ハロウィン

ハロウィンの由来や意味を簡単にご紹介!トリックオアトリートの意味も

こんにちは。

今回は、「ハロウィンの由来や意味を簡単にご紹介!トリックオアトリートの意味も」というテーマについてです。

 

私が子供のころは、日本の一大イベントといえば正月くらいでしたが、今ではハロウィンも盛大なイベントの一つとなっていますよね。

毎年大勢の人が思い思いの仮装をしたり、美味しくて面白いハロウィン料理を食べて楽しい時間を過ごす方が多いと思います。

でもハロウィンって、考えてみたら実のところ何のための行事なの?と密かに思ってる方も多いのでは!?

そこで今回は、ハロウィンの由来や意味、「トリックオアトリート」の意味などについてご紹介します。

スポンサーリンク

ハロウィンの由来や意味について

そもそもハロウィンとはどんな行事?

ハロウィンはもともとヨーロッパ発祥の民族行事で、秋の収穫を祝い悪霊を追い出す祭りとして行われていました。

ヨーロッパでは10月31日が1年の終わりとされており、この日は亡くなった人の魂がこの世に帰ってくると言われていたんです。

だからハロウィンは、毎年10月31日の決まった日に行うんですね。

なんだか、日本でいう「大晦日」と「お盆」が混ざったような日ですよね。

ハロウィンではなぜ仮装をするの?

10月31日の夜は、あの世とこの世の境がなくなり、死者の霊や悪霊もこの世にやってくると言い伝えられていました。

なので人々は、仮装をすることで悪霊たちに「私たちも同じ魔物ですよ」とアピールし、自分たちに乗り移らないようにしたんだそうです。

日本のハロウィンは、今や「何でもあり」の仮装パーティーになっちゃってますが、本来は魔物に仮装するのが正しい風習だったようですね。

だから魔女やガイコツ、ゾンビなどの仮装があるのですね。

ハロウィンでなぜカボチャを飾るの?

むかし、アイルランドに怠け者でずる賢く嘘ばかりついて人を騙す「ジャック」という悪人がおりました。

生前ジャックは、魔物とも出会っていたそうですが、お得意の嘘で魔物をも騙し、難を逃れていたんだそうです。

そのせいで、のちにジャックが死んであの世に行ったとき、当然天国には行くことができず、地獄でも魔物たちから締め出しをくらってしまったんだとか。

天国にも地獄にも行けず行き場を失ったジャックの魂は、永遠に世界中を放浪することになりました。

その時、暗い夜道に光を灯すため、カブをくり抜いてランタンを作ったんだそうです。

その灯をくれたのは、魔物なんだそうですよ。優しい魔物っているんですね

この話がのちにアメリカに伝わったとき、アメリカではカブになじみがなかったため、カボチャで代用したのが始まりなんだそうですよ。

いまでは日本でも、ハロウィン用のオレンジ色のカボチャが出回っていますよね。

ハロウィンでよく聞く「トリックオアトリート」の意味とは?

ハロウィンの日になると、仮装した子供たちが家々を訪ね「Trick or treat!(お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ!)」と言って、お菓子をもらうという習慣があります。

考えてみたら、なぜこんなことをするのでしょう?

これは、貧しい農民がハロウィンの日だけお祭り用の食料をもらって歩いたという、昔の中世のなごりなんだだそうですよ。

「トリックオアトリート」という言葉は、トリック(イタズラ)とトリート(お菓子)を掛け合わせた英語の言葉遊びとも言われています。

スポンサーリンク

【あとがき】

いかがでしたか?

よくよく調べてみると、ハロウィンってちょっと怖いお祭り?

外国ではもっと「おどろおどろしく」お祭りをしてるかもしれませんね。

あの世からやってくる悪霊の目をくらますため、だからハロウィンの仮装はモンスターや魔女やゾンビなど、怖いものが多いんですね。

でも最近の日本の仮装は、アニメやゲームのキャラクターやディズニーキャラなど、ほんと何でもありになっちゃってますが、、

ハロウィンの本当の意味を知ったうえで仮装している人が、果たして何人いるのか。

もし日本人が、ハロウィンの意味をちゃんと理解したならば、仮装はもっと魔物やゾンビ率が増えるはず!?です。

ではこのへんで。

スポンサーリンク

-ハロウィン

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.