スピリチュアル 芸能 芸能人

三浦春馬さん太陽の子エピソード。神様トンボ発見!今年も拝めました

こんにちは。

今回は、「三浦春馬さん太陽の子エピソード。神様トンボ発見!今年も拝めました」というテーマについてです。

 

既に知っている方も多いかと思いますが、2021年に公開された「映画 太陽の子」が、2022年8月5日に特別上映されました。

特別上映には黒崎博監督やプロデューサーの森・コウ氏などがゲストで登壇され、トークセッションが開催されたそうです。

そのなかで、2019年撮影当時、京都撮影期間中に同じ宿を共にしたキャスト・スタッフたちのエピソードにも触れ、三浦春馬さんのエピソードも話してくださっていましたので、知らなかった方のためにご紹介しますね。

また、今年も「神様トンボ」に出会うことができましたので、画像と動画でお見せしたいと思います。

考えてみたら、もうお盆になるんですね。

春馬さんも天界から帰ってきますね。

スポンサーリンク

三浦春馬さん太陽の子エピソード

主演・柳楽優弥、有村架純、三浦春馬の豪華共演で、”日本の原爆研究”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの姿を描いた青春グラフィティ『映画 太陽の子』(21年)。8月5日に同作の特別上映会が行われ、監督の黒崎博、プロデューサーの森・コウらをゲストに迎えた舞台挨拶とともに、作品のテーマに沿った“若者の未来を語らう”ウクライナ支援を目的としたトークセッションが同時開催された。

※2022.08.10記事

引用:三浦春馬と柳楽優弥が炎天下で全力疾走、かき氷エピソードも!『映画 太陽の子』監督が振り返る撮影の思い出 | ムビコレ | 映画・エンタメ情報サイト 

春馬さんや共演者のエピソードについては、

話題は2019年撮影当時、京都撮影期間中に同じ宿を共にしたキャスト・スタッフたちのことへ。黒崎監督は「ハードスケジュールの撮影でしたが、それでも時間ひねりだしてキャストと飲みに行く機会が何回かはありました。翌朝朝3時出発なのに12時まで3人たちとご飯を食べに行ったりして、プロデューサーに怒られる、なんてこともありました。でも、そういった時間はとても貴重で、兄、弟の関係を超えて、お互いにリスペクトしあう柳楽さん三浦さん、そんな男性陣から有村さんへのリスペクト。それぞれが尊重し合っている感じがあり、とても楽しい席でした」と振り返る。

暑い夏の撮影中のエピソードでは、「柳楽君と春馬君が炎天下の賀茂川で何回も全力疾走するシーン。1日の終わりには2人ともグロッキーになってしまうくらい、全力で走っていただきました。撮影の合間にふと2人の姿が消え、森プロデューサーに電話したら『近くの店でかき氷食べてる』っていうので『すぐいきます』と合流しました」と茶目っ気まじりに夏の日の一コマを懐かしんだ。

引用:三浦春馬と柳楽優弥が炎天下で全力疾走、かき氷エピソードも!『映画 太陽の子』監督が振り返る撮影の思い出 | ムビコレ | 映画・エンタメ情報サイト

スタッフさんや共演者の方たちと良い関係が築けていたことがうかがえました。

かき氷を美味しそうに食べる春馬さん、想像してみたらとてもホッコリしましたよ^^

柳楽優弥さんや有村架純さんも穏やかそうな方たちですから、居心地が良かったのではないでしょうか。

神様発見!トンボ今年も拝めました

朝ウォーキングをしていたら、ヒラヒラと舞う黒い物体が視界に入りました。

目を向けてみると、なんと神様トンボがヒラヒラと舞っているではありませんか!!

今年も拝むことができ、とてもありがたい気持ちです。

 

もうすぐでお盆ですね。

故人があの世から帰ってくる期間です。

春馬さん、かっこいい馬に乗って颯爽と駆け下りてくるかな。

帰りは馬じゃなくて、牛に乗ってゆっくり帰って行ってね。

スポンサーリンク

-スピリチュアル, 芸能, 芸能人

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.