世の中のこと

文科省が適切な対策あれば給食の黙食緩和してOKと通知?順番違う気が

こんにちは。

今回は、「文科省が適切な対策あれば給食の黙食緩和してOKと通知?順番違う気が」というテーマについてです。

 

文部科学省は2022年11月29日、学校の給食時の過ごし方について「適切な対策を行えば会話は可能」だとする通知を都道府県の教育委員会などに出しました。

ということは、ついに給食の黙食が終了!?と嬉しくなった半面、『適切な対策を行えば』という煮え切らない言葉が引っ掛かりましたし、黙食だけ緩和するだけでは今後学校が混乱するなと感じました。

スポンサーリンク

文科省が適切な対策あれば給食の黙食緩和してOKと通知?

文部科学省はきょう、学校の給食時の過ごし方について、「適切な対策を行えば会話は可能」だとする通知を都道府県の教育委員会などに出しました。 政府はこれまで、新型コロナ対策の基本的対処方針で「飲食はなるべく少人数で黙食を基本とする」などと明記していましたが、今月25日の変更でこの記述が削除されました。

(中略)文部科学省のマニュアルには、これまでも「黙食」という言葉は使われていませんでしたが、通知では改めて、必ずしも「黙食」を求めていないことを伝えたということです。

配信記事

引用:「黙食」記述消え、給食時の会話も対策の上で可能と通知(TBS NEWS DIG Powered by JNN) - Yahoo!ニュース

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

結局、現場の判断に委ねる姿勢は保護者の認識差異を生み、最大公約数的な対策が学校・先生にすごい負担をかけていると思います

もはやマスクやアクリル板なんかしててもかかる時はかかるし、居酒屋で守っている人もいないんだから、手洗いうがいの基本的な感染症対策をすれば特に規制ガイドラインは出さない、でも良いのでは

 

適切な対応という曖昧な表現で現場に丸投げされたら現場は混乱しかない。

コロナ慎重派の親御は黙食に賛成するだろうし、コロナどうでもいい派の親御は反対するに決まっている。どちらの派にもモンスターペアレントは存在する。

間をとってどうとかできない事を現場判断となれば、感染対策として黙食継続は自明の理。止めてクラスターが出て叩かれるリスクの方が運営側としては避けるでしょ。

コロナウイルス感染症を、世間的にまずどういう扱いにするのか決めないと。

 

遅すぎるし、適切な対策ってなに?

学校はお上の言うがまま。子どもは先生に従うしかない。

アクリル板はなし、楽しくお話しすることOK、向かい合わせもOK、ただし換気をする、大きな声は出さない、

など具体的にあらゆることについて指針を出してほしい。

遅すぎます。学校はずーっと,徹底した感染対策して、遠足や修学旅行、臨海学校、林間学校を見送ってきました。その間GOTOや旅行支援など真逆のことをして、子供達の息苦しい日々はそのまま置き去りでした。子供のことをしっかり政治や省庁は考えてほしい。

 

この3年間の洗脳をどう戻していくかが大事。

マスク依存症についても大人が率先して外していかないと子供達はなかなか外せない。

 

先週、お昼の時間が3年間で最後だった。

友達と、みんなで机向かい合わせにして喋りながらご飯食べたかったね、とこの1ヶ月くらいよく話していた。小中学生の時は給食中に喋るのがすごく楽しかったから本当に悲しかった。

私より年下の子達が幼稚園や小学校、中学校で話さないというのはこれまでとても苦だったと思う。きっとこれからも学校によっては黙食をさせる学校もあるだろうが、なるべく多くの子ども達が楽しく食事をとれるような環境を作って欲しい。

 

学校関係者です。現実問題で言うと、会話ありの給食実施はほぼ不可能です。

もし会話ありで給食を食べさせた場合、そのグループ内の1人が新型コロナに感染した場合、自動的にグループ全員が濃厚接触者となり、出席停止です。

オンライン授業が進んできたといえ、学校を休むことは少なからず学習に影響が出ます。誰がそのリスクを承知で、会話ありの給食を承諾するでしょうか?

もしそれで保護者からクレームがあれば、学校は謝罪以外の選択肢はありません。大人同士のランチや居酒屋とは、リスクの総量が圧倒的に違います。その違いを認識しないで安易に黙食しないでいいとは言ってほしくないです。

 

ズルい言い方。

なに?適切な対応をすれば…って。

大人はバンバン野放しに会食してるじゃん。

政治家たちも自由にやってるじゃん。

子供も自由にさせてくれるけど、 適切な対応をするっていうのは 給食を自由に食べたくない、寡黙に食べたい人だけが集まる部屋を作るってこと?

それくらいきっちり自由部屋にしてくださいね。

中途半端な対応にして、結局自由のない学校生活に押し込むような対応だけはやめてください。

自由にしてください!

将来結婚できない、する気にもならない子供達を量産してるのは政府ですよね?

やたらソーシャルディスタンス、いまだにソーシャルディスタンスって、いい加減にしてくだい。

 

今更?第8波なのに?それなら、感染状況に関係ないと思ういうことですよね。給食中ちょっとでも喋ったら、『黙食︎』と怒鳴られてきたのに、子どもたちにどう説明するの?『対策すればOK』なんて、2年前くらいに提案しましたけど。『その時は、色々なことが解明されていなかった』という言い訳はやめてほしいですね。どうぞ現場に出向して、子どもたちの顔を見て説明してください。

 

色々な意見はあるでしょうが・・

大人は忘年会で黙食ですか?

大人はワールドカップのパブリックビューイングで黙食ですか?

大人は旅行支援を使用し旅行しても沈黙を守っていますか?

子供は黙食なんて、あまりにも可哀そう。

大人は自由に飲み食いしているんだから、子供も自由にしていいと思います。

 

厚労省はなぜ5類に下げないのだろう?

5類に下げないまま、なし崩し的に対策を緩めて、

もし学校でクラスターが起きた場合に 誰が責任をとるのだろう?

5類に下げず、 新型コロナの扱いを変えないくせに、 子供は食事中の会話OK。

大人がレストランでの会話は?

飲み屋での会話は?

無茶苦茶で意味がわからない。

スポンサーリンク

順番違う気が。このままでは混乱が予想される

上記のコメントにもありましたが、なぜ5類に引き下げる前に黙食緩和なんてことをするのでしょう。

コロナは依然として感染症法上2類に分類されていますよね。

それなのに給食の黙食だけ緩和したとしたら、、、万が一クラスターとやらが起こった場合、やれ学級閉鎖だの濃厚接種者が誰々だの、あの子が大声出したからだなどと大騒ぎになり、黙食終了反対だった保護者達からは「ほら見たことか!!!」と、現場の先生たちが責められるのではないかと心配しています。

文部科学省に限らずですが、いざとなったら責任を逃れるためなのか知りませんが「適切な対策をすれば」とか、「必ずしも必要ではない」「原則として必要ではない」「状況によっては可能」などと煮え切らない言葉を使って通知や発表をしますよね。

これだと、結局一番板挟みになって困るのは現場の方たちなのではないでしょうか。

今回の場合ですと、黙食反対の保護者からは「一刻も早く黙食終了を!」と言われ、でも黙食を続けさせたい保護者からは「本当に大丈夫なんですか!?」と言われる。

両方が納得するような環境作りをすると言っても限界があるし、万が一のことを考えると踏ん切りがつかない、、

そんな状況を一気に変えるには、やはりコロナを5類に引き下げて何もかも普通の扱いに戻すことなんじゃないかと思います。

そうすれば、これまでの給食風景に戻しても目くじらを立てる親はいないでしょうし、クラスターだーー濃厚接触者だーーとビクビクすることもなくなるので先生達も肩の荷が下りるでしょう。

マスクも自由化にすることができるので、子供たちの心身の健康にも安心です。

ただ、さすがに3年は長すぎましたね。

かなりの子供たちが洗脳されていると思いますので、いざ黙食終了となっても「他人がいる時の食事は一切会話しない」というのが刷り込まれていて、なかなか思うように進まない気もしています。

マスクも然り。

本当に長すぎました。3年って!!!

では今回はこのへんで。

スポンサーリンク

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.