世の中のこと

エリザベス女王死去。ロンドン橋が落ちたのコードネームの意味とは?

こんにちは。

今回は、「エリザベス女王死去。ロンドン橋が落ちたのコードネームの意味とは?」というテーマについてです。

 

イギリス王室のエリザベス女王が、日本時間の9月9日午前2時30分に死去されました。

エリザベス女王は1952年、当時25歳の若さで女王に即位し、在位期間はイギリス君主として歴代最長の70年にもわたりました。

一つの時代が終わったという感じですね。

ところで、エリザベス女王の体調が思わしくないというニュースが出始てから、「ロンドン橋」「ロンドン橋が落ちた」などという言葉を目にするようになりました。

ツイッターにも、一時「ロンドン橋」がトレンド入りしていましたよ。

エリザベス女王とロンドン橋、一体どんな関係があるのでしょう。

スポンサーリンク

エリザベス女王死去

イギリスのエリザベス女王が、スコットランドにある静養先のバルモラル城で亡くなりました。96歳でした。

エリザベス女王は8日から「健康状態が懸念される」として医師団の管理下に置かれていました。その後、王室メンバーが続々と女王のもとに集まっていることが報じられ、状態を心配する声が高まっていました。それから半日もたたない日本時間9日午前2時半に、滞在先のバルモラル城で亡くなったと発表されました。

(中略)地元メディアによりますと、葬儀は10日後にウエストミンスター寺院で行われるということです。

引用:エリザベス女王死去 葬儀は10日後にウエストミンスター寺院で 

ツイッターの反応は?

エリザベス女王が死去したというニュースを受けて、「ロンドン橋」についても話しているツイートがたくさんありましたので、一部ご紹介します。

バッキンガム宮殿には、王室メンバー逝去のコードネームがあり、"Bridges "というコードは、生前から以後への移行を意味する。

女王のコードネームは「ロンドン橋」だと、ガーディアン紙は2017年に報じた。

女王が逝去するとき、バッキンガム宮殿の職員は "ロンドン橋が落ちた "というフレーズを使う

 

英国政府は、エリザベス女王の死への対応として、”オペレーション・ロンドン・ブリッジ”と呼ばれる計画を実施します。”ロンドン橋が落ちた”という暗号が即座に発信され、商店は閉鎖され、市民は仕事を終えて帰宅し、12日間の全国的な喪に服します。

 

先程アナウンスがありました。ロンドン橋落ちたの合図がスタート。 私の配信も落ちました。

 

コード296「ロンドン橋落ちた」

 

イギリスのエリザベス女王が亡くなった。

そして「ロンドン橋落ちた」作戦が始まる。

大英帝国関連の国々が喪に伏す。

これが、本当の「国葬」なんだな。

 

ロンドン橋が落ちた!

皆さん,これから嵐がやってきます。

シートベルトをしっかりしめてください。

 

壮大やな…

エリザベス女王の国葬は…

「”ロンドン橋が落ちた”という暗号が即座に発信され、商店は閉鎖され、市民は仕事を終えて帰宅し、12日間の全国的な喪に服します。」だって…

前もって計画されているんだね… 天皇の国葬の儀式と同じような壮大さがあるのね…

スポンサーリンク

ロンドン橋計画は実際に存在するようだ

壮大すぎて私にはよく分かりませんが、ロンドン橋計画というのは前々から存在しており、エリザベス女王のコードネームが『ロンドン橋』というのも本当みたいですね。

今回、エリザベス女王が亡くなられたので「ロンドン橋が落ちた」。

それに伴い、イギリスでは各種行事が数日にわたって執り行われる模様です。

何か世界でも動きがあるのですかね。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.