お月見

お月見の本当の由来は?子供に日本の行事を正しく教えよう!

秋の夜空に浮かんだ美しいお月様を眺め、お団子をお供えする風習

「お月見」ですが、そもそもお月見って、何のためにするんでしょうか?

しかも、正しいやり方もよく分からないという人は多いはずです。

 

そこで今回は、お月見の由来や意味についてお伝えしたいと思います^^

 

スポンサードリンク

 

【お月見は日にちが決まってるの?】

お月見は、毎年旧暦の8月15日のことをいい、この日を俗に「十五夜」と呼んでいます。

 

今の暦でいうと、9月中旬~10月初旬になるんですが、旧暦の日付で

決まるので、お月見の日にちは毎年変わることになります。

 

ちなみに、2018年~2025年のお月見の日にちは以下の通りです。

・2018年 9月24日

・2019年 9月13日

・2020年 10月1日

・2021年 9月21日

・2022年 9月10日

・2023年 9月29日

・2024年 9月17日

・2025年 10月6日

 

【なぜ十五夜というの?中秋の名月って何?】

月は、常に満ち欠けを繰り返していて、新月から満月になるまでに

約15日かかることから、満月のことを「十五夜」というようになりました。

 

満月は1年に12回もあるのに(うるう年は13回)、なぜ十五夜といえば

お月見の日をさすようになったんでしょうか?

 

それは、旧暦8月15日の満月は、1年のうちで一番明るく美しいとされる

ことから、「中秋の名月」といわれ、十五夜といえば旧暦8月15日の満月を

さすようになったんだそうです。

 

【お月見の衝撃の事実!】

じつは、旧暦8月15日の中秋の名月は満月ではないことが多いんですって!

 

本来、新月から満月になるまでの平均日数は、細かく記すと約14.76日

となり、旧暦15日と誤差が生じてきちゃうんです。

 

他にも様々な理由があるようですが、でもドンピシャで中秋の名月が「満月」になる年があるみたいですよ。

 

それは

2021年、2022年、2023年

だそうです!!

 

3年連続だなんて、ワクワクしちゃいますね^^

 

【お月見をする意味とは?】

①月に感謝をする

昔は電気がなく、人々は月明かりを頼りに夜遅くまで農作業をしていました。

そのため、月に感謝をする風習が生まれたそうです。

 

②農作物の豊作祈願

秋は農作物の収穫時期です。よって、農作物の豊作祈願と、無事に収穫が

終わった感謝を月に行ったそうです。

 

③月を愛でる

日本では古来より、月を眺めて楽しむ習慣がありました。

中秋の名月は1年で最も美しいと言われていることから、この日に月を眺め

愛でる風習ができたそうです。

 

【なぜ団子とススキをお供えするの?】

<団子>

十五夜では、15個の団子をお供えします。

豊作祈願と収穫への感謝をするため、お米を使って月に似せた団子を

作りお供えするようになったそうです。

⇒お月見のお供え物の意味と、正しい団子の供え方をご紹介します。

 

<ススキ>

ススキは稲穂の代わりとして、米の豊作を願って飾るそうです。

地域によっては、本物の稲穂を飾る所もあるようです。

 

スポンサードリンク

 

【あとがき】

なるほど、お月見について少しだけ知ることができましたね。

 

これで子供に聞かれても、答えられそうな気がします^^

 

最近では農業をやる人も減ってきてしまいましたし、お月見の日は「月を見ながら団子を食べる日」

なんて単純に思っていましたが、今年からは月に感謝して愛でたいと思います。

 

昔の方々が頑張ってくださったから、今の豊かな日本があるんですもんね。

平和ボケしてしまってますが、それを忘れず感謝していきたいと思いました。

 

以上、お月見についてでした^^

 

⇒【お月見どろぼう】発祥や意味について~子供に伝えよう日本の行事~

スポンサードリンク

-お月見
-

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.