芸能 芸能人

ゆりやんがダンプ松本役で50キロ増量指令?もはや笑える範疇ではない

こんにちは。

今回は、「ゆりやんがダンプ松本役で50キロ増量指令?もはや笑える範疇ではない」というテーマについてです。

 

チームユニット『極悪同盟』の中心メンバーとして、1980年代の女子プロレスブームを牽引した“人気悪役”の女子レスラー『ダンプ松本』さんを主役にしたドラマを制作するにあたり、芸人のゆりやんレトリィバァさんが主演を演じることが決まりました。

これだけ聞くと、へ~そうなんだ~で終わりなんですが、なんと当時115キロだったダンプ松本さんの体形に近づけるべく、ゆりやんさんに50キロ増量の指令が出たというから驚きです。

期間は半年だということですが、これはいくら何でも笑える範疇ではなく、ゆりやんさんの健康が心配になりました。

スポンサードリンク

ゆりやんがダンプ松本役で50キロ増量指令?

ツイッターのトレンドにもあがっていました。

「制作発表前の昨年10月くらいからオーディションはしていたのですが、主役がなかなか決まりませんでした。

最終的に、ドラマの企画・脚本を務める鈴木おさむさんの“鶴の一声”で、彼女に白羽の矢が立つことになったのです」(芸能事務所関係者)

(中略)全盛期の体重が115キロほどの巨体だったダンプを演じるにあたり、せっかく痩せたゆりやんに“ダンプ松本化指令”が――。 「現役時代のダンプさんに近づくため、ゆりやんさんにはダイエット前の体重、つまり50キロほど増量してもらう必要があります。

引用:ゆりやん ダンプ松本役でドラマ主演内定!激ヤセからの50キロ増量指令には呆然(女性自身) - Yahoo!ニュース

 

ゆりやんさんは2018年末からダイエットに取り組み、最大110キロあった体重から45キロも減量したことで話題になりましたね。

現在のゆりやんさんは随分とほっそりされて、化粧映えもする可愛らしい女性に変貌を遂げています。

それなのに、再びダイエット前の体重くらいにまで増量をするって??

プロレスラーの役ですから、筋肉を付けながら増量していくとのことですが、いくら若いとはいえ身体にかなり負担がかかるのではないでしょうか。とても心配です。

 

ヤフコメの反応は?

上記の記事に対して、世間からはどのような反応があったのでしょうか。

一部ご紹介します。

50キロ増やしては虐待ですよ。

 

まじでやめてあげて。せっかく痩せたのに……急激に太るのは体にも悪いですよ。病気のリスクも高くなるし。
だったら今現在で体型が近い人に演じてもらうほうがいいと思う。

 

半年で+50kg?身体壊すんじゃない?以前の体型は長年の累積から出来たもので...半年足らずで作るものじゃない。大丈夫かな..。

 

自分もこの仕事は断る方がいいと思う。循環器やホルモンバランスが崩れて、ゆりやんさんの身体になんか問題が出たとしても、誰も助けてくれんだろうし。
役に合わせてとか時代錯誤だと思うよ。

 

50キロ増量指令が事実なら、ある意味、虐待、傷害だと思う。

目に見えるケガをさせる事だけが、虐待、傷害じゃないと思う。

肥満は、さまざまな病気の元になるし、コロナひとつとっても、重症化のハイリスク。そんな事、常識なのに、役のために指令するなんて信じられない。

本人が自分の意思で受けたなら、罪に問う事はできないだろうけど、断り切れなくて受けたかもしれないなぁと想像すると、かわいそうすぎて、そんなドラマ、見てられない。

 

キャスティングに悪意を感じますね。
ゆりやんにオファーしたら、マスコミが注目すると読んだんでしょうけど、他のコメ同様、体の負担が大き過ぎると思いますよ。

 

時代の変化とかコンプライアンス遵守とか関係なく、人の健康を害するような恐れがある仕事が発注されて、まかり通ってしまうような状況が信じられません。題材のもとになったご職業と従事していた方達はプロフェッショナルでした。しかし、ドラマとして再現する上でこんなひどくてショッキングなことを「プロ根性」などと呼ぶことはあってはならないし、それをおかしいと思う人がいないプロジェクト自体が異常です。

 

断固反対。
他にも適役な俳優さんいるはずなのに今のゆりやんにオファーだなんて悪意しか感じない。

ゆりやん側からは断れないでしょうよ。

面白がってるだけ!
ゆりやんさんには悪いけど、絶対観ない。

女芸人だからって何をさせても許されると思うな。

かなりの反響があったようでコメント数も多かったですし、大多数が反対意見や疑問を問う意見だったように思います。

私も同じように思いました。

スポンサードリンク

テレビって一体どんな世界なの?

私は今まで頭がお花畑状態で尚且つ『テレビっ子』でしたから、テレビや芸能界の世界はとても華々しく見えて雲の上の存在、観ていて溜息が出るほど憧れていました。

しかし2020年7月、三浦春馬さんのあの事をきっかけに、私の中で美化されていたテレビや芸能の世界がバラバラと音を立てて崩れ去り、そしてのちのアメリカ大統領選挙でもって完全に目が覚めました。

ですので、今回のゆりやんさんの事も到底笑える話題ではなく、かなりドン引きしてしまったのですが。

もしもゆりやんさんの体に何か異常が起こっても、コロナワクチン同様「自己責任」「同意したんだよね?」などと言われて終わりでしょう。

もしかして、体調を崩すことさえも話題作りとして利用するかも?そんな怖いことも考えてしまいましたよ。

ゆりやんさん、断れば良かったのに。

そうは思ってみたものの、きっと立場的に断ることは無理だったのでしょう。

どうか、体調を崩すことがありませんように(ノД`)・゜・。

では、今回はこのへんで。

-芸能, 芸能人

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.