にファイザー2回接種済み。

この病気には詳しくないけど、検索してみるとワクチン接種後に発症した人もいるよう。

誰もワクチンのせいとは思って無いから言い出しにくい。

ワクチンのせいだとわかっても治るわけじゃないし、医者は絶対に認めないだろうし。

 

母が乳癌になりました。

先日、全摘。

ワクチン接種後半年ほどの出来事です。

そして今度はパーキンソン病になったようです。

接種を止められなかった。

この怒りは何処へ向けたらいいのでしょう

コロナワクチン接種後にパーキンソン病を発症したのはなぜ?

なぜワクチンを接種しただけなのに、パーキンソン病などという病を発症してしまったんでしょう。

気になる情報を見つけたので、載せておきますね。

竹下雅敏氏からの情報です。

先の記事で、“リチャード・フレミング博士は、COVIDワクチンがクロイツフェルト・ヤコブ病(プリオン病)を引き起こす可能性を警告”していたことを指摘しました。

ツイートにも、「スパイクタンパク質のプリオン様作用によって、パーキンソン病、CKD、ALS、アルツハイマー病など、いくつかの主要な神経変性疾患が驚くほど増加し、これらの疾患は今後ますます若い人々の間で有病率を高めていくと思われる。」とあります。

引用:若者にコロナワクチンを接種すると、スパイクタンパク質のプリオンのような作用により、今後数年内に、パーキンソン病やアルツハイマーなどの神経変性疾患を引き起こす可能性 /「ワクチン接種後の抗NMDAR脳炎の最初の例」が発見 - シャンティ・フーラの時事ブログ (shanti-phula.net)

それにしても、ワクチンとパーキンソン病なんてまったく結びつきもしませんから、何も知らない人は「ワクチンは関係ないんじゃ?」「たまたま接種後に発症しただけじゃないの?」と思われるでしょうね。

もちろん人それぞれですから、なかには本当に偶然が重なって、たまたま接種後に発症してしまっただけの人もいるかもしれません。

ただ、見過ごせないくらいの多くの声があるのもまた事実ですので、今回はその実際の声をお伝えしようと思いました。

自分や周りの健康のために、良かれと思って打ったワクチンでまさかパーキンソン病を発症してしまったんだとしたら、本当に本末転倒ですし時間が巻き戻ってほしいと思ってしまいますよね。

現在症状に苦しんでいる方が、一日でも早く回復することを願っています。

では今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.