世の中のこと

ワクチン4回目の接種券は対象者以外にも届くって?在庫処分のためか

こんにちは。

今回は、「ワクチン4回目の接種券は対象者以外にも届くって?在庫処分のためか」というテーマについてです。

 

コ〇ナの重症化を防ぐ目的で実施するワクチンの4回目接種が、早くも5月下旬から始まろうとしています。

対象は60歳以上の人、18~59歳で基礎疾患がある人や医師が重症化リスクが高いと認めた人となっていますが、厚生労働省は3回目接種を受けた全員に自治体の判断で接種券を配ることを認めました。

よって、自治体にもよりますが3回目接種を終えている人のもとには、そのうち4回目の接種券が届くことになります。

仮にそうなったとしますと、たとえば自分は対象に入っていなくても、4回目の接種券が届いたら何となく「打たなきゃ」と思ってしまい、打つ人がいるのではないか?と懸念しています。

何かもっと良い方法はないのですかね。

スポンサーリンク

ワクチン4回目の接種券は対象者以外にも届くって本当?

新型コロナウイルスワクチンの4回目接種について、厚生労働省は、3回目接種を受けた全員に、自治体の判断で接種券を配ることを認めることにした。10日付で全国の自治体に事務連絡を出した。18~59歳の基礎疾患がある人に接種券を確実に送ることが目的だが、自治体によっては対象外の人にも届く。

引用:4回目のコロナワクチン、対象外の人に接種券が配られる場合も(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

自治体にもよるみたいですから、上記の記事だけ見ますと全国の地方自治体すべてではないようですね。

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

コロナワクチン接種の記事に、前回も投稿させていただきました。
現在、還暦を迎え60歳の者です。
1回2回目はファイザー、3回目は交互接種モデルナを打ち39度近い高熱と倦怠感で地獄をみました。次回は3回目接種した方に接種券を送付とのことですが、正直なところ本当に接種が必要なのか、辛い3回目の接種副反応を経験するとこの先、4回目5回目、そしてその先のいつまで続くのかわからないワクチン接種に大きな不安を抱えます。説得力のある明快なワクチン接種の必要性を教えていただきたいです‥

 

接種対象者が60歳以上と18歳以上で基礎疾患がある人や重症化リスクが高い人と限定されているにも関わらず、
接種券を3回目接種を終えたすべての18歳以上の人に発送するところにワクチンを在庫処分したい意図が透けて見える。

また稀であってもワクチン接種による重篤な副反応や死亡することがあるのに誠実な対応もせず、
コロナそのものの発症リスクが少ない若年層にまで接種をゴリ押しする国と地方自治体には不信感しかない。

 

「18~59歳で基礎疾患がある人のほか、医師が重症化リスクが高いと認めた人」とかにせずに、4回目の接種を希望するか否かを(あまり費用をかけないで)確認すればいいと思う。国や自治体が何も考えずに3回目のワクチンの準備をしたから大量廃棄が発生した。近いうち(数年以内)にコロナワクチンは有料になると思うので、そうなると季節性インフルのワクチン同様接種を希望する人だけが接種するようになる。

 

アメリカからの圧力があり国としては在庫処分したいのが本音のようですね。
今後は、改憲に伴い「緊急事態条項」も追加してワクチン接種を強制的にする可能性が高いです。
緊急事態条項をぜひ調べましょう。
徴兵制や財産没収も可能になる恐ろしい条項ですから。

 

対象を決めてても、取り敢えず皆に送れば打ちたくて待ってる人や接種券が来れば打たないといけないと思い込む人に打って貰えると在庫がはける。4回目打つと5回目はもっと間隔短く接種券が届く。

 

最近やたらと帯状疱疹のCM見ませんか?

「加齢による免疫低下」でなるような事を言ってますがなんで『今』やたらと流すんでしょうね。

ワクチンの副作用で帯状疱疹になってる方もたくさんいるのに政府は「加齢」が原因と印象付けたいんですね。

 

三回目も躊躇しております、
あの副反応はおかしいです。
そして先日テレビでワクチン打って下半身不随になった方が放映されました。
皆が皆ではないけれど、いつどこで自分がどうなるか?わからない。
ワクチンでお亡くなりになった人もいます。
そして、未来的には発癌性があると言われています。

本当に恐ろしい。

どんなものでも完璧はないにしても、せめて飲み薬が早く出来ることを願います。

 

何回接種させるつもりなのか

いい加減にしてほしい

何かがおかしい
周りには重症者とかの話全然聞かない

接種より
辛い症状の時 適正な診察 治療を施してほしいです
自宅療養でなく 入院とか

今の時点で病床利用割合はどうなんだろう
第7波とかいってるけど
年齢別重症化率とか 知りたいことはいつも報じられない

スポンサーリンク

なぜ3回目接種をした全員に接種券が配られるのか?義務感で打つ人が続出しそう

なぜ3回目接種をした全員に接種券が配られるのかと言いますと、

基礎疾患がある人を自治体は把握していないことが多く、接種に際して厚労省は本人の申し出に基づく方法を例示していたが、人口が多い自治体を中心に、「一人ずつ対応していると事務作業が追いつかない」との声が上がっていた。

というのが理由のようです。

自治体も大変でしょうからね。分からなくもないのですが、しかしもっと良い方法はないのかな?と思ってしまいました。

序文でもチラッと言いましたが、接種券が届くと何となく義務感が生まれ「打たなくてはいけないのではないか」と思い、予約して打ってしまう人が続出しそうな気がするからです。

またほかには、「対象じゃなくても打ちたい!」と思っている人もいるでしょうから、そういう人達は接種券が届いたら予約すると思います。

以上を踏まえて考えますと、『あわよくば』打つ人が増えて在庫が捌けたらいいな~という魂胆が頭をよぎりましたよ。

私の考えすぎですかね?

4回目からは、対象者は自己申告で予約して接種すればそれでいいのでは??

なぜ税金や人を使って、わざわざ手間のかかる「全員配布」にするのでしょう。

「一人ずつ対応していると事務作業が追いつかない」

そりゃたしかに大変ですよね。

だからこそ、インフルワクチンのように対象者が自分で動けばいいのでは?と思ったのですがどうなんでしょうね。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.