健康 豆知識

【ソレダメ】役立つ!ダイエットに効く肉の食べ方をご紹介!

「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」の番組内で、お肉に関する新常識、ダイエットに効果的な食べ方を紹介していました。

へえ~と思うものからビックリするものまで、とても興味深い内容でしたので、今回はその内容をご紹介しますね。

 

はじめに

お肉って美味しいですけど、油が多くて太るイメージがありますよね。

しかも、年を取るにつれて脂肪が落ちにくい!

 

昔は少し食べる量減らしたらすぐ痩せてたのに・・・そんな方が多いはずです。

私もそうなんですよね~。

むしろ昔より食べる量は減ったのに、痩せないのはなぜ??

やっぱり代謝の問題ですかね^^;

しかしですね、お肉には脂肪燃焼効果があるものがあり、食べ方によってはダイエットに向いているんですって!

どうやって食べたらいいのか気になりますね!

 

脂肪燃焼に効果的な肉はどれ?

牛肉、豚肉、鶏肉のなかで、脂肪燃焼に効果的なのはどれだと思いますか?

みんな効果がありそうな気がしますが・・。

 

正解は、「牛肉」なんです!!

 

牛肉は赤身の部分に「L-カルニチン」という脂肪の燃焼を助ける成分が多く含まれていて、体のなかの脂肪を燃やし、エネルギーに変えるのを助ける働きがあるそうなんです。

 

<L-カルニチンの量>※100gあたり・豚肉→約70mg

・鶏肉→約30mg

・牛肉→約130mg

 

ダントツに多いですね!

赤身牛肉を1日100g摂取で脂肪燃焼の効果が期待できるそうですよ。

 

健康的な食べ方とは?

牛肉の脂を、より多くカットできる調理法があるんですって!!

これはぜひとも知りたい!!

 

その調理法とは・・・焼き肉なんです!!

 

一見、しゃぶしゃぶの方が脂が落ちてヘルシーに思いますが、実は焼き肉の方が脂は落ちているんですって。

 

<調理別 脂カット率(牛バラ肉)>

しゃぶしゃぶ→2%

焼き肉→25%

 

へぇ~、意外でしたね。なんの疑いもなく、しゃぶしゃぶの方がヘルシーだと思ってました^^;

 

でもなんで焼き肉の方が脂が落ちるんでしょう?不思議ですよね。

それは、「温度」がカギだそうで、肉の脂というのは加熱する温度が高ければ高いほど溶けるんだそうです。

しゃぶしゃぶするときの湯は「~100℃」なのに対し、焼き肉は「150~250℃」で焼く

ため、より脂が落ちるというわけなんですね。

 

部位ごとの健康効果について

焼き肉のお肉、部位ごとの健康効果をご存知ですか?

私は全然知らずに、焼肉屋さん言ったら何も考えずに好きな部位を頼んでました^^;

知っていたら、その日の体調で種類を調整できますよね。

・タン→「疲労回復」タンに含まれるタウリンが肝機能を高める効果が。

・ロース→「脂肪燃焼、体力アップ」ロースはL-カルニチンが多く含まれているので、脂肪燃焼や体力アップに効果的。ただしL-カルニチンは熱に弱いので、焼くときはレアがより効果的だそうです。

・ハラミ→「高血圧、むくみの予防」ハラミに含まれるカリウムが体内の余分な塩分を排出し、血圧を下げる効果が。

・カルビ→「美肌」カルビにはビタミンB2が多く含まれており、美肌に効果的。

 

スポンサードリンク

【おわりに】

牛肉って、ダイエットに効果的だったんですね。しかも焼き肉がいいとは初耳でしたよ^^

焼き肉は太るからな~・・と敬遠していたんですが、これからは焼き肉屋にも行ってみたいと思います。

でも、調子に乗ってご飯大盛りとかデザートたくさん食べたら意味がないですよね^^;

 

焼き肉屋に行ったときは、お肉と野菜を中心に食べます!

 

毎日100g摂取というのは、少し敷居が高いかな(汗)。だって、牛肉高いんですもん(>_<)

特売日などを狙って、もしも安く買えたら実行したいと思います!

以上、「肉の新常識 ダイエットに効く食べ方」でした^^

⇒【初耳学】知りたくない人は閲覧注意!驚愕のタブー初耳学!!

 

スポンサードリンク

-健康, 豆知識

Copyright© 年中ハッピー!くらしに役立つ便利手帳 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.