趣味

盆栽の手入れの仕方や楽しみ方。専門用語の意味を簡単にご紹介!

日本では昔からなじみの深い盆栽ですが、現在では外国人の方にも「BONSAI」として知られるようになり、SNSなどでも人気が高まっているといいます。

そこで今回は、盆栽の手入れの仕方や楽しみ方、歴史などを分かりやすくご紹介します^^

 

【盆栽の技(手入れ・育て方)】

樹木の状態を見極めながら手入れを施すことで、美しさが生み出されます。

<水やり>

土の乾燥の度合いを確認しながら、適度に水を与えます。

<剪定>

一度切ってしまった枝は元には戻せません。

剪定したあとをイメージしながら、切る枝を慎重に選び少しずつ切っていきます。

<植え替え>

定期的に器から取り出して、不要な根を切り土を替えます。

<針金かけ>

枝の形を変えるために行います。これは高度な技術が要求されるので、上級者向けだといえます。

 

【盆栽の樹形(専門用語)】

盆栽には様々な形があり、それぞれに個性や特徴があるんですよ。

<根連なり>

ひとつの根元から複数の幹を左右に伸ばし、木々が身を寄せ合っている姿を表します。

<寄せ植え>

ひとつの鉢に、いくつもの苗木を植えることをいいます。

<吹き流し>

幹を傾け、強い風になびく姿に作ります。

<懸崖(けんがい)>

切り立った崖から垂れ下がる姿に仕立てます。

<直幹>

一本の幹が垂直に伸びることをいいます。

<模様木(もようぎ)>

幹に変化があること(うねりなど)。

 

【盆栽の歴史と現在】

古くは中国の「唐」の時代に記録されており、日本では平安時代からだと確認されています。

江戸時代の浮世絵版画にも、盆栽を楽しむ姿が描かれているといいます。

 

現在では、シニア世代のみならず若い世代にも人気が高くなっており、カルチャー教室が随所で開催され個々に楽しむ人が増えてきたほか、海外にも人気が浸透し、海外からの顧客も多くなっているそうですよ。

 

世界で初めての公立盆栽美術館である「さいたま市大宮盆栽美術館」では、2017年度の来館者数が過去最高の約9万6000人だったんだとか!

「第8回世界盆栽大会inさいたま」が開催され、世界中の愛好家たちが訪れたほか、外国人観光客の来館が大幅に増えました。

盆栽庭園の真ん中でプロポーズをした外国人男性もいたんだそうですよ!

 

【盆栽の楽しみ方(鑑賞するポイント)】

<枝・枝ぶり>

盆栽の輪郭を形成する重要な要素となる部分で、迫力や繊細さを感じることができます。

<葉>

同じ樹種でも、葉には個性があり唯一無二の存在をあらわしています。

<ジン・シャリ>

ジン(神)は枝先、シャリ(舎利)は幹のこと。

幹や枝は一部が枯れてもそのままの形を残すことがあります。

<根・根張り>

根の張り具合のことをいいます。根が土をつかむさまがポイントです。

<幹・立ち上がり>

根元から最初の枝まで伸びる幹を「立ち上がり」といい、ここから上に向かって伸びることで

大木のような迫力が表れ、見る者を楽しませます。

 

スポンサードリンク

 

 【おわりに】

私が子供の頃、近所に住むおじさんが盆栽をたくさん手入れしており、遊びに行った際よく眺めていたのを今でも覚えています。

実際自分でも育てたことがあり(本格的にではありませんが)、木の根元に小さな妖精を置いたりして、自分だけの「世界」を作って楽しんでいました^^

盆栽は、ただ単に「鉢に入れた草木」ではなく、幹や枝を趣があるように整え、自然の風景を縮小して表現した『鑑賞作品』です。

ほんの少しの剪定や針金かけで、瞬く間にその表情は形を変え、唯一無二の存在となっていくのです。

なんて奥が深くて面白いんでしょう!!

盆栽は正面や上から見つめるだけではなく、腰を下ろして、下から見上げることで大自然の「芸術」を知ることもできます。

ガーデニングとはまた違った楽しみ方がある「盆栽」、少しでも興味を持っていただけたら幸いです^^

 

⇒ハーバリウムの値段と作り方。手作りだといくらかかる?

 

-趣味

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.