世の中のこと

ワクチン3回目接種率を年代別に初公表?若者の接種促進にパンダ鑑賞券

こんにちは。

今回は、「ワクチン3回目接種率を年代別に初公表?若者の接種促進にパンダ鑑賞券」というテーマについてです。

 

政府は2022年4月11日、ワクチン3回目の年代別接種率を初公表しました。

これによりますと、10~30代の接種率がとくに低い傾向にあり、若者の接種率を何とか上げようと至る所で特典やサービスを展開しているようですね。

「ワクワクイベント」もその一つでしょうか。

そもそも、まず重症化しない若者や子供の接種をなぜそこまでして促しているのか、そこからして疑問に思いました。

健康な子供や若者はウイルスより自分の免疫力の方が強いから、たいていは無症状や軽症で済みますよ。

本当に不思議ですね。

スポンサードリンク

ワクチン3回目接種率を年代別に初公表?

高齢者を皮切りに新型コロナウイルスワクチンの一般住民への接種が開始されてから、12日で1年となる。1、2回目は人口の80%近くが打ち終えたが、年明けから本格化した3回目の追加接種は45.4%にとどまる。政府は11日、3回目の年代別接種率について初公表。20~30代が20%台と若い年代ほど低い傾向が浮き彫りになった。

引用:3回目、20~30代は20%台 年代別接種率、初公表(共同通信) - Yahoo!ニュース

 

高齢者と比べると、やはり若者や中年層の接種率が低い気がしますね。

これに対して国際医療福祉大の和田耕治教授(公衆衛生学)は、

「3回目接種が一定数進んでいることがブレーキになるが、これから5月の連休にかけ人の接触機会が増えると、さらなる感染拡大があり得る。年代を問わず接種できる時期が来たら早めに打ってほしい

と仰っていました。

ワクチンって、予防効果がないことが分かってきたのに感染拡大を回避するために打つ??

一時的に抗体値は増えるかもしれませんが、そのあとすぐに下がってしまいますよね。

それに、重い副反応のことについてはどうお考えなのでしょうか。

などと色々疑問に思いました。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

初公表されても‥
個人個人、体調も考え方も違うので年代別の接種率見ても少ないから接種してくださいは違うと思います。
ワクチン接種を呼びかければかける程、不信感を持つ人が増えると思うので、接種券が届いたら自分の体調や環境を考えて、接種するしないを自分で決めればいいと思います。

 

中長期的なリスクは治験中なのに、複数回接種を推奨するのはどうなのか。
しかも変異したウイルスに対してワクチンは全く進歩せず、当初の使用期限を延長している。
2回目で完結するはずであったのに、後付けの理由で推奨されてもね。
イスラエルの前列をみても、打ち過ぎにより免疫がおかしくなって感染率が増えてる気がしないでもない。
一時的に抗体は増えるようだけど、数ヶ月のことはわからない…

 

接種しようがしまいが健康で人間的な生活ができればそれで良い。特に若者は感染しても多くが回復する傾向にある。そんな傾向において、副反応が問題視されるワクチンを積極的に接種しようとするだろうか。
ワクチンを接種しなければ人間的な生活をさせないとでもいいたいような風潮も存在するが履き違えてはいけない。ワクチン接種を控えるのは悪ではない。控える人を叩くことこそ悪である。

 

ワクチン接種に対して、副反応の酷さ、身体に問題が起きても、政府は何もしてくれないことは既に判明しています。身体のトラブルに対する生活保証や医療保証、身体トラブルの原因調査や感染メカニズムを全く調査もしない政府や厚生労働省に対して、様々なリスクを覚悟してワクチンを接種するのでしょうか?「感染者数のピークは2月上旬に越えた」とコメントする政府の似非専門家のコメントからも新型コロナウイルス感染症対策専門家会議に参加しているメンバーは全く信用するに値しません。接種は努力義務(任意)です。様々なリスクや政府・自治体の対応を考えれば、接種率が低いのは当たり前だと思います。

 

何のために3回目を接種するのかを考え直した結果だと思う。
あくまでも重症化を防ぐワクチン。
しかしほとんどが重症化しない。
それより副反応があり会社や仕事、学校を休まないといけない。
さらに将来に渡る生殖系などの副反応や弊害のリスクがある。

打たなくても重症化する可能性や後遺症と言われながらワクチンを接種してもコロナに感染や発症する。
それなのに政府はデメリットの説明はなく打てや打てやの一点張り。
しかもワクワクキャンペーン?
そりゃ接種に意味を感じなくなるし、不安になるでしょ。

 

一度も接種してない自分ですが2月にコロナ罹患しました。
熱は37.5咳無し・鼻ノドの違和感がしばらく続いた程度、隔離後に耳鼻科受診し処方薬で完治。
同じ職場の方、2回接種で罹患し39.9度の発熱、死ぬかと思ったとのこと。
これはあくまで一例に過ぎないとは思いますが、結局はマスコミや専門家集団に踊らされてはいけないと強く思います。
自分で考えて自分で判断する、他人が接種するから他人が接種しないからでは賢い判断はできないと思います。

 

そもそもワクチン副反応やワクチン後遺症についての情報提供も誠実になされず、補償についても後ろ向きの政府の姿勢に不信感しかない。武漢株向けの期限切れワクチンをムキになって接種させようとする点、不使用の場合にペナルティを課される契約内容であるということが容易に想像できる。
製薬会社との契約内容を開示してほしいです。開示できないならその理由を教えてほしい。

スポンサードリンク

若者の接種率促進のためパンダ鑑賞券を特典に!?

東京都の小池知事は、若い世代の3回目のワクチン接種を促進するための、上野動物園の双子パンダが見られるプレミアム入園券など特典を発表しました。

引用:若者の3回目接種促進へ 小池知事がパンダ観賞入園券など特典発表(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース

小池知事は、「感染の連鎖を断ち切るためにも、若い世代の方々に接種をしていただくということが重要かと思います」と仰っていましたよ。

なぜ感染の連鎖を断ち切るために、若い世代のワクチン接種が重要になるのでしょう?

少し前には『思いやりワクチン』などという意味の分からないポスターが出ておりましたが、

「打つことは守ること」って、ワクチン打っても感染するしさせるんですよね?

今言われている唯一の効果は、『重症化予防』です。

でも健康な若者や子供だったらまず重症化はせず、ほとんどが無症状や軽症で終わる。

だったら、なんで若者がワクチン打つことが重要になってくるの!?

仮にですよ、重症化予防が本当にされるのであれば、リスクのある高齢者や基礎疾患持ちの方が接種すればそれで良いと思うのですが。

だって、それで重症化は防げるんでしょ?

じゃあもうそれでいいじゃん。

なぜこんなに躍起になって特典までつけて、若者や子供に接種を促すのかが理解できません。

それに、例えばうちの両親みたいに、たしかに高齢者だけども運動もしていて無農薬野菜中心の食事で添加物をあまり摂っていないお年寄りなんかは、コンビニ弁当やジャンクフードばかり食べて不摂生な生活を送っている若者よりも免疫力高い気がしますので、「高齢者」とか言って一括りで勧めるのもどうかと思いました。

要は、自分の体なんだから自分が打たないと決めたのならそれでいいと思うし、逆もまた然り(両親は3回目は打たない事に決めたそうです)。

とにかく、もう放っておいてくれと思っています。

また、政府や自治体は表では「差別はあってはならない」なんて言ってますが、そもそも分断を生み出しているのは貴方達なんじゃないですか?とも思っています。

もうほんと、むしろ何もしないでほしい。

ちなみに、うちの子供(19歳)の学校の友達は、今のところ3回目接種率0%だそうです。

2回目までは打ったけど副反応が酷過ぎたからもう絶対に打たないという子もいれば、1回目打って何かがおかしいと思って2回目はやめたという子もいるとか、、

若者は賢いですからね、一筋縄ではいかないと思いますよ。

では、今回はこのへんで。

-世の中のこと

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.